ダイエットと青汁

40代からのダイエットを成功させる正しいやり方と、40代のダイエットに青汁が効果的な理由

更新日:

40代に適したダイエットをしないとこれまでと違って痩せれないのかな?
20代や30代とは根本からダイエットの考え方が違うからね

20代や30代は新陳代謝が高く、多少食べすぎても、翌日の夕食を抜いたり、ダイエットをすれば効果が1ヶ月で出たりと、痩せやすかったと思います。

ですが、40代からのダイエットはそれまでのダイエットとは根本から考え方を変えてください。

■この記事を読むとわかること

  1. 40代でも成功できるダイエット方法
  2. 40代からのダイエットとそれまでのダイエットの違い
  3. 40代からのダイエットを成功させるための最適な青汁
生活スタイルも40代からは変わるから、ダイエット方法にも工夫が必要だよね

40代からのダイエットはこれまでのダイエット方法では痩せられない!

40代からのダイエットは今より1日-210kcal減らさないと確実に太る!

基礎代謝は年齢を重ねるごとに低下します。

  基礎代謝量
18~29歳 男:1520kcal、女:1180kcal
30~49歳 男:1520kcal、女:1140kcal

女性の場合、30歳までの1日の基礎代謝量は1180kcalです。これに対して30~49歳の1日の基礎代謝量は1140kcalしかありません。比べてみると、その差は1日40kcalになります。

また、体重を1キロ増やすのに必要なエネルギーは7000kcal~9000kcalです。ということは、若いころと同じ運動量、同じ食事内容の生活をしていると「40代は1年に2キロずつ体重が増えていく」ということにもなりますね。(40kcal×175日=7000kcal)

20代、30代までのダイエットが成功しなくなった理由は?

40代になると女性ホルモン(エストロゲン)の量が低下することが分かっています。このエストロゲンの量が年齢と共に低下することによって、内臓脂肪がつく男性型肥満を引き起こす原因になることも分かっています。

基礎代謝量とエストロゲンの分泌量の低下。この2つが40代からのダイエットを阻害する大きな原因となっているんですね。

また40代と言うと、子育てが一段落した方は再び働き始めたり、子育て真っ最中の方は育児に追われている年代です。

栄養バランスの取れた3食の食事や、規則正しい生活リズムが健康的なダイエットには欠かせないと分かっていても、なかなか自分の体としっかり向き合う暇がないと言う方も多いでしょう。

そこで、簡単に、健康に、しかも安価で痩身効果や美容効果が得られる青汁をおすすめしたいと思います。

下がった代謝量と女性ホルモンを補わないと40代からはダイエットを成功させるのは難しいんだねぇ

40代からのダイエットを成功させるために必要なこととは

■40代のダイエットを成功させるためには・・・

  • 基礎代謝量を上げる
  • 高タンパク低脂肪な食生活

40代からのダイエットでは絶食系のダイエットは絶対にNG!

基礎代謝の違いは1日に必要なカロリーの違いにつながります。

そして、はっきり言うと代謝の低下は老化現象の1つでもあります。まずは現実を受け入れましょう!

正しい知識を持たずに行う絶食系のダイエットは、体への負担が大きいことで知られています。若い頃は体力でカバーできても、40代ともなると体の中に必要な栄養素が不足するため、絶食のダメージは「やつれ感」となって見た目にダイレクトに反映されます。

そのため、40代からのダイエットには栄養補給が必要不可欠です。

40代からは年齢と体に合ったダイエット方法を実践しましょう

筋肉量を増やすことは、基礎代謝量を上げることに繋がります。そのため、あらゆる年代のダイエッターにとって筋肉量を上げることはとても重要なことです。

運動量が少ない生活をしていると、女性は30代以降10年で5%ずつ筋肉量が減っていきます。しかし、筋肉量を増やすためやみくもにタンパク質を摂取しているとあっという間にカロリーオーバーになってしまい直接肥満の原因になってしまいます。

そのため、40代からは特に高タンパク低脂肪な食生活が求められるのです。食べなければその時だけは体重を減らすことができますが、やつれてしまい老けて見えます。また、筋肉量が減り、基礎代謝量が下がってしまうので、ますます痩せにくい体質になるでしょう。

高タンパク低脂肪な食品の代表と言えば鶏ササミ、胸肉、また豚や牛ならひれ肉などです。その他にも鯛やタラ、キス、ヒラメ、カレイなどの白身魚、豆や大豆製品、野菜やきのこ、卵なども当てはまります。

このような高タンパク低脂肪の食品を摂取しながら同時に糖質の摂りすぎにも注意しましょう。

また、カロリー制限と同時に、適度な運動や生活リズム整えることによる体質改善も必要です。40代からのダイエットにはこのように若い頃よりも大きな労力が必要となります。多くの40代女性がダイエットに失敗してしまうのはそのためです。

基礎代謝上げるために筋トレして、高タンパク質&低カロリーの食事を続けるって、40代のダイエットってかなり厳しくない?
20代・30代よりも痩せにくくなっているからね

40代からのダイエットは体質改善ダイエットが重要!

■40代のダイエット成功のための体質改善

  • ストレスを溜めない、ストレスを管理する
  • 便秘の改善
  • 生活リズムを整えることとバランスの良い食事

40代のダイエットでは、短期間での絶食や無理な運動による急激な体重の増減を伴うダイエットはNG。

1番重要なことは、無理なく体質を改善することです。

40代のダイエットでは、基礎代謝や新陳代謝が上がる体質改善を行いましょう。

40代からはいかにストレスを溜めないダイエットができるかも問われる!

40代と言えば、仕事では役職を持ち責任ある立場の方が多くなっています。また、家庭では子供の学費や親の介護などによる出費の増加に頭を悩ませる時期でもあります。

このように40代とはストレスがかかりやすい時期でもあるのです。

ストレスは暴飲暴食や生活習慣の乱れにもつながるため、ダイエットの天敵とも言われます。20代や30代よりストレスがかかりやすい40代のダイエットでは、いかに無理せずストレスを管理するかが重要です。

便秘を予防・解消し、新陳代謝を上げる

基礎代謝量には、内臓を動かすエネルギー量も含まれています。しかし、便秘になると腸があまり動かなくなってしまい基礎代謝量が下がってしまいます。

また、便秘により体内で不要になった成分の排出ができなくなると、便と共に排出されるはずの老廃物や毒素がいつまでも腸内に留まることによって再び血液に取り込まれてしまいます。こうして便秘になると体内の老廃物の量が増えてしまうことになり、新陳代謝も下がってしまいます。

便秘はダイエットに必要な基礎代謝量と新陳代謝量、両方を低下させてしまうことになるのです。そのため、便秘を解消することは基礎代謝量と新陳代謝を上げることに繋がります。

40代のダイエットは食生活・生活リズムなど生活習慣の改善が基本

まずは食生活の改善です。健康のために1日30品目(うち5種類は野菜)を目標に栄養バランスのとれた食事を摂ってください。

また、30品目摂取してもカルシウムは不足しがちになりますので注意しましょう。1日3食、きちんと主食、主菜、副菜を摂るようにしてください。

主食はご飯や麺、パンなどの炭水化物です。また、主菜からタンパク質を摂るようにしましょう。高タンパク低脂肪な食材がおすすめです。

副菜は野菜やキノコ類、海藻などで作ります。この副菜こそが1日30品目を摂るためのポイントとなるので、なるべく多くの食材を使うようにしましょう。また、汁物を添えても良いですね。

1日だけなら、30品目を使って3食作ることができそうですが、毎日続けるとなるとそれ相応の覚悟が必要になりそうです。おそらくかなりの負担になるのではないでしょうか。ここで注意したいのは食材を多く使うあまりカロリー過多になってしまうことです。色んな食材を少しづつバランスよく摂取し、カロリーオーバーに注意するようにしてください。

40代からのダイエットは食事や運動に気をつけるだけじゃなく、ストレスや体内の管理もしないといけないの!?
これは、かなり大変だよね

40代におすすめのダイエット食品は青汁!

40代からのダイエットを成功させるために青汁がおすすめな理由

1日30品目を摂るということは、それなりの食事量を摂るということに繋がります。これは、若いころに比べると食事量が減ってしまった40代の体には負担になってくることも多いでしょう。

また、ダイエット効果だけを追求するのであれば極端な話、絶食すれば体重は落ちます。しかし、絶食は不健康に見えるだけでなく老けて見える原因にもなるので40代のダイエットにはお勧めできません。

栄養素は、〇〇だけ摂取すれば痩せるという単純なものでなく、相乗作用で効果を発揮します。そのため、青汁のようにたくさんの栄養素の相乗作用があらかじめ計算されている食品を摂取することで、簡単にダイエット効果と美容効果を得ることが出来るのです。

相乗効果が期待できる栄養素の組み合わせの例として、

  • カルシウム+ビタミンD
  • 亜鉛+ビタミン+クエン酸

ダイエットをしていると不足しがちな栄養素の1つとしてカルシウムが挙げられます。骨や歯を作るために必要なカルシウムは、精神を落ち着かせる効果があることでも知られています。もちろん健康を維持しながらダイエットをするためにも欠かせない栄養素です。

そんなカルシウムと一緒に摂取したい栄養素がビタミンD。ビタミンDには腸でのカルシウムの吸収を促進させる働きがあるので、カルシウムと一緒に摂取するのが理想的です。

亜鉛は体の細胞を作るために必要なミネラルです。そして食物繊維は腸内環境を正常化するために必要な栄養素でダイエットには欠かせません。しかし、食物繊維にはミネラルを吸着させる働きがあるので、食物繊維を摂りすぎると亜鉛の吸収率が下がってしまいます。

そこで、この2つの栄養素を効率よく摂取するために必要なのが、亜鉛を包み込んで体に吸収させやすくする働きがあるビタミンやクエン酸です。

厚生労働省によると、もともと亜鉛の腸管からの吸収率は30%しかありません。ダイエットに成功しても亜鉛が不足すると美しい肌を維持することができ なくなります。

少しでも多くの亜鉛を体に摂り入れるため、食物繊維を摂取するときはビタミンやクエン酸を一緒に摂るようにしましょう。

このような栄養素同士の相乗効果を考えながら、食事量に気を配り、また1日30品目を使って料理をすること。それは仕事や育児でただでさえ忙しい40代の女性にとっては至難の業です。

それに、何の食品にどんな栄養がどれくらい含まれているのかなんて、正直よく分からない!それが普通です。食品に含まれる栄養素について考えながら、賞味期限に気を配り食品を管理する必要もあります。考えただけで大変ですね。

40代のダイエットは栄養のバランスに気を配りながら美容にも配慮する必要がありますが、手軽にダイエットを続けるのであれば、食事として摂取するよりも栄養食品として摂取する方が簡単に様々な栄養素を摂取することができそうです。

40代からのダイエットにはやっぱり青汁

40代の無理をしないダイエットに必要な栄養素は、カルシウム、ビタミン、亜鉛、食物繊維などであることがお分かりいただけたと思います。このような栄養素をまとめて気軽に摂取できる健康食品と言えば、やっぱり青汁!という結果になりますね。

これらの栄養素が、青汁にはどれくらい含まれているのか見ていきましょう。

大麦若葉にはエネルギー代謝に必要な鉄分、肥満や便秘解消の効果がある食物繊維、また脂肪の燃焼に必要なビタミンB2が多く含まれています。その他にも、葉酸やカルシウム、亜鉛、銅などのミネラル、カルシウム、亜鉛、銅、リン、ナトリウム、カリウム、マグネシウムなどの成分が含まれます。

明日葉には、強い抗酸化作用を持ち、身体の老化を防止し酵素の働きを助けるβカロチンや、精神を安定させるカルシウムが含まれています。 また、クマザサには健康な肌や髪を作る必須アミノ酸が多く含まれています。その他にも青汁には、腸内環境を整え便通を正常化する乳酸菌が含まれているものもあります。

最近では、抗酸化作用がありアンチエイジング効果が期待できるプラセンタや、水分を保ち、皮膚の表面を潤わせるヒアルロン酸、優れた保湿効果と肌のバリア機能を助ける働きがあるセラミドが含まれた青汁も多く登場し、美容効果も積極的に期待できるようになりました。

青汁による体質改善効果をより高めるために

青汁は特効薬ではないため、飲んだからといって次の日に痩せたり、飲んだ日に便秘体質が改善される、ということはありません。血液は4か月、小腸は2~3日、肌は1ヵ月など、細胞が生まれ変わる周期もそれぞれです。

それはひとえに、摂取したものが実際に体内で活かされるのに要する期間でもあります。

よって、青汁による体質改善効果もすぐには現れず、腸内環境を整えるためにも一週間、血液をサラサラにするには1ヵ月など、飲み続けること・続けることが、より体質改善効果を高めることに繋がります。

ですので、続けやすい・飲みたいと思える青汁を選ぶことも重要です。

ダイエット効果だけじゃない!青汁をおすすめしたい理由

元読者モデルのぺこ(オクヒラテツコ)さんは青汁でマイナス10キロのダイエットに成功されています。また元SKE48のみるきーこと渡辺美優紀さんや、モデルのannaさんなど、美容とダイエットのために青汁を愛飲している有名人は多数おられます。

高い美意識が求められる業界にいる方は美貌を維持することが求められるため、体質改善効果が期待できる青汁を飲んでいる方が多いのでしょう。

40代からのダイエットにおすすめの青汁は?

あとは、自分の悩みに合った青汁を選ぶだけで良いことになりますね。40代のダイエットに特におすすめな栄養素がたっぷり含まれている青汁は下記です。

40代からのダイエットにおすすめの青汁


  ✔ フレッシュフルーツ青汁
  ✔ めっちゃぜいたくフルーツ青汁
  ✔ サンスター 粉末青汁

青汁にピッタリのアレンジ方法・続ける秘訣

青汁はもともとアレンジしやすい食品です。その中でも、特に40代でダイエットをする際におすすめのアレンジ方法をご紹介させていただきます。フルーツ青汁でおすすめのアレンジ方法はヨーグルトと混ぜる方法です。40代は忙しい毎日を送っておられる方が多いので、特に置き換えダイエットなどに青汁を使用する場合、腹持ちの良さが重要になってきます。 ヨーグルトと混ぜることで青汁を噛んで食べることが出来ますので、腹持ちも段違いですし整腸作用にプラスαを加えることもできますね。

まず、フルーツ系以外の青汁でおすすめのアレンジはホット青汁です。温めることでお茶のような香りが引き立ちますのでリラックス効果が得られるのではないでしょうか。寒い日にももちろんおすすめですが、暑い夏でもエアコンなどで冷えた体を温めてくれるおすすめの飲み方です。

まとめ

現在、たくさんの種類の青汁が販売されていますが、それぞれに違った効果を期待することができそうですね。

また、飲みやすい工夫がされている青汁ばかりですので、楽に続けることができます。 また長く飲み続けることで強く効果を実感できるのが青汁ですので、どのメーカーでも独自に定期購入コースを設け、単品購入よりもお得に飲み続けられる工夫がなされています。

40代からのダイエットは、日頃の忙しさや美容効果、健康を考えると青汁が一番です。 あなたも、一番体にぴったりの青汁を探してみてくださいね。

-ダイエットと青汁
-, , , ,

Copyright© 青汁の通信簿 , 2018 All Rights Reserved.