疑問・注意・悩み

【生後5ヶ月以降からOK】青汁を赤ちゃんの離乳食に混ぜるメリットや注意点・レシピを紹介

更新日:

青汁 離乳食

  • 育児書の通りに離乳食を作ったのに食べてくれない・・・
  • 野菜嫌いな子に育ったらどうしよう・・・

赤ちゃんの離乳食は味覚を育んだり、卒乳間近になって不足しがちな栄養分を補う上でとても大切なものです。

将来、野菜嫌いにならないためにも、この時期に野菜の味覚に慣れさせてあげたいですよね。

そんな中、大人にとっては非常に栄養価が高い青汁を離乳食に混ぜたり、ミルクに混ぜて与えたりしても問題ないのか、疑問に思ったことはありませんか?

ここでは、以下のことについて詳しく解説していきます。

この記事を読むとわかること

  1. 離乳食の役割
  2. 青汁は離乳食に混ぜても大丈夫か
  3. 青汁を離乳食に混ぜるメリット・デメリット
  4. 青汁はいつから与えるべきか
  5. おすすめの離乳食レシピ
  6. 離乳食におすすめの人気青汁と選び方

概要

赤ちゃんにとっての離乳食の役割

そもそも赤ちゃんにとっての離乳食とは、どのような役割を担っているのでしょうか?

「飲む」から「食べる」へ移行するためのステップ

生まれたばかりの赤ちゃんは、母乳やミルクを「飲む」という能力は発達していますが、固形のものを噛んで「食べる」という機能は、まだ備わっていません。

そのため、生後5ヶ月~1歳半くらいまでは、べたべた状、つぶつぶ状・・・と与える食材のかたさや形状を変えて、少しずつ固形の食べ物に慣れさせていく必要があります。

離乳食とは、大人と同じ食事ができるようになるまでの、大切なステップなのです。

味覚を育む

さまざまな味を経験させてあげることで、赤ちゃんの味覚を育むことも離乳食の役割の1つ。

野菜独特の青臭さや甘み・苦みなど、素材本来のおいしさを感じることで味覚が発達し、好き嫌いの少ない子どもに育てられるといわれています。

不足してしまう栄養を補う

赤ちゃんにとって、理想的な栄養バランスを持つといわれる母乳やミルク。しかし、身体が大きくなるにつれ、少しずつ鉄分やカルシウム、ビタミンなどの栄養素が不足してきてしまいます。

栄養不足を解消するためにも、離乳食は欠かせません。

成長ごとに必要となる栄養素

生後5~6ヶ月は、栄養補給というより食材に慣れることが目的。穀類や野菜などの植物性食品を中心に与えましょう。

歯が生えだした頃を目安に、タンパク質やカルシウム、鉄分の補給を意識してください。白身や赤身の魚、鶏ムネ肉やレバーなど、動物性食品も取り入れましょう。また、それらの吸収を良くするために、緑黄色野菜もバランスよく与えてくださいね。

1歳ごろになると、母乳・ミルクはそろそろ卒業。離乳食からさまざまな栄養をバランスよく摂る必要があります。

風邪を引きやすくなる時期でもあるので、特にビタミンA・B群・C・Eや、カルシウム、ミネラル(鉄分や亜鉛など)を意識的に与えましょう。

青汁をミルクや離乳食に混ぜて大丈夫?副作用はない?

青汁 離乳食 大丈夫
結論生後5ヶ月以降で、原料・含有物に注意すれば離乳食に混ぜても問題ない。

離乳食は、子どもの健やかな成長のために欠かせないもの。とはいえ、自分たちの食事とは別に、栄養バランスの良い離乳食を毎日作るとなると大変ですよね。

また、あなたが青汁を飲んでいる場合は特に、我が子にも青汁を飲ませて、日々の健康をサポートしてあげたいと思うこともあるのではないでしょうか?

小さい頃から味覚を育み、野菜嫌いにならない子に育てるために役に立つ青汁ですが、与える際は以下のようなことに注意しましょう。

生後5ヶ月以降の赤ちゃんには青汁を与えても大丈夫

基本的に、離乳期を迎えた生後5ヶ月以降は、野菜を原料として作られた粉末タイプの青汁であれば摂取しても問題ありません。

青汁を離乳食に混ぜて与えることで、まだ固形のものをうまく食べられない赤ちゃんでも、ビタミンやミネラルなどの栄養を効率的に摂取できます。

さらに、そのままだと食べにくい野菜の味にも、早くから慣れさせることができるでしょう。

ブルーベビー症候群

新生児~生後3~4ヶ月の赤ちゃんに関しては「ブルーベビー症候群」を引き起こしてしまう恐れがあるため、青汁を与えるのは控えてください。

ブルーベビー症候群とは、硫酸塩という成分を多量に摂取した赤ちゃんが、酸欠状態になってしまう状態のこと。血中のヘモグロビンが、酸素を運べなくなることで発生します。

まだ胃酸の分泌が少ない生後4ヶ月未満の赤ちゃんは、青汁に含まれている硫酸塩によって、このブルーベビー症候群になってしまう可能性があります。最悪の場合死に至ることもあるため、まだ離乳食を始めていない子どもには絶対に与えないでくださいね。

食物繊維が多すぎて便が緩くなったり下痢にならない?

大麦若葉には、キャベツの約10倍もの食物繊維が含まれています。そのため青汁を摂取することで、大人と同じように赤ちゃんも快便になりやすい傾向にあります。

ただ、消化器官が未発達なうちはうまく吸収しきれず、うんちが緑色になったり、食物繊維の働きによってお腹が緩くなったりする恐れも。与えるときは毎日子どもの様子を確認し、無理のないようにしましょう。

離乳食におすすめの人気青汁を見る

青汁を赤ちゃんの離乳食に使う4つのメリット

それでは、青汁を赤ちゃんの離乳食に使うことで、具体的にはどのようなメリットを得られるのでしょうか?

成長に必要な栄養素を手軽に与えられる

赤ちゃんの身体の発達に欠かせないカルシウムやミネラル(鉄・亜鉛など)、葉酸などの栄養素を、いつでも手軽に与えることができます。

便秘になりづらくなる

赤ちゃんは、毎日の離乳食で少しずつ食べられる食材が増えていくと、腸内環境が変化する過程で便秘になってしまうことがあります。

青汁に豊富に含まれている食物繊維には、腸内の善玉菌を増やす働きがあり、与えることで赤ちゃんの便秘も解消してくれます。

免疫力を上げ、病気を予防できる

野菜を主原料としている青汁には、有害な活性酸素を分解する酵素やβ−カロテンなどが豊富に含まれています。

そのため、ウイルスや細菌に対する耐性がない赤ちゃんの免疫力を高め、風邪や病気になりづらい身体にしてくれます。

集中力のある子どもに育てられる

青汁のもつ抗酸化作用により、腸内環境や血流を良くしてあげる効果も期待できます。

その結果、脳の集中力を司る「前頭葉」の働きが活性化され、子どもの集中力を養ってあげることができます。

離乳食におすすめの人気青汁を見る

いつから青汁を離乳食に混ぜても良いの?与えるタイミングは?

青汁 離乳食 いつから
青汁は、赤ちゃんの身体に合う良質な商品を選び、正しく与えさえすれば、子どもの健やかな成長をサポートしてくれる素晴らしい健康食品です。

それでは、実際に赤ちゃんや子どもに青汁を与えるとき、

  • いつから
  • どのタイミングで

飲ませると良いのでしょうか?

青汁を赤ちゃんの離乳食にするのはいつからが良い?1歳でも大丈夫?

青汁を使った離乳食は、野菜独特の風味に慣れさせるためにも、生後5ヶ月頃から始めるのがベスト。

ですが、お子さんが1歳を過ぎてしまっている場合でも、決して手遅れではありませんからご安心ください。

青汁は1歳からでも始められる

お子さんが1歳を過ぎていると、「青汁を離乳食に混ぜたら嫌がるんじゃないかしら」と心配になりますよね。

ですが、苦みやクセが少ない原料で作られた青汁を、ティースプーン1杯(およそ1~2g)ほどの量から与え始めれば、たとえ1歳の子どもでも違和感なく食べてくれるはず。

特に大麦若葉で作られた商品は、同じく青汁の原料としてメジャーなケールと比べると、苦みや青臭さがほとんどないのが魅力的。ほんのり抹茶のような風味を持っているため、野菜が苦手なお子さんにも安心です。

はじめのうちは、煮浸しや蒸しパン、ポタージュなど、他の素材の甘みで青汁の味をごまかせるような調理方法で与えてみましょう。ベビーマグやコップを上手に使えるお子さんであれば、牛乳や豆乳、りんごジュースに混ぜてあげるのも良いですね。

赤ちゃんに青汁を与える時間は朝、夜泣きする子には夜がおすすめ

寝起きは胃の中が空っぽで、栄養の吸収もとてもスムーズな状態。そのため、栄養補給を目的としている場合は、朝食のときに青汁を与えると良いでしょう。

また、赤ちゃんの夜泣きに困っている場合は、就寝2時間前に与えるのもおすすめです。青汁に含まれるメラトニンの効果により、いつもよりぐっすり眠ってくれるかもしれませんよ。

青汁は、とにかく続けることに意味があります。「この時間に必ず与えなきゃ」と気負いすぎず、状況に応じて、ママや赤ちゃんが無理のないタイミングで与えましょう。

離乳食におすすめの人気青汁を見る

【レシピ】初期~後期までの青汁を使った離乳食レシピ集

青汁が離乳食に良いと言っても、与え方が悪いと野菜嫌いになってしまうと困りますよね。

ここでは、代表的な青汁+離乳食のレシピを紹介していきます。

離乳食初期~中期のレシピ:ほうれん草スープ+青汁

ほうれん草のスープなど、離乳食に少しだけ青汁を混ぜるレシピです。

【所要時間】
約10~15分

【人数】
約1人分

【材料】
・ほうれん草小さじ1~3
・だし 適量
・青汁 適量

Cpicon 離乳食❤初期&中期*ほうれん草の和スープ by Banyangarden

離乳食中期~後期のレシピ:青汁ホットケーキ

青汁 離乳食 ホットケーキ

【所要時間】
約10~15分 (トッピングをしない場合は約10分)

【人数】
約1人分

【材料】
・ホットケーキミックス 1/4袋
・水500cc (1/4カップ)
・青汁1/2袋 (1袋使用する場合は、水・ホットケーキミックスを少し多めに。)

青汁_ホットケーキ
【青汁レシピ】栄養たっぷり青汁ホットケーキ♪お子さんのおやつにもおすすめのアレンジです!

昔からお馴染み、栄養たっぷりの青汁を使った青汁ホットケーキレシピのご紹介です。 今回は子供のおやつにも安心して使える、無添加・農薬不使用・100%国内産のファンケルの本搾り青汁ベーシック 10日分セッ ...

続きを見る

離乳食後期~のレシピ:青汁蒸しパン

青汁 離乳食 蒸しパン
こちらもパクパク食べてくれますよ。

ホットケーキは水の量を調整すると、噛む力が弱くても大丈夫なように柔らかく調整できますが、蒸しパンは水分量が多いと上手くできないため、離乳食後期くらいがおすすめです。

【所要時間】
約20分

【人数】
約1人分

【材料】
・蒸しパンミックス 100g
・水 適量
・青汁1/2袋

BIRYOKU AOJIRU 美力青汁 口コミ 体験レビュー
美力青汁は妊活中・妊婦さんでも安心して飲める?美力青汁の原料・成分・味や飲み方についての体験レビュー

つわりで食事が喉を通らなくてもちゃんと葉酸を摂取したい 葉酸を効率良く摂取したい 安心・安全な食品で栄養を摂取したい 女性は健康や美容、ダイエットの為に青汁を飲みたいと思いますよね。特に赤ちゃんがお腹 ...

続きを見る

赤ちゃんの離乳食にする青汁の選び方 9つのポイント

青汁を赤ちゃんの離乳食にする際は、ビタミンやカルシウム、ミネラルなどがバランスよく含まれている青汁の他、以下のポイントを満たした青汁を選びましょう。

詳しく解説していきます。

離乳食の青汁の選び方

  1. 大麦若葉を原料とした青汁
  2. ノンカフェイン
  3. ハチミツ不使用
  4. 原料が国産の無農薬野菜100%
  5. 保存料や着色料などの添加物なし
  6. 人工甘味料、砂糖不使用
  7. 難消化性デキストリンや水溶性食物繊維が添加されていない
  8. 粉末タイプ(フリーズドライ)のもの
  9. ダイエット、美容目的ではない青汁

赤ちゃんの離乳食に最適な青汁の原料は大麦若葉

数ある青汁の原料のなかでも離乳食に最適なのは、大麦若葉です。

100%大麦若葉を主原料とした青汁は、赤ちゃんにとって有害なカフェインやハチミツなどが含まれていないため、安心して離乳食に混ぜることができます。

また、ビタミンやミネラル、食物繊維などをバランスよく含んでいるため、通常の離乳食だけでは補いきれない栄養素を、赤ちゃんにもしっかり与えられますよ。

ノンカフェイン

青汁のなかには、飲みやすくするために抹茶や緑茶など、カフェインを含む原料を使っているものがあります。

コーヒーや紅茶などと比べればごく少量ですが、乳児はカフェインを分解する力が弱く、熱を出したり下痢をしたりする可能性も。それを防ぐためにも、基本的にはノンカフェインの青汁を選びましょう。

1歳未満の場合、ハチミツが入っていない青汁を選ぶ

ハチミツは、1歳未満の子どもには絶対に与えてはいけないものです。

15%ほどの確率でハチミツに含まれているボツリヌス菌は、消化器官が未熟な1歳未満の赤ちゃんが摂取すると、便秘や麻痺、全身の筋力が低下する脱力状態などの症状が現れる「乳児ボツリヌス症」を引き起こす危険性があります。

最悪の場合死に至ることもあるため、1歳未満のお子さんに青汁を与える際は、必ずハチミツが入っていないものを選びましょう。

離乳食に使う青汁は無農薬・国産

国産の無農薬野菜を主原料とした青汁でなければ、人体に有害な化学成分まで一緒に摂取してしまう可能性があります。

たとえ大人なら自力で排出(デトックス)できる成分であっても、未熟な赤ちゃんの身体には残留してしまうことも考えられます。その結果、神経系に影響を与えて発育を妨げる恐れもあるため、青汁は無農薬・国産のものを選んでくださいね。

保存料や着色料などの添加物なしの青汁

添加物の種類によっては、発がん性が指摘されているものもあります。

未熟な赤ちゃんは、化学成分の影響を受けやすい傾向にあるため、保存料や着色料、香料などの添加物が入っていないものを選ぶことが大切です。

人工甘味料や砂糖などの甘味料

アスパムテールやアセスファムK、スクラロースなどの人工甘味料や、果糖ブドウ糖液糖、砂糖を避けることも大事です。

それらの成分を赤ちゃんのうちから摂取していると、味覚の鈍化や虫歯、血糖値の上昇など、身体にさまざまな悪影響を与える可能性があります。

難消化性デキストリンや水溶性食物繊維

青汁のなかには、便秘解消を目的として「難消化性デキストリン」や「水溶性食物繊維」が添加されているものがあります。

大人にとってはありがたい成分も、消化機能の未熟な赤ちゃんにとっては負担でしかありません。場合によっては下痢や脱水症状などを引き起こす可能性もあるため、それらが添加されていない青汁を選びましょう。

粉末タイプ

青汁には、粉末タイプ、液体タイプ、粒タイプ、ゼリータイプなどさまざまな形状の商品がありますが、離乳食には粉末タイプがおすすめ。

離乳食に混ぜるとき扱いやすいだけでなく、野菜100%のものを選べば、添加物やゼラチンなどが使われている心配もありませんよ。

ダイエットや美容向けの青汁は避ける

最近は、野菜などの主材料のほかに、美容効果や痩身効果が期待できる有効成分がプラスされている青汁もあります。

そういった成分のなかには、赤ちゃんには負担になるものも存在するため、離乳食として使う場合は避けた方が良いでしょう。

離乳食におすすめの人気青汁

サンスター健康道場『粉末青汁』

青汁 離乳食 粉末青汁

おすすめポイント

✔カフェインやハチミツ等余計なもの一切なし
✔安心安全の無添加
✔100%国産の5種類の野菜のみ使用

5種類の国産野菜のみで作っているから安心

5種類の国産野菜のみで作っているというシンプルな青汁だからこそ、安心して赤ちゃんにも与えられるおすすめの青汁がサンスター健康道場の粉末青汁です。

大人からすると、「少し飲みにくいかも・・・」と感じる青汁らしい青汁ですが、逆にそういった添加物などで味を誤魔化していないからこそ安心できますよね。

定期購入などの縛りは一切なし

青汁のなかには「3ヵ月続けて購入しないとダメ」といった類の青汁もあります。

もちろん、こちらのサンスター健康道場の粉末青汁にはそのような定期縛りは一切ないので安心してください。

サンスター健康道場 粉末青汁の口コミ

この口コミからは、子供にも安心して飲ませてるのがわかるね♪


5種類の野菜だけで作ってるからあまり美味しくないと思われがちだけど、味が良くなるようにブレンドしてるから意外に美味しいよ


あまりおすすめはしないけど、粉末青汁は直接口に含んでも大丈夫なくらい溶けやすいのが特徴だよ

まとめ

まとめ

  • 赤ちゃんにとって離乳食は、味覚を育んだり栄養補給したりするために欠かせないもの
  • 離乳期はビタミンやカルシウム、鉄分や亜鉛などの栄養素が不足しがち
  • 生後5ヶ月以降の赤ちゃんは、青汁を離乳食にしても良い
  • クセや苦みの少ない青汁なら無理なく続けられる
  • 消化器官が未熟なため、カフェインやハチミツ不使用の青汁を選ぶ
  • ブルーベビー症候群防止のため、与えすぎに注意する
  • 1歳を過ぎた子どもでも、調理方法などを工夫すればおいしく食べてくれる
  • 添加物・人工甘味料・砂糖不使用の、国産野菜でできた青汁を選ぶ
  • 粉末タイプの青汁が扱いやすく、無添加のものが多い
  • 便秘解消、ダイエット、美容などに特化した商品は選ばない
  • 大麦若葉100%の青汁なら、赤ちゃんの身体に負担をかけずに与えられる

-疑問・注意・悩み
-, , ,

Copyright© 青汁の通信簿 , 2018 All Rights Reserved.