飲むタイミング次第で青汁のダイエット効果を120%にできるって知ってた?

青汁 ダイエット 飲むタイミング

青汁 ダイエット 飲むタイミング
ダイエットの為に青汁を飲んでるんだけど痩せるのかわかんない・・・
う~ん、お姉ちゃんはいつ青汁を飲んでるの?
飲める時に飲んでるねぇ
えぇっ!それってもったいないよ?青汁って飲むタイミングで効果が変わるんだから!
えっ!?
ちょっと青汁の種類変えるだけでもダイエット効果が違うし・・・
ええ!?
・・・一度ダイエットの為に青汁を飲むタイミングと選び方、見てみよっか
・・・うん。

食べる順番で血糖値の上昇を緩やかにし、結果、太りにくくなるなど、食べ物や飲み物は摂取するタイミングによって効果が変わるものです。

青汁は多くの芸能人やモデルが使用しているように、ダイエット効果が非常に高い飲み物です。

しかし、青汁は飲むタイミングによって、そのダイエット効果をさらに高めることができるって知ってましたか?

今回の記事では、そんな青汁のダイエット効果をさらに高める飲むタイミングや選び方について解説していきます。

■この記事を読むとわかること

  1. 青汁ダイエットの仕組み
  2. ダイエット効果をさらに高める青汁を飲むタイミング
  3. おすすめの青汁

青汁のダイエットは血糖値をコントロールして余計な空腹を防ぐ

青汁ダイエットで重要な栄養成分は食物繊維。まずは青汁がなぜダイエットに良いか、その仕組みを見ていきましょう。

ダイエット中の空腹は血糖値のコントロールで防げる!

ダイエット中に「お腹が空いてお菓子を食べてしまった」「ついつい夕飯後に甘いものを食べてしまった」といった経験はダイエットに挑戦したことがある人なら必ず心当たりがあると思います。

中には空腹でイライラしてしまい、ダイエット中なのに暴飲暴食をしてしまった、という方もいるのではないでしょうか?

空腹を感じずに過ごすためには「血糖値のコントロール」が大切です。

血糖値は食事で炭水化物や糖を摂取した時に上昇します。血糖値が上昇すると脳がこれを感知してインスリンを分泌、血糖値を低下させます。血糖値が一定以下まで低下するとインスリンの分泌は停止、その後、体を動かすために血液中の糖が利用され血液の血糖値が低下し続け、一定以下になると空腹を感じ出します。

一般的な空腹と血糖値の関係

食事を摂る
腸で糖が吸収され血糖値が上昇
インスリンが追加分泌され血糖値が下がる
血糖値が100~110mg/dl前後でインスリンの追加分泌がなくなる
(ここで食後2~3時間程度)
血液中の糖をエネルギーとして消費
血糖値が70~100mg/dlで空腹を感じ出す
(本来の食事前の値に戻る)

しかし、食後すぐに急激に血糖値が上昇すると過剰にインスリン分泌が行われるという場合があります。この場合はインスリン分泌後、血糖値が急激に低下し、食後2時間程度で空腹を感じ出します。

急激に血糖値が上がった場合

食事を摂る
腸で糖が急激に吸収され血糖値が急激に上昇
インスリンが多量に追加分泌され血糖値が100mg/dl以下まで急激に下がり、空腹を感じ出す
(ここで食後2~3時間程度)

この状態だと食後2~3時間で強い空腹を感じてしまい、次の食事までに甘い食べ物や飲み物を口にしてしまう事になります。

もし次の食事まで我慢できてもかなりのストレスを感じてしまうでしょう。

このような食事と食事の間の余計な空腹を防ぐには「炭水化物を食べる前に食物繊維を摂取する」ことが大切です。

食物繊維はご飯やパンなどの炭水化物を食べる前に摂取することで、血糖値の急激な上昇を防いでくれる効果があるからです。

食物繊維が急激な血糖値の上昇を防ぐ仕組み

ここからは食物繊維がどのようにして血糖値の急激な上昇を防いでくれるのか、見ていきましょう。

食物繊維は水分を含むとゲル状になります。ゲル状の食物繊維が腸にたどり着くと食事から摂取した「糖」を絡めとり、腸での吸収を緩やかにしてくれます。

腸の中で糖の吸収が緩やかになると、血液中の血糖値の上昇も緩やかになり、インスリンの過剰な分泌が抑えられて食事と食事の間の空腹を感じにくくしてくれます。

食物繊維が空腹を防ぐ仕組み

食物繊維と糖を摂取する
腸に食物繊維と糖が到達
食物繊維が糖を絡めとり、糖がゆっくりと吸収される
糖がゆっくりと吸収される為、血糖値が上がりにくくなる
インスリンの追加分泌がゆっくりと行われる
血糖値が急激に下がらなくなり、満腹感が持続する
食事と食事の間の空腹を感じにくくなる

ただ、毎回の食事に食物繊維を摂取できるメニュー(サラダ・野菜の煮物・野菜スープなど)を用意するのは至難の業。仕事に向かう前の朝ごはんはパンだけ、ランチは時間がないのでパスタやラーメンだけ・・・そんな方が多いと思います。

普段は余裕があり食事に気を使っているという方でも、忙しい時にわざわざサラダを調達し食べる、食物繊維の多い食品をお店に選びに行く、ということは難しいと思います。

そして、

重要食物繊維は一定量以上摂取しないと血糖値の上昇を緩やかにする効果が発揮されません。

長崎女子短期大学のある実験を見てみましょう。

この実験は、

  • 「サラダ150g(食物繊維1.9g)を最初に食べる」
  • 「サラダ50g(食物繊維0.6g)を最初に食べる」
  • 「白飯のみを食べる」

の3つのグループを作り、それぞれの食事30分後、1時間後、2時間後の平均血糖値を調べています。

グループ 食後30分の血糖値 食後1時間の血糖値 食後2時間の血糖値
サラダ150g+白飯 118.0mg/dl 118.5 mg/dl 132.0 mg/dl
サラダ50g+白飯 118.75 mg/dl 146.0 mg/dl 132.8 mg/dl
白飯のみ 121.0 mg/dl 138.8 mg/dl 129.0 mg/dl

この結果を見ると「サラダ150gを最初に食べる」グループは食後1時間でも他のグループより20~30 mg/dlほど血糖値が低い結果になったことがわかります。このグループは食後2時間でやっと血糖値が上がりだします。

逆に「白飯のみを食べる」グループと「サラダ50gを最初に食べる」グループは食後2時間ですでに血糖値が下がりだしています。これでは空腹を感じる血糖値まで短時間で下がってしまいます。

以上のことから、

重要余計な空腹を防ぐ為には最低でも150gのサラダに相当する1.9gの食物繊維を食事の最初に摂る必要があります。

食物繊維1.9gはキャベツに例えると105g分です。コンビニで販売している千切りキャベツ袋が150gですので、105g以上の食物繊維を摂ろうと思うと、1回の食事前に毎回キャベツ袋半分以上を食べなければいけません。

参考:平成27年度長崎女子短期大学紀要 食事の摂取順序による血糖値への影響

そんな時に役立つのが青汁です。

青汁には食物繊維がたっぷりと含まれています。仮に外出先で食事をする際も、青汁を持っていればさっと水に溶かして飲むだけで血糖値の上昇を緩やかにしてくれる必要量の食物繊維を手軽に摂取できます。

青汁 ダイエット 飲むタイミング

毎回の食事に注意を払うことなく食物繊維を摂取することができ、食事と食事の間に余計な空腹を感じずに済みます。

余計な空腹を感じなければわざわざ何かを食べずに済みますし、仕事や家事もスムーズに進み、空腹によるストレスも感じずに済みます。

血糖値の上昇は脂肪も増やしてしまう

血糖値の急激な上昇にはもう一つ問題があります。それは、脂肪を増やすということです。

これはインスリンが血糖値を下げる仕組みと関係しています。

インスリンが血糖値を下げる仕組み

  1. 血液中の糖をエネルギーに変換して利用し、血液中から糖を減らす
  2. 血液中の糖をグリコーゲンに変換して肝臓に貯蓄して血液中から糖を減らす
  3. 血液中の糖を脂肪に変換して細胞に蓄積して血液中から糖を減らす

1つ目の場合はすぐにエネルギーに変換して糖を消費してしまう為、体重を増加させることはありません。

2つ目の場合はその後の活動や基礎代謝で貯蓄した糖を使ってしまえるので体重が増加することはほとんどありません。また、インスリンは1つ目と2つ目の仕組みを優先的に行います。しかし、1つ目と2つ目の仕組みで血液中から減らせる糖には限界があります

1つ目の仕組みではその時の運動量・基礎代謝量以上には糖を消費することはできません。2つ目の仕組みの限界は人それぞれですが、だいたい300kcal~400kcal分の糖を肝臓に貯蓄した後は3つ目の仕組みに移行します。

3つ目の仕組みに移行すると血液中の余分な糖が脂肪に変わり細胞に蓄積していきます。

特に急激に血糖値が上昇した場合はすぐに1つ目・2つ目の限界を超えてしまい3つ目の仕組みに移行、血液中の余分な糖がどんどん脂肪に変わり細胞に蓄積されていきます。

糖が脂肪として蓄積される仕組み

食事で血液中の血糖値が上がりだす
インスリンが追加分泌される
糖をエネルギーに変換する
エネルギーにしきれない余分な糖をグリコーゲンとして肝臓に貯蓄する
グリコーゲンとして肝臓に貯蓄できない余分な糖を脂肪として細胞に蓄積する

血糖値の急激な上昇を防ぐことができれば1つ目・2つ目の仕組みをフルに使い、糖が脂肪として蓄積されるのを防ぐことができます。

この章のまとめ

  • 血糖値の上昇を緩やかにすれば、満腹感が長続きする
  • 血糖値の上昇を緩やかにすれば、糖が脂肪になりにくい
  • 青汁は血糖値の上昇を緩やかにする効果が極めて高い
血糖値の上昇を緩やかにすることってこんなに重要なんだね~
そうそう。だから『毎回の食事に食物繊維を摂取する』というのがとても重要なんだよ!
血糖値を上げにくくする食物繊維がキーポイントなんだね!青汁なら手軽に飲めるし。・・・って、あれ、飲むタイミングは?
次はダイエット効果を高めるための青汁を飲むタイミングについて見ていこうね

ダイエット効果をさらに高める青汁を飲むベストなタイミングは?

重要ダイエットの為に青汁を飲むなら、食事の20~30分前に青汁を飲むのがおすすめです。

これは食事の20~30分前に飲むことで

  • 胃が膨れ少量の食事で満腹感を得やすくなる
  • 先に食物繊維が腸に到達して糖の吸収をより緩やかにしてくれる

からです。

食事メニューとしてサラダを食べる・煮物を食べる場合だとどうしても食物繊維と糖質を同時にとってしまうのでこの2つの効果をしっかりと感じることができません。

せっかく青汁ダイエットをするなら最大限の効果を得たいものですよね?

「青汁を飲むタイミング」は「食事の20~30分前」と決めてダイエット中は頑張って飲みましょう。

確かにレストランとかカフェで青汁は飲みにくいよね。でも食事の20~30分前に飲むなら職場で飲めばいいし。ランチに行く前に青汁を飲んでみよっと!
食事の20~30分前に飲めなくても食事の最初に青汁を飲めばそれなりの効果もあるから青汁はとっても便利だよね!…私もお昼休みになるまでにお腹が空いて友達にお菓子をもらっちゃうから、朝ご飯に青汁を飲もうかな

血糖値を緩やかにするダイエットにおすすめの青汁

血糖値を緩やかにするための食物繊維を大量に含んでいるダイエットにおすすめの青汁はサンスター健康道場『粉末青汁』です。

サンスター健康道場『粉末青汁』

おすすめポイント

✔食物繊維の含有量は3.6gで、生キャベツ200g相当
✔安心安全の100%国産&無添加
✔無添加なのに飲みやすい味

トップバリューのキャベツの千切り袋が145gですので、サンスター健康道場『粉末青汁』を1杯飲むだけでキャベツの千切り袋1.37袋分の食物繊維を摂取することができます。

比較野菜ジュースとサンスター健康道場『粉末青汁』の食物繊維量の比較

商品名 食物繊維量
カゴメ 野菜生活100オリジナル(200ml) 0.3〜1.2g
伊藤園 充実野菜緑黄色野菜ミックス(200ml) 0.3~1.6g
伊藤園 1日分の野菜 1.0~2.6g
小岩井 無添加野菜32種の野菜と果実(缶280g) 2.24g
サンスター健康道場『粉末青汁』 3.6g

このように、サンスター健康道場『粉末青汁』より食物繊維量の多い野菜ジュースはありません。

しかもサンスター健康道場『粉末青汁』なら粉末タイプですので持ち運びにも便利。仕事場や旅行などに持っていき、食事前に手軽に飲むことができます。

食物繊維がたっぷりと含まれているサンスター健康道場『粉末青汁』を飲んで空腹を感じないダイエット生活を送ってみませんか?

まとめ

青汁は「余計な空腹を減らし、間食を減らす」ことでダイエットをサポートします。青汁で余計な空腹を減らす為には

  • 食物繊維が多く含まれる青汁を選ぶ
  • 食事の20~30分前のタイミングで青汁を飲む

ということが大切です。食前の1杯に青汁を飲んでダイエットを成功させましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA