酵素青汁の効果の解説とダイエット・便秘解消に効く飲み方まとめ

酵素青汁の効果

酵素青汁の効果
「酵素青汁ってどんな効果があるの?」と思っている方へ。

ダイエットや美容のために、青汁か酵素でも飲もうかな、と悩んでいませんか?
色々と健康食品はあるけど、何が1番ダイエットや美容に効くかわからないと迷っていませんか?

なんとなく自分に合った健康食品を探しているうちに、どれが何の効果があるのかわからなくなってしまった、なんて事になったことありませんか?

できれば、どうせお金を払って買うならば、自分の目的に最も合ったものを買いたいですよね。

そんな方のために、酵素青汁の効果とおすすめの酵素青汁を紹介します。

実際に自分の目的に合っているかどうか、参考にしてください。

この記事を読むとわかること

  • 酵素青汁の効果・効能
  • 酵素青汁の選び方
  • 酵素青汁の副作用やデメリット

酵素青汁の効果

酵素と青汁には、どちらもすぐれたダイエット効果&便秘解消効果があります。2つの素材がダイエットと便秘に効く理由を見てみましょう。

酵素青汁のダイエット効果

結論青汁と酵素は相性が良く、一緒に摂るとダイエット効果がより高まる

▶理由①:青汁には脂質や糖質の吸収を抑える食物繊維が豊富である
▶理由②:酵素には、脂質や糖質を分解する力がある

まず、青汁の食物繊維は、脂質や糖質の吸収を抑えたり、腸の老廃物を一緒にデトックスする働きがあり、ダイエットしたい人には良いことだらけの存在です。

酵素の基本的な役割は、食べたものを細かく分解して消化や吸収を助け、さらにその栄養を体中に運び使えるようにしてくれること。酵素は青汁の豊富な栄養がしっかりと吸収され効果を発揮する手助けをしてくれるのです。

さらに酵素そのものにも脂質や糖質を分解する性質があることにも注目できます。脂質や糖質が吸収される前に分解してくれるので、食べたものが脂肪となって蓄積されるのを防いでくれるわけです。

つまり2つの成分はお互いをサポートし合い、身体を太りにくい・痩せやすい状態へと近づけてくれる、というわけです。

ちなみに酵素のダイエット効果は、医学誌「診療と新薬」2014年12月号にも掲載されています。

『植物発酵エキスとヒアルロン酸,プラセンタ,ザクロを含むドリンク「ベルタ酵素」を被験品,プラセボを対照品とし,1 日 1 食分の食事に置き換えて水または炭酸水で割って摂取する比較試験を行ったところ,肥満予防およびウエスト・ヒップの部分的な体構造変化について有意な変化が認められた。』

出典診療と新薬・第51巻・第12号「酵素ドリンクの肥満予防効果・9ページ」

実験では酵素ドリンクを使用していますが、「酵素によってウエストやヒップに有意な変化(=痩せた)」とあります。

つまり、酵素青汁には、

  • 青汁と酵素には確実にダイエット効果がある
  • 相性の良い2成分を一緒に摂ることで、さらにその効果が高まる

というダイエット効果があります。

青汁と酵素、この両者は互いに相乗効果を発揮するため、一緒に摂るのが良いです。ですので、例えば下記のように青汁と酵素ドリンクどちらがダイエットに効果があるのかとなったら、吸収率の面で青汁の方がダイエット効果は高いですが、やはり一緒に摂るとより効果がUPします。

関連記事>> 【比較検証】青汁と酵素ドリンクはどっちがダイエット効果が高い?

酵素青汁の便秘解消効果

結論酵素青汁は整腸作用が高まり、老廃物を排出しやすくする効果がある

▶理由①:食物繊維は便を柔らくしたりかさ増しすることで排便しやすくする
▶理由②:酵素は消化や新陳代謝を助けるため、腸内環境を整え老廃物を排出する手助けをする

青汁と酵素には両方とも、便や老廃物の排出をサポートする働きがあります。そのため2つを同時に摂れる「酵素青汁」は、便秘解消にも最適なのです。

そして、栄養を細胞まで届ける役割を持つ「代謝酵素」は、不要な老廃物や毒素を排出するサポートも同時に行っています。(※酵素の種類については後ほど詳しく説明しています)

つまり、酵素青汁を飲み続けることで「脂肪や老廃物が溜まりにくい=痩せやすい体質」に近づけるのです。

特に加熱処理されていない

生酵素

の入った青汁は、酵素が生きたまま働くため、酵素の働きを十分に得られます。ダイエットや便秘に高い効果が期待できるのが酵素青汁です。

青汁で脂質や糖質の吸収を抑え、酵素ではそれを分解する力を高めるってダイエットに超向いてるじゃん!
どちらも便秘にも効くから、美容にも良いよね

酵素青汁は何で効果が高いの?

結論酵素青汁なら酵素を死活させず腸まで届けられるため、酵素の吸収率がUPして酵素の効果が高まるから

食事から摂れていると思っている酵素は、実は以下の理由により体に吸収されているのは食べたうちの数%にすぎないのです。

酵素は食事からだと摂りにくい!

  • 加熱に弱く、生野菜で摂る必要がある
  • しかし、野菜を包丁で切ったり、すりおろすと大幅に酵素が減る
  • 摂り入れた酵素も体内の胃酸で分解され、腸に届くまでには酵素はほとんど死活する

酵素は食べたものの消化・吸収を助け、代謝を高める役割を果たしますが、加齢や生活習慣によって減少していきます。

いかに食べ物からちゃんと酵素を摂取するかが健康・美容にとって重要なのですが、酵素は食べたうちの数%しか吸収されていないのが事実です。

よって、酵素をちゃんと摂取するには、以下のことが重要になります。

酵素をちゃんと摂るコツ

  • 酵素を死活させずに腸まで届けること
  • 酵素の吸収率を高めること

この2つの効果を得られるのが「酵素青汁」というわけです。

そして、腸まで酵素を届ける青汁の効果とは、青汁に豊富に含まれている水溶性食物繊維のことであり、この水溶性食物繊維と酵素を一緒に摂る、または同時に摂ることで、酵素が水溶性食物繊維でゲル状に包み込まれて酵素が胃酸から守られ、死活せずに腸まで届く、というわけです。

酵素は青汁の水溶性食物繊維と同時に摂って初めて酵素がゲル状で守られるため、一緒に摂ることのできる青汁は理に適っているわけです。

そして、死活せずに腸まで届いた酵素は、その多くが吸収され働いてくれる、ということになります。つまり、「酵素青汁」は本来なら吸収率の悪い酵素を青汁が守って腸まで届ける形となり、それにより酵素の吸収率を高めている健康食品なのです。

さらに、その酵素自体も、青汁の持つ栄養素を「分解・吸収」して「細胞まで栄養を届ける」という流れをサポートする働きを持っています。

酵素&青汁は、互いの効果や働きを高め合う非常に相性の良い組み合わせであると言えるのです。

摂ってると思ってた酵素が全然吸収されてなかったなんて・・・
他の栄養素も酵素みたいに、食べた量=吸収された量ではないから、思ったより栄養って摂るのが難しいんだよね

ダイエット・便秘解消効果が高い酵素青汁を選ぶ3つのポイント

効果のある酵素入り青汁を見極めるためには、以下の3つのポイントを押さえておきましょう!

酵素が生きている青汁かどうか

酵素は熱に弱いため、加熱処理(約50℃)によってその能力は失われてしまいます。酵素青汁を選ぶ際は「非加熱」「生酵素」など酵素が生きているタイプを選ぶことで効果と実感力が違ってきます。

一緒に配合されている成分

乳酸菌や美容成分・スーパーフードなどプラスαの成分で、効果にも差が出てきます。便秘が気になるなら乳酸菌入り、栄養補給ならスーパーフード入りなど他の配合成分をチェックすることも忘れないようにしましょう。

飲みやすさ・続けやすさ

健康食品である青汁は継続することも大切。

  • 苦にならず飲める味
  • 継続しやすい価格

であるかも念頭に置いておきましょう。味や飲みやすさは口コミでチェックしておくのがおすすめですよ。

せっかく飲むなら効果がある酵素青汁を選びたいよね。1ヵ月飲んで効果なかった~だったら悲しいじゃん
大丈夫!ここからは、厳選した酵素青汁だけを紹介していくよ

人気のおすすめ酵素青汁3選

リッチグリーン(RICH GREEN)

リッチグリーンの特徴は、一切加熱処理をしない「活性保存製法」という製造法で、酵素を生きたまま摂取できること。リッチグリーンを水に混ぜると立つ豊かな「泡」は他の青汁では見られませんが、これは酵素が生きている証拠です。

さらに大麦若葉から有効成分だけエキス化して粉末にする「生搾り製法」で、繊維質など余分なものを取り除いているため、青汁の持つ栄養素の体内への吸収率も抜群です。

酵素と青汁が力を最大限に発揮できる製法をとっているリッチグリーンは、効果の実感力が違います。青汁と酵素2つの栄養を丸ごと摂りたい人におすすめです。

リッチグリーンの特徴

  • 生の酵素が摂取できる
  • 原料は国産の大麦若葉だから飲みやすい・続けやすい

リッチグリーンがおすすめな人

  • ダイエットしたい人
  • 便秘を解消したい人

フレッシュフルーツ青汁

112種類もの酵素に乳酸菌がプラスされた「フレッシュフルーツ青汁」は、ダイエットや美容が気になる人向けの青汁です。

腸にとどまって働く100億個の「有胞子乳酸菌」が腸内環境を整え、身体の中からすっきりデトックス。さらに加熱処理していない112種類の生酵素、コラーゲンやプラセンタといった成分がダイエット中に陥りがちな肌荒れや栄養不足をしっかりサポートしてくれます

そしてフレッシュフルーツ青汁はフルーツエキスたっぷりで美味しいのもメリット!青汁が苦手な人でもまるでジュースのようにごくごく飲めて女性やお子様からも大人気です。

フレッシュフルーツ青汁の特徴

  • 生の酵素が摂取できる
  • コラーゲンやプラセンタなど美容成分が豊富

フレッシュフルーツ青汁がおすすめな人

  • ダイエットしたい人
  • 美味しい青汁を飲みたい人

ホコニコのこだわり酵素青汁

「ホコニコのこだわり酵素青汁」は、4種類の国産の青汁原料に139種類の植物発酵エキス、そして麹由来の生酵素を配合した高い栄養価と生の酵素を摂れるのが特徴の青汁です。

果物のエキスも入っているため、普通の青汁よりも少し飲みやすい・続けやすいのもポイント。実際に飲んでみると、お茶っぽいですが、少し自然な甘みも感じられ、青汁とは思えない味がします。

ダイエット・健康・栄養補給などに総合的に力を発揮してくれるため、幅広い年代におすすめです。

こだわり酵素青汁の特徴

  • 生の酵素が摂取できる
  • 139種類の植物発酵エキス配合

こだわり酵素青汁がおすすめな人

  • 総合的に高い栄養価を摂りたい人
  • 美味しい青汁を飲みたい人
私のおすすめはリッチグリーンの青汁かなぁ。あの泡立ちを見ると、生の酵素がめちゃくちゃ配合されてるって私でもわかるよ
酵素入りの青汁としては文句なしにおすすめできる青汁だね

酵素青汁の効果的な飲み方

酵素青汁は生の酵素や栄養価が高い原料を使用した青汁ですから、値段も安くはありません。

そのため、どうせ飲むのならば、ダイエットや便秘解消の効果が高まる飲み方をしたくありませんか?

ここでは、酵素青汁をどう飲めばダイエットや便秘の解消効果が高まるのか、紹介していきます。

ダイエット効果を高める酵素青汁の飲み方

酵素青汁にダイエット効果を求めるなら「食前」に飲むのがおすすめです。

食事の前に飲むことで、まず食物繊維が脂質・糖質の吸収を穏やかにしてくれます。さらに酵素は脂質・糖質を分解し吸収を防いでくれるため、食べた物が脂肪として蓄積されるのを防いでくれるのです。 また、血糖値の上昇を抑えてくれるため、糖尿病予防にも効果的です。

ダイエット効果を高めたいなら、「豆乳」に溶かすのがおすすめ。豆乳に含まれる大豆サポニンには脂肪燃焼効果があり、さらにイソフラボンによってダイエット中の美肌キープにも役立ちます。

便秘解消効果を高める酵素青汁の飲み方

酵素青汁で便秘を解消したいとお考えの人は、「寝る前・起床後」に飲むのが良いでしょう。朝の胃腸を活性化させ、自然なお通じにつながります。

また、便秘解消を狙うなら、「ヨーグルト」に溶かすのがおすすめ。ヨーグルトの乳酸菌は、酵素とともに腸内環境を整える働きを担ってくれます。そのぶん負担が減った酵素が、代謝アップなど他の働きを活発に行うことができるというメリットもあります。

健康増進のための酵素青汁の飲み方

酵素青汁を健康に役立てたい場合も、「寝る前・起床後」が良いでしょう。

青汁には疲労回復や安眠効果もあるため、疲れが気になる場合は就寝前に飲んでみてください。栄養補給をしたい場合は、身体が空っぽで吸収効率のよい起床後がおすすめです。効率よく栄養が身体の各部に運ばれ、1日を元気に過ごすことができます。

酵素青汁は置き換えダイエットが最も効果的

酵素青汁で最も効率的に痩せるなら、「置き換えダイエット」が最適です。食事を青汁に置き換えるだけという簡単な方法ですが、摂取カロリーが大幅にカットできるため、非常に成功率の高いダイエット法です。

特に酵素青汁が置き換えダイエットに向いているのは、「カロリーをカットしながらも必要な栄養素を効率よく補える」から。酵素は青汁の栄養素の働きを高めてくれるため、ダイエット中の栄養不足・カサカサ肌などもしっかりサポートします。

最も効果が大きいのは夕食置き換えですが、朝食・昼食などでも効果は確実にありますから、自分がやりやすいタイミングで置き換えてみてください。

関連記事>> 【知らない人は損してる】青汁置き換えダイエットで100%痩せる方法や効果を高める飲み方・タイミングについて!

プチ断食にも青汁酵素はおすすめ

「身体の中をリセットする」という目的で行われることが多いダイエット「プチ断食」は、完全に断食するのではなく、スープやジュースは飲んで良いことになっています。

食事の代わりに飲む野菜ジュースを青汁に変え、さらに酵素をプラスすると、先述したように食物繊維の力によって、デトックス効果が高まります。そもそもプチ断食とは、身体の中に溜まった毒素を、何も食べないことで、外に排出しようというダイエットなので、青汁と酵素のデトックス効果とは、非常に相性が良いのです。

プチ断食で身体の中に溜まった毒を、この機会に一気に出し切りたいのなら、青汁酵素で身体の奥の奥にまで溜まった毒素を、すべて出しきってしまいましょう。

酵素青汁の副作用や危険性・デメリット

酵素入り青汁に副作用はないのか、気になる方もいるでしょう。それぞれの副作用をまとめてみました。

酵素の副作用

酵素はもともと私たちの体内にも存在する成分なので、特筆すべき副作用はありません。

あえてデメリットをあげるなら、「酵素は加熱に弱い」ということ。約50℃の温度で死滅してしまうと言われています。

そのため、食品から酵素を摂りたい場合、加熱調理はNGです。野菜なら生のまま・サプリなら熱い飲み物と一緒に摂るのは避けるなどの工夫が必要だと覚えておきましょう。

青汁の副作用

青汁も、健康な人が飲む分には特別な副作用はありません。しかし、注意しなければいけない人も存在します。

  • ワーファリンを服用している人

心臓や血管の病気で、血液凝固を防ぐ「ワーファリン」を服用している人は注意が必要です。

青汁に含まれるビタミンKにはワーファリンの効果を打ち消してしまう恐れがあります。ワーファリンを服用中の人は青汁の飲用を避けるよう、公式サイトなどでも注意喚起されています。

  • 腎臓病の人

青汁にはカリウムが豊富に含まれています。腎臓に疾患があるとカリウムを体外に排出できない「高カリウム血症」になる恐れがあるため、カリウム制限をされている人は青汁の過剰摂取には気を付けましょう。

  • 原材料にアレルギーがある人

青汁の原料のなかにアレルギー物質がある人は飲用を控えなければなりません。フルーツ青汁など、野菜や果物など多くの成分を使用された青汁も増えているので、原材料にアレルギー物質が含まれないかしっかりチェックしてください。

  • 過剰摂取でお腹の調子が悪くなる場合も

便秘解消効果に優れた青汁ですが、過剰摂取でお腹が緩くなる場合があります。また、食物繊維を摂りすぎることで便が固くなり便秘が悪化することもあります。酵素にも言えることですが、過剰摂取は避け、メーカーの推奨量を守って飲みましょう。

なお、青汁の副作用や薬との飲み合わせについて、もっと詳しく知りたい人は下記を参考にしてください。

関連記事>> 【2018年版】青汁と薬の危険な飲み合わせ・青汁の副作用や悪影響について

酵素青汁のデメリット

それでは酵素青汁のデメリットはあるのでしょうか?基本的に健康な状態で摂取しているのなら、酵素青汁のデメリットはないはずです。強いて言うなら、青汁酵素はコストが高いことです。

特に、当記事で紹介している青汁酵素の酵素は生のままですので、加工や生産にコストがかかっているため、通常の青汁の1.5倍~3倍ほどの価格になっています。

その分、効果は高いですが、やはり金額が高い、というデメリットは隠せません。

青汁と酵素の基礎知識 健康維持のために積極的に取りたい2つの健康食品

極力ナチュラルなもので、健康を維持したいと考えた時に選択肢の中に浮かんで来るものと言えば「青汁」「酵素」などの、健康食品ではないでしょうか?

青汁も酵素も、身体の中から調子を整え、人間の身体本来の力を取り戻す力がある健康飲料です。この2つはそれぞれ歴史が古く、特に酵素に至っては、その効果を活かし紀元前3000年ごろからビールづくりに使われていたとされています。

ただ、酵素自体が健康維持のための健康食品として利用されだした時期は、まだ浅いですが……。今回はそんな青汁と酵素の関係を解説して行きたいと思います。

まずは青汁と酵素の違いから紐解いて参りましょう。

青汁の基礎知識 ~青汁ってそもそも何?~

九州地方の方は「うーん、まずい。もう一杯!」というコマーシャルで「青汁」という商品があることを知った、という方も多いのではないのでしょうか?

濃い緑色をした、如何にも美味しく無さそうな飲み物(最近のモノは美味しいですが!)、青汁は葉物野菜をジェル状にすりつぶし、飲み始めたのが青汁の始まりとされています。 江戸時代頃からすでに「青汁」として、民間療法的に取り入れられていた青汁は、滋養強壮のために、さつまいもの葉や大根葉など、さまざまな葉っぱを、すりつぶして作られていました。

現代はジューサーやミキサーなどで液体状にされ、粉末状で販売されていますが、古い時代は、それはそれは味の面でも、作り方の面でも飲むのに苦労した健康飲料だったのです。

その原始の青汁を、今の時代の私たちが知る「青汁」に昇華させたのが青汁の父「遠藤仁郎博」です。 古来の青汁のレシピをより健康的なモノに変え、ケールや明日葉、大麦若葉などを中心に現代人に不足しがちな食物繊維と葉物野菜にたっぷりと含まれる栄養素を手軽に補充出来るようにしたのが、現在私たちが飲むことが出来る青汁です。

♦青汁とは

  • 日本伝統の健康食品
  • 生の葉野菜を液状にしたもの
  • 遠藤仁郎博によって改善され、より健康に良く、より飲みやすくなった
  • 青汁にはケール・明日葉・大麦若葉などの濃い緑色をした葉野菜が多く使われている
  • 現代人に不足しがちな食物繊維とビタミンなどが手軽に取れる

酵素の基礎知識 ~酵素ってそもそも何?~

「酵素」と言う名前は聞いたことがあるけれど、そもそも一体どのようなものかを、しっかりと説明出来る人は決して多くはないでしょう。

「酵素ドリンク」や「酵素飲料」として販売されていることもある、この「酵素」とは、有機物あるいは無機物に対して化学反応を起こすタンパク質のことです。

私たちの口の中で分泌される唾液にも酵素成分が含まれており、唾液の中にある酵素――アミラーゼは化学反応を起こし、デンプンをブドウ糖などに変換することが出来ます。このように酵素は栄養素を化学反応によって分解し、他の栄養素に変えることが出来る成分なのです。

ちなみに私たちが、普段何気なく食べている食品の中にも酵素はたくさん含まれており、この酵素をしっかりと摂取することで、栄養を無駄なく吸収することが出来たり、免疫力を高めたり、老廃物をスムーズに排出することが出来るようになったりするのです。

ただ、身体の健康のために欠かせない酵素ですが、熱に弱いという特徴があり、50度以上の熱で、徐々に徐々に破壊されて行きます。そんな酵素を効率よく摂取するためには、食品を極力生で食べなければなりません。 つまり生きた酵素を摂取するためには、焼いたり、炒めたりして火を通してはいけないということなんです。

♦酵素とは

  • 有機物あるいは無機物に対して化学反応を起こすタンパク質
  • 酵素は食べ物の中にも、身体の中にも存在している
  • 酵素を摂取することで、栄養吸収効率を上げる・免疫力向上・老廃物排出などの効果を得られる
  • 酵素は熱に弱く、生きた酵素を摂取するためには原則”生”でなければならない

以上が青汁と酵素の基礎的な説明です。こうして見ると青汁と酵素は、健康食品としてのベクトルが全くの別物であることが、わかりますね!

ただ両者はとても相性が良いので、青汁と酵素をあわせて摂取するとお互いがお互いの効果を高め合い、単体で摂取するよりも高い効果を発揮することが出来るのです!

そんな青汁と酵素ですが、生の野菜を使っている青汁には、葉野菜の酵素が生きています。わざわざ苦労して酵素ドリンクで酵素を摂取しなくても、酵素を摂取することが出来るのですが葉野菜の酵素だけでは、実は不十分なのです。

それでは、次の章で酵素のことを、もっと詳しく解説させて頂きます。

酵素の種類 健康維持に欠かせない3つの酵素

現在その存在が判明している酵素は、およそ3000種と言われています。 3000種もの酵素を1つ1つ解説して行くのは、気が遠くなるほどの量なので割愛しますが、およそ3000種酵素は大きく3つに分類することが可能です。

  • 消化酵素
  • 代謝酵素
  • 食物酵素

[酵素の種類別の役割]①消化酵素

中学校の理科の授業で聞いた覚えがあるのではないでしょうか?

「消化酵素」とは、人間の身体の中で生成され、食べ物や飲みものを消化、吸収するために必要な酵素のことです。私たちの身体の中では、さまざまな臓器から、さまざまな酵素が作られており、それぞれの酵素の力によって、私たちの身体は生命活動を維持することができています。

ちなみに、代表的な消化酵素の種類は以下の通りです。「酵素飲料」や「酵素サプリメント」などに、これらの酵素が含まれていることが多く、知っておくと酵素商品を選ぶ際の参考になるので覚えておきましょう。

消化酵素の種類 分泌液 分解する栄養素
アミラーゼ 唾液 デンプンを消化する
プロテアーゼ 胃液 タンパク質を消化する
リパーゼ 膵液(すいえき) 脂肪を消化する

[酵素の種類別の役割]②代謝酵素

消化酵素によって分解された栄養素は、そのままでは「単なる栄養」でしかありません。

代謝酵素も人間の身体の中で生成される酵素物質で、この代謝酵素は消化酵素によって分解された栄養素を動かし、脳を動かし思考させたり、老廃物を排出させたり、免疫力を上げたりすることが出来ます。

「酵素が栄養素を動かし、身体を動かす」と言われてもピンと来ないでしょうから、酵素をガソリンと自動車の関係に例えたいと思います。地殻から湧き出る石油(食べ物)を消化酵素がガソリンに変換し(化学反応)、ガソリンによってエンジンが動く――このエンジン部分の働きをするのが「代謝酵素」です。

燃料だけあっても自動車が動かないように、食物を食べるだけでは、実は身体は動かないのです。食物を消化酵素によって分解し、分解した栄養素を代謝酵素がエンジンのように身体の中で動かすからこそ、代謝酵素が動力となって身体が動く、というのが身体・消化酵素・代謝酵素の関係です。

つまり、すべての車がガソリンとエンジンがなければ動かないように、いくら消化酵素によって栄養素が変換されても、代謝酵素によって栄養素が働かなければ意味がないのです。

ちなみに代謝酵素の働きは以下の通りです。

♦代謝酵素によって引き起こされる身体の反応

  • 吸収された栄養を身体の細胞に行き渡らせる
  • 身体の中に溜まった毒素を汗や尿の中に排出する
  • 壊れた身体の細胞を修復し、病気を治す
  • 免疫力を高め、病気になりにくくする

[酵素の種類別の役割]③食物酵素

加熱されていない新鮮な野菜や果物、魚や肉、発酵食品の中に含まれている酵素が「食物酵素」です。

食物の中に含まれる食物酵素は、熱に弱く加熱すると働かなくなってしまうので、生きた酵素を効率よく摂取するためには、極力加熱しないことが重要です。食物酵素は50度以上で崩壊してしまうので、生食でなければ食物酵素を摂取することはできません。

しかも、この食物に含まれている食物酵素は、胃で活性を失ってしまい体外から摂取するのは、なかなかに困難(サプリメントなどは別)。ただ、食物に含まれる酵素の働きによって、食物の栄養が強化されたり、新たな栄養を作り出したり、食物の風味を良くしたり、硬い食物を柔らかくしたり……熱や胃で死活する前の段階では食物酵素は食物に対してさまざまな効果を発揮します。

♦食物酵素を摂取するメリット

  • 食物の栄養が強化される
  • 新たな栄養を作り出す
  • 食物の風味を良くする
  • 硬い食物を柔らかくする
  • 食物の消化・吸収を助ける

酵素を摂るメリットとデメリット アナタの酵素足りてる?

私たちの身体の内外にある酵素がいろいろな働きをしてくれていることはお分かり頂けたかと思います。

それでは、この酵素を摂取するメリットとデメリットはあるのでしょうか? あまりに日常生活の中で無意識に酵素(食物酵素)を摂取しすぎて、「酵素を取らなきゃ!」と思うことは、ほとんどありませんが実は私たちが知らないだけで、酵素はスゴイ働きがあるんです!

酵素を摂るメリット 消化吸収を助ける……だけじゃない!?

酵素――食物から摂取することが出来る食物酵素を摂取することで、食物の風味が変わったり、肉が柔らかくなったり、魚の生臭さが軽減されるというメリットがあります。それでは酵素を積極的に摂取することには、身体にとってどのようなメリットがあるのでしょうか?

食物から摂取出来る酵素は、胃液によってほとんどが死活してしまいますが、サプリメントなどで酵素を生きたまま摂取することが出来ると、食物の消化吸収を助けてくれるんです。例えば、大根おろしと焼き魚を一緒に食べますが、これはただ単に風味が良く、魚の油をあっさりさせてくれる効果があるだけでなく、大根おろしに含まれるプロテアーゼが魚のタンパク質を分解し、消化・吸収しやすくしてくれるからです。

また、大根に含まれる辛み成分「イソチオシアネート」には解毒作用、殺菌作用、抗炎症作用や食中毒予防、発がん抑制、血栓予防、消化促進、抗酸化作用……などなど、健康で若々しい身体を作ることが出来る嬉しい効果が、ズラリと揃っています。

大根に含まれる「イソチオシアネート」を例に取ってみても分かる通り、食物酵素を摂取することによって、身体はさまざまな恩恵を得ることが出来ます。 もちろん、野菜や果物に含まれる食物酵素は「イソチオシアネート」だけではありません。それぞれの酵素に、いろんな効用があり、さまざまな酵素を摂取することで、効果の幅が広がります。

だから、酵素を摂取する際には単一酵素を摂取するのではなく、複数の酵素を定期的に摂取することをオススメします。

酵素が不足するとどうなるの? 実は怖い、酵素不足!

日常的に摂取している酵素が、もしも不足してしまったら、どうなってしまうのでしょうか?

また、身体の中から分泌される酵素が不足してしまったら、どうなるのでしょうか?

実は酵素が不足するとさまざまな不調が現れてしまいます。まさか身体の不調が酵素不足とは思わないので、原因が酵素不足ということに気づく人はほとんどいません。

もしも、以下のような症状がアナタに現れているのなら、アナタは酵素不足の可能性があるので、酵素が足りているかどうかをチェックしてみてください。

  • ちょっと動いただけでつかれる
  • 頭が重い・頭痛がする
  • 肩こりしやすい
  • 肌荒れしやすい
  • 身体が冷える
  • 発疹・じんましんが出る
  • 便秘気味である
  • 耳鳴りやめまいがする
  • 汗が出過ぎる・全く出ない
  • 動機がすることが多い など

酵素不足チェックシートで3つ以上チェックがついたら酵素不足

アナタの身体の不調は酵素不足が原因かも知れません!

食物から摂取出来る酵素はある程度不足しても、大したことはありませんが(胃液で死活するため)、身体の中の酵素が不足すると、石油をガソリンに生成することも、ガソリンを使ってエンジンを動かすことも出来ないような状態に陥ってしまいます。

そうすると、老廃物はたまり、新陳代謝は低下。さらに免疫力も下がるので、病気になりやすくなり、病気になると更に身体が弱くなり、といった負のサイクルを引き起こしてしまうのです。

身体の中で分泌される酵素が不足する原因はさまざまですが、主に生活習慣の乱れが、体内の酵素不足を招きます。睡眠不足や食べ過ぎ、飲み過ぎ、ストレス過多など、ちょっとしたことが原因で酵素不足が引き起こされてしまいます。

だから、毎日健康的な身体でいるためにも、酵素不足にならないよう生野菜や生のフルーツを摂取し、栄養をまんべんなく取り、運動するだけでなく、しっかりと睡眠をとって、ストレスを発散するようにしましょう!

青汁の酵素と酵素ドリンクの違い

生野菜やフルーツにも食物酵素が含まれるということは、当然、新鮮な野菜をジューサーにかけて作られた青汁にも酵素が含まれているということでもあります。

ご紹介したように、酵素はいろいろな食物にも含まれているので「わざわざお金を払って、酵素ドリンクを飲む必要はないのでは……」と思われるかも知れませんが、それは大きな間違いです!

青汁酵素と酵素ドリンクの栄養素・役割の違い

青汁も生の野菜を作って作られている以上、葉野菜由来の酵素がたくさん入っています。そして、酵素ドリンクは、その名の通り生きた酵素がたっぷりと配合された健康飲料です。どちらも「酵素を摂取する」という意味ですが、青汁と酵素ドリンクでは酵素の量酵素の質が異なります。

青汁から摂取出来るのは、あくまで葉野菜に含まれる酵素だけ。 一般的な青汁は葉野菜のみを使用しているので、以下のような酵素を多く摂取することができます。

♦一般的な青汁から摂れる酵素

  • ビタミンB1……糖代謝
  • ビタミンB2……脂質代謝、細胞新陳代謝
  • ビタミンB6……タンパク質代謝
  • ナイアシン……アルコール分解、血行促進
  • パントテン酸……糖、タンパク質、脂質代謝 など

ご覧頂いてもわかるとおり青汁にも酵素成分が豊富に含まれていますが、糖代謝、タンパク質代謝、脂質代謝に偏っています。

しかし、酵素ドリンクは葉野菜以外の、さまざまな食物から酵素成分を抽出しているので、青汁以上に多種多様な酵素成分が含まれているのです。酵素の量は葉野菜だけの青汁に比べれば、酵素ドリンクの方が圧倒的に多いんです。

そして、酵素ドリンクは、ほとんどの場合酵素を発酵して作られています。茹でた大豆をそのまま食べるよりも、発酵させ納豆にしたり、味噌にしたりしたほうが美味しく、より栄養を豊富に摂取できますよね?実は酵素も、味噌や納豆と同じように発酵させることによって、味、風味だけでなく、吸収しやすくすることが可能なんです。このように青汁にも身体にとって必要な酵素が含まれていますが、酵素ドリンクには青汁以上に豊富な酵素量と、青汁よりも質の高い酵素が、たっぷりと含まれているのです。

青汁酵素と酵素ドリンクの仕組みの違い

青汁酵素にも、酵素ドリンクにも酵素は含まれていますが、酵素の仕組みに違いはあるのでしょうか?

どちらも販売している会社によって異なりますが、基本的に非加熱です。だから、日常的に摂取するのが難しい酵素を、より摂取しやすくなっています。また、青汁に含まれる酵素は、いったん青汁をミキサーなどですりおろし、液体状にしているため、酵素をより効率よく摂取出来るようになっているのです。

それでは、酵素ドリンクはどうでしょう? 酵素ドリンクも同じく、さまざまな食材をすりおろし、発酵させジュース状にしているので、酵素をより効率よく摂取することが出来るようになっています。

つまり、どちらも「酵素を取り入れやすい」という健康飲料としての仕組みは、ほとんど同じなのです。ただし、どちらの健康飲料に含まれる酵素も熱に弱いという特徴があるので、非加熱のモノを選びましょう。ちなみに青汁も酵素ドリンクも法律により加熱殺菌が義務付けられています。液状の青汁や酵素ドリンクの場合は、酵素の熱に弱いという特徴のせいで、加熱殺菌の時点で酵素が死活してしまい、本来の効果を得ることができません。

ただし、粉末状に加工されている青汁や酵素ドリンクに関しては、加熱殺菌の必要がなく、酵素が生きている状態で出荷されるので、粉末状のものを購入するようにしてください!

まとめ

青汁も酵素も、それぞれ健康とダイエットのことを考えると、欠かせない食物です。

どちらか一方でも十分に効果はありますが、両方を一緒に摂取することで、その効果を相乗効果で高めることが出来るのですから、酵素青汁の効果はすごいですよね。

また、使用目的に合わせて、たくさんある酵素青汁の中から自分にあったものを選ぶようにしてください。「どれも一緒でしょ?」と思って、適当に酵素入りの青汁を飲むのと自分や目的に合った酵素青汁を選ぶのでは、大きな差が出ます。

より健康に、より美しくなるためにも、最適な酵素青汁を選んでくださいね!

まとめ

  • 青汁と酵素は互いに吸収率を高める
  • 青汁酵素はダイエットや便秘解消効果が高い
  • 青汁酵素の酵素は生の酵素が良い
  • 青汁酵素は少しコストが高く、値段が高い
  • 最も人気のおすすめ酵素青汁はリッチグリーンの青汁
  • 特に副作用はないが、飲みすぎは注意

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA