基本知識

ドラッグストアと通販の青汁どっちがダイエットや便秘に効果があるの?

更新日:

ドラッグストアの青汁と通販の青汁の違い

この記事では、ドラッグストアやスーパーで売っている青汁と通販で購入できる青汁、どちらがダイエットや便秘に効果があるのかについて解説します。

ドラッグストアやスーパーで安い青汁を見た時、「本当にこんな安くて効果あるのかな?」と思った経験ありませんか?

そんな疑問に青汁の原材料や製法などの視点からお答えします。どちらの青汁の方が効果があるのかがわかれば、効率よくダイエットや便秘解消ができるはずです。

ダイエットや便秘、健康目的とか目的によってどっちの青汁がお得かわかるといいよね

専門的な視点からどっちが効果があるのか解説していくよ

この記事を読むとわかること

  • ドラッグストアの青汁と通販の青汁どちらがダイエットや便秘に効果的か?
  • ドラッグストアの青汁と通販の青汁のメリット・デメリット
  • ダイエットや便秘に効くおすすめの人気青汁

ドラッグストアの青汁でもダイエットや便秘に効果があるの?

ドラッグストア 青汁 効果
結論ダイエットや便秘に効果がある栄養素が含まれている青汁は市販では見つけにくい

例として便秘解消効果を考えてみましょう。便秘を解消する場合に摂取した方が良い栄養素は下記の通りです。

  • 食物繊維
  • 乳酸菌
  • 難消化デキストリン

食物繊維に関しては低コストの乾燥加工とケールを使った青汁でも摂取できますが、乳酸菌や難消化デキストリンに関しては青汁のみで摂取することはできません。コストをかけて乳酸菌や難消化デキストリンを添加する必要があります。

コストをかけて青汁を作れば青汁の値段が高くなりドラッグストアではあまり扱わない値段になってネット通販でしか購入できない…という事に。

このように市販では置いていない値段の青汁が「自分の目的の効果を持つ青汁だった」なんてことはよくあります。

ドラッグストアでもネット通販でも値段から効果を推測するのではなく、青汁の栄養価や加工方法、自分の青汁を飲む目的と照らし合わせて自分にあった青汁を選ぶことが大切です。

もしくは口コミを調べて便秘が解消した、痩せた、といった実際に効果があったという意見の多いものを選ぶようにしましょう。

市販の青汁にはあまり含まれていないのでネット通販で探した方が良いか、市販の青汁でも良いかを表にしておきますので、自分の目的と照らし合わせて青汁を選ぶ際の参考にしてください。

目的 栄養素 ネット通販・市販どちらで探した方が良い?
便秘解消 食物繊維 どちらでもOK
乳酸菌 インターネット通販がおすすめ
難消化デキストリン インターネット通販がおすすめ
※市販でも含まれているが少ない
ダイエット 食物繊維 どちらでもOK
ビタミンB1 インターネット通販がおすすめ
※市販でも含まれているが少ない
ビタミンB2 インターネット通販がおすすめ
※市販でも含まれているが少ない
難消化デキストリン インターネット通販がおすすめ
※市販でも含まれているが少ない
ビタミンE インターネット通販がおすすめ
※市販でも含まれているが少ない
ビオチン インターネット通販がおすすめ
パントテン酸 インターネット通販がおすすめ
カリウム インターネット通販がおすすめ
※市販でも含まれているが少ない

※各商品で栄養価や加工方法が異なります。ネット通販・市販に関わらず栄養価や加工方法は確認しましょう。

ドラッグストア・通販の青汁の選び方

通販・ドラッグストアでの青汁の選び方

ダイエットや便秘解消、健康維持などの効果がある青汁を選ぶためには以下の3点をチェックしてください。

選ぶべき青汁

  • 効果・・・目的に合った栄養素が含まれている青汁を選ぶ
  • 味・・・美味しい青汁を選ぶ
  • 安全性・・・原料が国産・無農薬の青汁を選ぶ

この3つをクリアできる青汁なら効果もあり、長期間飲み続けることができます。通販でも市販でも青汁を買うならまずはこの3つを確認し、そこから栄養価のチェックを行います。

栄養価のチェックは加工方法による効果成分の違いを参考にしてください。

全部の栄養を比較する時間がない!という方は、

  • ダイエット・便秘解消・健康維持目的なら食物繊維の最も多い青汁
  • 美容目的ならビタミンC・ビタミンEが最も多い青汁

を選んでおきましょう。

さらに時間のない方はスマートフォンで市販の青汁ランキングを調べる、インターネットで青汁ランキングを調べてトップの青汁を選んでみましょう。

風味も経済的にも長く続けられるものを見つけないとだね。

欲しい効果に見合った栄養素が多く含まれていることもチェックしなくちゃね!

ダイエット・便秘に効く通販のおすすめ人気青汁

89%OFF

おすすめポイント

1.酵素+乳酸菌でダイエット・便秘に効果大!
2.安心の国産原料を使用
3.返金保証があるから気軽に買える

フルーツ青汁はその生産・加工方法の特徴により、高コストな青汁になりやすく、4か月続けて購入しなければならないなどの定期購入の縛りがあることがほとんどです。

メーカー側もコストを回収しなければならないため、このような縛りが生まれます。

ただ、めっちゃたっぷりフルーツ青汁はそのような定期購入縛りがないだけでなく、返金保証制度まであるサポート体制をとっています。

それは、90%以上の人が続けている実績があり、ダイエット効果と便秘解消効果があるからです。

実際に酵素が腸まで死活せずに届くよう生の酵素を使用していたり、有胞子乳酸菌という乳酸菌が腸まで届く珍しい乳酸菌を添加しているなど、ダイエット・便秘解消に特化した実績のある青汁です。

■めっちゃたっぷりフルーツ青汁の口コミ

甘くてのみやすい‼︎
青汁を想像して飲んだら美味しくてビックリしました!
便秘がちの人にはおすすめです!

お腹の張りや痛みが緩和されて
便意を感じた時に少しある腹痛がなく
「スルッ」と出るんです

引用元:Amazon

通販の青汁がおすすめな人は?

通販の青汁がおすすめな人は?

ダイエットしたい人

ダイエットに重要な栄養素は食物繊維以外、低コストの加工を行うと破壊されやすいものばかり。特に代謝アップを補助するビタミンB1は乾燥の熱で破壊されやすく、通販で多く販売されているフリーズドライタイプの青汁を選ぶのがおすすめです。
血糖値の急上昇や脂質の吸収を抑える難消化デキストリンも低価格の青汁より通販で販売されている高価な青汁の方が添加されている商品が多くなります。

頑固な便秘を解消したい人

ちょっと食物繊維を摂っただけで改善する便秘なら低価格の青汁でも十分ですが、頑固な便秘を解消するなら難消化デキストリンや乳酸菌が添加された高価な青汁の方がおすすめです。

便秘薬は飲みたくない…と考えている方も難消化デキストリン・乳酸菌入りの青汁を試してみてください。

美容目的の人

美容のために青汁を飲むなら断然通販がおすすめです。これは美容に重要な栄養素のほとんどが低コスト加工である熱乾燥で壊れてしまうから。

美容に重要な栄養素を青汁で取るなら高コストの青汁から選ぶ方が自分にあった青汁を選ぶことができます。

また、通販の青汁なら青汁にもともと含まれている栄養に加えてさらにビタミンC・ビタミンE、肌を構成する成分のコラーゲン・ヒアルロン酸・セラミドを添加した商品もあり、美容効果を高めることができます。美容目的の方は通販で青汁を買いましょう。

国産・無農薬にこだわりたい人

  • 「子供に外国産の野菜を食べさせるのは不安」
  • 「妊娠中で医師から許可は出てるけど不安だから農薬がたくさんかかった野菜は食べたくない」

という方は通販での購入がおすすめです。

国産の材料・国内での加工・無農薬となるとコストが高くなるためドラッグストアで探すと目的の青汁が見つけられません。通販国産の材料・国内での加工・無農薬の青汁を選びましょう。

野菜不足を解消したい人

野菜不足を解消したい場合、原材料が1種類の野菜だけではなく、複数の野菜を使っている青汁を選ぶのがおすすめです。

しかし、複数の野菜を使うとなるとコストがかかり高価な青汁になりやすく、ドラッグストアで扱っていない場合が多くなります。

ドラッグストアと通販の青汁ってどう違うの?

ドラッグストア_青汁_違い_まとめ

購入できる商品はドラッグストアの店頭で安く販売されているものから通販の値段が高めのものまで多くの商品があります。これらの商品の違いはどこにあるのでしょうか。

違いを知るにはまず青汁の値段を決める以下のことについて知ることが重要になります。

  • 原材料やメーカーの工夫による「飲みやすさ」の違い
  • 加工方法による「効果成分」の違い
  • 産地による違い
  • 良い効果のある添加物の有無
  • 広告費の違い
  • 生産方法の違い

素材の質(添加物の有無なども含みます)という商品の原料の他、消費者に知らせるための広告費や工場などの設備の有無、国産・非国産、農薬の有無なども関係してきます。

原材料・メーカーの工夫による飲みやすさの違い

結論ダイエットや健康目的の人は効果が出るまで続けられるよう、飲みやすい味の青汁を選びましょう。

ケール 大麦若葉 明日葉 桑の葉
飲みやすさ 飲みにくい やや飲みやすい 飲みやすい やや飲みにくい
コスト 低コスト 低コスト 普通 高コスト
味について 苦味・青臭さ共に強い。独特の苦味・青臭さを持つ。旬の冬は苦味が少ない。 苦味の少ない抹茶のような味だが最後に青臭さが残る。 独特の風味はあるが苦味・臭い共に少なく飲みやすい。 お茶のような風味だがクセのある味もする。

例えば、ケールは低コストかつ栽培しやすく、安い青汁を製造するにはぴったりですが、端的にいうと味がよくありません。特に後に引く苦味、青臭さがきつく、青汁ダイエットや健康維持で重要な「飲み続ける」ことが苦痛になってしまいます。

逆に明日葉はクセはありますがゆでて灰汁を抜けばおひたしとして食べれるほど味が良く、青汁にしても不味くありません。ただ、明日葉は栽培地域が限定されるため栽培量に限りがあり、値段の高い青汁商品になってしまう場合があります。

しかし、原材料の味が悪くてもメーカーの工夫次第では「おいしい青汁」になっている場合もあります。

ただ、この場合は原料の配合や加工方法を工夫しているため、高コストの青汁になりやすいです。このような青汁は安い青汁を「ついで買い」で買ってもらう必要があるドラッグストアやスーパーには置かれにくい傾向があるため、インターネット通販を利用した方が手早く探すことができます。

また、買おうと思っている青汁の口コミを見るのも1つの手です。「この青汁は美味しかった!」「飲み続けられた!」という口コミの多い青汁を買うようにすれば、続けやすい青汁を見つけやすくなります。

加工方法による効果成分の違い

青汁商品の中には加工方法や材料、添加物の有無によって自分が期待している効果を得るための栄養素が含まれていない商品があります。

具体的な例を挙げると以下の通りです。

青汁の栄養素が減ってしまう加工例

  • 美容効果を期待して青汁を飲んでいるのに、飲んでいる青汁が熱加工されて肌をきれいにする際に重要な栄養(例:ビタミンC)が壊れ、摂取できていない
  • 便秘解消効果を期待して青汁を飲んでいるのに、舌触りを良くするため食物繊維を取り除きすぎて効果が薄い
  • ダイエット効果を期待して青汁を飲んでいるのに、代謝をサポートする栄養素のビタミンB群が少ないケールを使った青汁を飲んでいる

期待する効果を得るためにも青汁の栄養価に関わる原材料や、青汁の加工方法、商品やホームページに栄養価が記載されている場合は栄養価をしっかりとチェックしましょう。

ダイエット・健康維持・美容・便秘解消に必要な栄養素と主な青汁の材料であるケール・大麦若葉・明日葉・桑の葉に多い栄養素を載せますので、青汁を選ぶ時の参考にしてください。

ダイエット 食物繊維・ビタミンB1・ビタミンB2・難消化デキストリン(食物繊維の1種)・ビタミンE・ビオチン・パントテン酸・カリウム
健康維持 ビタミン・ミネラル・食物繊維・ポリフェノール・SOD酵素がバランスよく含まれているもの
美容 ビタミンC・ビタミンE・ビタミンA(β-カロテン)・ポリフェノール・ SOD酵素・ビタミンB2・ビタミンB6
便秘解消 食物繊維・乳酸菌・難消化デキストリン

※太文字が特に重要です

ケール β-カロテン・ルテイン(ポリフェノール)・ビタミンC・カルシウム・食物繊維
大麦若葉 SOD酵素・カルシウム・鉄・亜鉛・カリウム・マグネシウム・銅・β-カロテン・ビタミンB1・ビタミンC・食物繊維
明日葉 ビタミンB1・ビタミンB2・カルコン(ポリフェノール)・β-カロテン・ビタミンC・ビタミンE・カルシウム・カリウム・鉄・食物繊維
桑の葉 カルシウム・鉄分・カロテノイド(ポリフェノール)・デキオシノジリマイシン(DNJ:血糖値の上昇を抑える)

せっかく飲むなら、効果がある青汁がいいよね

栄養価のチェックって大切だね

加工方法の種類

青汁は加工方法によって

  • 冷凍タイプ
  • 乾燥タイプ(粉末状で販売)
  • フリーズドライタイプ(粉末状で販売)
  • サプリメントタイプ

に分けられます。

結論おすすめの加工方法は「フリーズドライタイプ」と「サプリメントタイプ」です。栄養素の破壊や損失防ぎ、効率よく摂取することができます。

加工にかかるコストが高い・粉末が溶けにくく粉っぽい・青汁を飲んでいる気がしないなどの欠点はありますが、栄養価を気にするならこの2つの方法で加工されている青汁を選びましょう。

乾燥タイプの青汁は低コストで加工できるため安価な商品が多いのですが、食物繊維や酸化や加熱に強いポリフェノール以外の栄養素が壊れている可能性が高く栄養素を摂取するという点ではあまりおすすめできません。

目的の効果 青汁の加工タイプ
ダイエット フリーズドライタイプ・乾燥タイプ・サプリメントタイプ
健康維持 フリーズドライタイプ・サプリメントタイプ
美容 冷凍タイプ・サプリメントタイプ
便秘解消 フリーズドライタイプ・サプリメントタイプ・乾燥タイプ
低コスト 乾燥タイプ

※太字が最もおすすめのタイプ

ドラッグストアに置いている青汁は低価格のものが多く、確認しておかないと栄養が壊れている可能性の高い乾燥タイプの商品を手にとってしまいがち。

青汁を購入する際はドラッグストアでもインターネット通販でも加工方法をチェックしてから購入しましょう。

産地による違い

価格が高い場合

  • 日本国内で栽培された原材料を使用している
  • 加工を国内で行っている=人件費が高い
  • 明日葉など栽培できる場所が限られている原材料を使用している

価格が安い場合

  • 中国やアメリカなど土地が広い国で機械を使った大規模栽培で作られている
  • 加工も国外で行っている

どちらの産地の原材料を使っていても国の農薬基準や安全性のチェックはしているはずですが、国内生産野菜の信頼・国内野菜へのこだわりを追及するとどうしても高コストの青汁を購入することになってしまいます。

ドラッグストアでは低価格の青汁を置いていることが多いため、高コストの国内産原材料を使用した青汁を購入するならインターネット通販で探した方が見つけやすい傾向があります。

良い効果のある添加物の有無

添加物とは食品の製造過程で食品の加工や保存の目的で食品に添加、混ぜるなどの方法によって使用するもので、日本では食品に味をつけるための調味料なども食品添加物としています。

青汁によく用いられている添加物に「難消化性デキストリン」というものがあります。名前だけを見ると体にあまりいい作用があると思えないかもしれませんが、これはじゃがいもやコーンに含まれる健康成分で、

  • 糖の吸収スピードの遅延作用(食後血糖の上昇抑制作用)
  • 整腸作用
  • 脂肪の吸収スピードの遅延作用(食後中性脂肪の上昇抑制作用)
  • 内臓脂肪の低減作用
  • ミネラルの吸収促進作用

といった健康への効果が認められており(※1)トクホにも認定されている原料です。もともと穀物に含まれているものを抽出して精製するために青汁の生産とは別にコストがかかってきます。

こうした健康に良い添加物などを配合するコストも青汁によってはかかります。ネットで一般消費者の購入価格で比較してみると以下のようになります。ご覧のように4倍ものコストがかかっているのがお分かりになると思います。

  内容量 販売価格 価格/1g
難消化性デキストリン 400g 864円 2.16円
トレハロース 1000q 520円 0.52円

※Amazonの実売価格(2017年6月)を参照
※1出典大塚製薬「食物繊維とは」

広告費の違い

ドラッグストアと通販の青汁ではかかってくる広告費も違ってきます。ドラッグストアで青汁の消費者に訴求する方法としては、店頭での陳列の他にインターネットサイトや折り込みチラシなどを利用する方法が主になります。

店頭やインターネットでは青汁だけに特別な広告費がかかることはありません。また、チラシへの掲載も200点~300点の商品が一枚のチラシに掲載されることがほとんどのため、ドラッグストアの青汁はかかる広告コストが微々たるものであることがわかります。一般的に通常の食品業界の広告費は商品価格の10%程度になります。

しかし、インターネットではそれ以上の広告費が必要になることがあり、ネット通販の青汁の場合、売値に対する広告費の割合は30%ほどと言われています。

例えば「青汁 おすすめ」というキーワードで消費者が検索した時に最初のページに表示させ、商品のリンクを1回クリックさせるためには400円以上の金額が必要になってきます。

また、クリックして商品のページに訪れた全ての人が青汁を購入するわけではありません。仮に3人に1人が購入するとしたら、商品1つにつき1200円もの広告費がかかる計算になります。

実際には「青汁 おすすめ」以外のキーワードでも商品を探す場合が多いので、あくまでも一例ですが、通販の青汁を売るには、多額の広告費がかかることは間違いありません。仮にドラッグストアの青汁の価格を2000円、ネットの青汁を4000円として計算してみると、以下の様になります。

■広告料の比較

  チラシ広告 ネット広告 芸能人を使用した場合
ドラッグストアの青汁 200円(10%) × ×
通販の青汁 × 1200円(30%) 別途150万~300万円(※3)

また、ネット広告では商品の紹介の際に芸能人を起用している場合もありますが、原価にはそのコストもかかります。このように、実店舗があるドラッグストアの青汁と通販の青汁では広告費のコストでも大きく違いがでてくるのです。

国内・海外の生産方法による違い

青汁を販売する会社では国内で生産する場合でも、生産ラインのある工場へ依頼して生産を行うことがあります。生産ラインを借りるメリットは、

  • 工場の用地、器械の設置、人の教育など設備投資の必要がなく、コストを安くすることができる
  • 商品を消費者に届けるまでのスピードが速く、品質も安定したものを製造することができる
  • 生産工程での品質チェックも熟練したスタッフに任せられる


※通信販売の青汁には難消化性デキストリンなどトクホにも用いられる健康効果が認められる添加物が入っていることがあり、この添加物はコスト高の要因にもなります。

ドラッグストアやスーパーの青汁はとても安いよね。やっぱりコストが安い加工や生産方法をとってるか?

市販の青汁が何で安いのか、詳しく見ていこうか

マツモトキヨシや薬局など市販の青汁は何で安いの?

マツモトキヨシや薬局など市販の青汁は何で安いの?
結論お客さんに「ついで買い」してもらうためには安い青汁しか置けないから

ドラッグストアのお客さんは化粧品や洗剤、常備薬、シャンプー、ボディーソープ、トイレットペーパーなど生活に必要な商品を買う目的で入る方がほとんど。青汁を購入しようとドラッグストアに行く方はほぼいません。

日常生活で使う商品や低価格帯の化粧品を購入する予定でドラッグストアに入り、本来買うものより高い青汁を買おうと思うでしょうか?ほとんどの方が買わないと思います。

つまり、ドラッグストアでは高い青汁を置いてもお客さんが買ってくれません。せめて1箱1000円・1杯100円と「ちょっと買ってみようかな?」と思わせる値段でないとドラッグストアの在庫が増えるだけになってしまいます。

このためドラッグストアでは高い青汁は避けて安い青汁商品を選び店頭に並べていることが多く、インターネット通販の青汁平均価格より安い青汁商品が並びやすくなります。

「え、安い青汁だと品質が悪くて効果が薄いのでは?」と思った方、安い青汁=品質が悪い・効果が薄いと安易に考えてはいけません。安い値段には確かに理由がありますが

  • 広告費が安い
  • パッケージにお金をかけていない
  • 原材料を海外で作っている

など品質や栄養価、効果に直結しない理由で安くなっている青汁もあります。

市販商品は良くない、コスモスはドラッグストアの中でも安いものばかり置いているからダメ!とは一概には言えません。

ドラッグストアでよく見るヤクルトの青汁と通販の青汁はどっちが効果が高いの?

ドラッグストアでよく見るヤクルトの青汁と通販の青汁はどっちが効果が高いの?
結論自分の目的に合っていれば、どちらでも問題ない

ヤクルトではヤクルトレディ専用・ヤクルトビューティエンスオンラインショップ専用商品を含め19種類の青汁を販売しており、ほとんどの商品が低価格で購入できます。味にこだわった商品・飲みやすい商品・栄養を添加した商品など品揃えも多く、とりあえず青汁を買ってみようという方にはもってこいのメーカーです。

しかし、自分にあった効果があるかは別です。インターネット通販の青汁の方が効果が高い、ヤクルトの方が効果が高い、ではなく上の表を見つつ自分にあった青汁を選びましょう。

ちょっと注意したいこと

インターネットで青汁を探しているとこの広告は言い過ぎなんじゃ…と思う方もいらっしゃると思いますが、ドラッグストアでも誇張し過ぎた広告が置いている場合があります。流通ニュースではスギ薬局や日本第一製薬の商品が誇張した広告をしているとのことで消費者庁から措置命令が入っているという記事も出ています。

参考 機能性表示食品/葛の花の痩身効果、スギ薬局などに消費者庁が措置命令(2017.11.08)|流通ニュース

ドラッグストアだから安心・高いから安心ではなく栄養や加工方法をチェックしてから購入するということが大切です。

また「薬剤師が作った青汁」など処方箋が受け取れる薬局で青汁が販売されているケースもあります。この場合も栄養価をチェックする、栄養価が記載されていない場合はその場にいる薬剤師に青汁の効果を尋ねるようにしましょう。

ドラッグストアの青汁と通販の青汁のメリット・デメリット 

ドラッグストアの青汁は非常に安い

ドラッグストアの大手A社での人気の青汁と通信販売で人気の青汁を比較しました。1回に飲む量は会社ごとに違いがあったので、1包ごとの値段と1gあたりの値段を算出しました。

※通販の場合は、初回割引などは考慮せず、定価の価格で計算しています。

青汁の価格比較表

ご覧になって分かる通り、1包あたりの価格は通販の青汁は軒並み100円を超える単価になっています。ドラッグストアの商品の場合は20円から30円程度です。原料や生産工程での安全・安心については先程述べた通りです。比較して見ると安全・安心な青汁の価格帯のイメージをつかんで頂けるのではないでしょうか?

通販の方は1箱ごとの購入もできますし、場合によってはお試しセットや初回割引を用意している場合もあり、ドラッグストアで購入するよりも低コストで購入できる場合もあります。

通販の青汁はレビューや生産者など情報が豊富

ドラッグストアで販売している青汁も、通販の青汁も味や効果・効能を事前に試飲などをして体験することができません。青汁は飲むことで、それまでのイメージが覆されることが多い飲み物です。

青汁を飲んだことのない人の「健康に良さそうだけれど、まずそう」という言葉や、青汁体験者の「思っていたよりも飲みやすくておいしい。続けられそう」という感想であったりする意見を見てもそれが分かりますね。

ドラッグストアで販売している青汁商品を直接手に取って商品の重さや箱のデザインを見ることができるので、通販の青汁よりも安心できるイメージがあるかもしれません。しかし、商品の外観を見ても善し悪しの判断材料にはならないのです。

もし、青汁を飲むのが初めてで、周りにも体験した人がいない場合、青汁を購入する良い判断材料となるのがネットでのレビューや口コミサイトです。

通販の青汁は検索すると多くの体験談や口コミを見つけることができ、購入しようと思っている青汁はどの様なものなのかを事前に知ることができます。

ただ、こうした商品の体験談の全てが真実とは限りません。広告費欲しさに書いた記事も一部に存在します。

「体験の写真がしっかりと掲載されていること」や「長期にわたり青汁を試したことが分かる」などを判断基準としていくつかのサイトを見て行くことで役に立つ情報を得ることができるのです。

ドラッグストアでもネットショッピングで購入することができるサイトは各社あり、購入者の口コミも投稿されています。しかし、そのほとんどは「思ったよりも安く買えました」「安いので続けられそうです」など値段を中心にした感想になっています。

逆に言うと安さこそがドラッグストアで青汁を購入する唯一のメリットとも言えるでしょう。

高品質な通販の青汁をドラッグストアの青汁よりも安く買う方法

高品質な通販の青汁をドラッグストアの青汁よりも安く買う方法
結論加工や工夫がされて価格が高い傾向にある通販の青汁を買う場合は初回購入キャンペーンをやっている青汁がおすすめ

例えばファンケルの本搾り青汁ベーシックなら初回限定特別価格780円20日分の青汁を購入することができます。(20日分の内訳:本搾り青汁ベーシック10本入り2袋)
1杯当たりの値段を計算してみるとたったの39円。これなら手軽に試すことができます。
しかも定期購入指定ではないので合わなければこのお試し購入で終了することも可能。
ファンケルの本搾り青汁ベーシック以外でも手軽に試すことのできる青汁初回購入キャンペーンは複数あります。

ただ、初回購入価格が安くても定期購入必須で「〇回目が届くまでは解約NG」というキャンペーンもあります。これでは合わないからと止めると通常購入と同じ価格を支払わなければならず、お得に青汁を試すことにはなりません。
通販の青汁を低価格で試したい場合は定期縛りなし+初回格安のキャンペーンを探しましょう。

ドラッグストアと通販の青汁どっちがおすすめなの?

ドラッグストアと通販の青汁どっちがおすすめなの?

ここまでドラッグストアと通販の青汁について説明して来ましたが、それぞれ一長一短があります。 青汁を選ぶ上で最も重要なことは、「健康になりたい」「便秘や腸内環境の改善を目指したい」「ダイエットのため」など、目的に合った青汁を選ぶことです。

そして、飲む前に自分の目的に合っているかどうか知る手段として、口コミや体験談は有用です。「ダイエット 青汁 体験談」など、目的に合わせて検索し、複数のサイトを見てみましょう。きっと役に立つ情報が見つかるはずです。

また、通販サイトの中にはあ試しセットを2週間無料で試すことのできるものがあり、実質的にはドラッグストアでの購入よりもお得なものもあります。(お試し期間中に気にいらなければ返品可能)

他にも、メーカーのホームページでは青汁の製造方法や検査方法の他、原料となる大麦若葉やケールを栽培している農家の生産者の顔やメッセージ、使用した人の感想などを見ることもできます。

青汁は健康や美容の向上を目指しては日々使うものです、自分の目的に合い、家族や知人にも安心してすすめられるものを選ぶのが一番ではないでしょうか?

一例としてダイエット・健康・便秘に役に立ちそうな青汁をいくつかご紹介します。使用者の声なども合わせて紹介されていますので、安心できる内容かぜひご覧になってみて下さい。

おすすめの人気青汁

■トクホの青汁
大正製薬のトクホ!大麦若葉青汁・・・言わずと知れた製薬大手「大正製薬」のトクホの青汁。効果はお墨付きなので、まず青汁を試してみたいならこれ。初回1,000円だから始めやすい。

■フルーツ青汁
めっちゃたっぷり フルーツ青汁・・・美味しい青汁でダイエットしたいならこれ一択!149種類の酵素配合だけでなく、各美容のカリスマが監修している本格的な美容・ダイエット向け青汁。

■ゼリー(ジュレ)青汁
黒糖抹茶青汁寒天ジュレ・・・青汁に便秘解消・デトックスを求めているのならこの青汁。青汁の中でも最大級の食物繊維含有量と乳酸菌で腸活に最適+ジュレタイプだから持ち運びも楽。

■錠剤(サプリ)青汁
ステラの贅沢青汁・・・どうしても青汁が苦手!という方向けの「粒タイプ」で飲みやすい青汁。30日間返金保証付きだから初めてでも安心。

参考効果が期待できる人気のおすすめ青汁ランキング【2018年版】

※全て送料無料
※全て定期購入縛りなし=いつでも解約可能
※全て原料は国産を使用

購入縛りなしで初回激安だから、初回だけ試してみるのもアリだよ

痩せられたら、続ければいいだけだから気軽だよね

まとめ

まとめ

  • 通販の青汁の方がドラッグストアの青汁よりダイエットや便秘に効果がある
  • 青汁の価格は主に原材料・農薬使用の有無・広告費によって大きく変わる
  • 通販の青汁は「高品質」、「高価格」
  • ドラッグストアの青汁は「低価格」
  • 購入前に青汁のことを知るためには口コミや体験レビューが参考になる
  • 通販・ドラッグストアの青汁共に自分の飲む目的に合わせて選ぶべき

ダイエットや美容、お通じの改善などそれぞれの目的に応じて自分にあった商品を探すことが必要です。価格が安いだけではなく、自分の目的に合っているか、友人や知人、家族などにも自信を持ってすすめることができるかどうかが青汁選びでは一番大切なことです。

-基本知識
-, , ,

Copyright© 青汁の通信簿 , 2018 All Rights Reserved.