ダイエットと青汁

青汁は老廃物のデトックスに効果的?ダイエット効果や病気の予防も?

更新日:

■この記事の内容

  • 医学的に正しいデトックスの知識と方法について
  • デトックスがダイエットになる仕組みと理由について
  • 青汁がデトックス・デトックスダイエットに効果がある仕組みと理由について

青汁でデトックスダイエット

  • 「最近、ぜんぜんお通じがでないし、何をやってもスッキリしない」
  • 「デトックス法はだいたい知っているつもりだけど、上手くできていないかも」
  • 「断食とかやってみたいけど、リバウンドが怖いし、辛そう」

と思っている方は、デトックスを必要としている方です。医学的に正しいデトックスを解説した上で、青汁を利用することでそのデトックス・デトックスダイエット効果を一段と高める方法について解説していきます。

デトックスダイエットとは

私たちは生きていくために呼吸をして酸素を取り入れ、食事を食べることによって生きるために必要なエネルギーを得ています。食事として食べているのは我々の身体にとって無害であり有用な「食べ物」ですが、どれをとっても人間の身体の組成と完全に一致するものはありません。

そのため、直ちに命に被害を及ぼすほどではありませんが、有害な成分も含んでいます。これが「老廃物」と言われるものの正体です。具体的には食品添加物、環境ホルモン、重金属といったものです。さらに、体内で代謝の過程で作り出される活性酸素も身体に有害で、老廃物の1つとされています。これらの老廃物は意識的に排出しなければ、だんだんと身体に溜まっていく一方。そして病院の検査結果に現れない不調、すなわち肩こり、腰痛、目のかすみ、便秘、肌荒れなどの不調を引き起こすのです。

現代を生きる私たちは老廃物がたまりやすい環境にいます。食事に含まれる有害成分だけでなく、生活の多様化によって生活習慣が乱れたり、人間関係のストレスにさらされたり……。

生きていればある程度は老廃物が出るのも仕方のないことですが、私たちの置かれている環境は昔の生活に比べて老廃物が溜まるスピードが早く、普通に生活しているだけでは十分に老廃物が排泄されません。そのため、意識的に効果のあるデトックスをする必要があるのです。

そこで、おすすめしたいのが「デトックスダイエット」です。老廃物を排泄し、身体の中からきれいになる、それがデトックスダイエットの目標です。

デトックスがダイエットになる仕組み

ダイエットをする、ということは端的に言うと、以下を意識的に行うことを指します。

  • カロリーの消費効率を上げること
  • カロリーの摂取を抑えること

よって、デトックスがダイエットになるということはつまり、この2つのことをデトックスをすることで適えられることを意味しています。

整理すると、デトックスによって以下の機能向上・改善が見込めることによってダイエットに繋がります。

デトックスダイエットは主に代謝を上げることで痩せる

  • ミトコンドリアのエネルギー産生能力の向上による基礎代謝UP
  • 細胞機能、新陳代謝が活発になりエネルギーの消費が上がる

これにより、以下の不快症状が緩和されます。

  • 肩こり・・・静脈の血流が改善されるため
  • 腰痛・・・血液の流れが良くなり、血液や筋肉の凝りが緩和されるため
  • 目のかすみ・・・細胞機能が高まるため
  • 便秘・・・腸内環境が整うため
  • むくみ・・・血液やリンパ液の循環が改善されるため

詳しく解説します。老廃物が溜まった状態は、ミトコンドリアのエネルギー産生機能、細胞機能、新陳代謝を弱めてしまいます。そこで、デトックスをすると、身体の中が掃除され、ミトコンドリア機能、細胞機能、新陳代謝が活発になり、肩こり、腰痛、目のかすみといった不快症状が緩和されるのです。

特に、デトックスによって便秘が解消されると老廃物が便に含まれて排泄されやすくなりますので、基礎代謝が上がります。基礎代謝が上がることでエネルギーの消費が上がりますので、ダイエット効果が期待できるのです。さらに、デトックスをすると血液やリンパ液の循環もよくなるので、むくみの解消が期待できます。女性に多い下半身の水太りの人などはむくみが解消されただけでも、ずいぶんと体重が減少するのを実感できるはずです。

とくに、女性に多い下半身の水太りの人などは、むくみが解消されただけで、かなり体重が減少するのを実感できると思います。

デトックスダイエットの効果

効果が最初に現れやすいのは便通のよさでしょう。効果の出る順番を示すと

  1. 便通がよくなる
  2. 腸内の老廃物が取り除かれる
  3. 血液中の老廃物が取り除かれる
  4. 血液やリンパ液の流れがよくなる
  5. 身体の不調が緩和される

という感じになります。

ただし、この順番は「便通がよくなった」と実感してから「腸内の老廃物が取り除かれる」というようなステップアップではなく、川の流れのように順次、起こっていきます。一方で、人間は2ヶ所以上の不快部位があった場合でも、一番、不快症状の強い1ヶ所のみの不快を訴えることが多いのです。

例えば「肩こり」を訴える人は腰痛を一緒に抱えていることがほとんどなのですが、肩こりの痛みが強いため、腰痛のほうはあまり感じず、肩こりのみを訴えるのです。そのため、肩こりのためデトックスを始めた人は、便通がよくなっても肩こりが治っていないのでデトックス効果があったと感じられないかもしれません。

しかし、デトックスの効果は薬のように劇的に出るものではありません。しかし、ゆっくりですが確実に出ます。時間をかけて蓄積した老廃物を排泄するには、時間がかかるものです。焦らず何度もデトックスを繰り返すことが必要です。

デトックスの必要性

デトックスが必要なのは、体内に老廃物が溜まるよりも早く老廃物を排出することが自然にできないからです。

老廃物は呼吸や食事をする上で知らず知らずのうちに溜まっていき、以下のような負のサイクルを招いてしまうのです。

♦老廃物が蓄積することで起きる負のサイクル

  1. 細胞の代謝サイクルの低下
  2. 内臓細胞の代謝(入れ替わり・再生)の低下
  3. 内臓機能の低下
  4. 老廃物の排出機能の低下
  5. さらに細胞の代謝サイクルが低下し、様々な病気や症状を悪化させる

内臓が古い細胞のままだと内臓は疲れきってしまい、老廃物を排出する能力が低下し、より老廃物が溜まりやすくなってしまいます。老廃物が溜まりに溜まってしまうと、内臓は老廃物に圧迫されたような状態に陥ってしまい、身体の不調を引き起こし、ひいてはメタボや生活習慣病につながっていくのです。

それゆえ、意識的に排泄する習慣を身につける必要があります。

一般的なデトックスダイエット法のメリット・デメリット

一口にデトックスといっても、いろいろな方法があります。代表的なものを見てみましょう。

プチ断食デトックス

お寺などの修行のように合宿でダイエットする方法もありますが、お家でも手軽にできるのは「週末1日プチ断食」。丸1日、水分以外、何も摂らずに過ごします。この際、水分として「白湯」のみしか許されないという方法と、「砂糖水」だけはダメとする方法があります。いずれの方法も「固形物を摂ってはいけない」というのがルールです。

身体に負担をかけない方法としては、断食の前日は通常よりも食事量を減らし、消化のよいものを食べるように心がけ、1日断食をしたあとは、胃が完全に休息モードになっていますから、やわらかいお粥などから食べ始めるようにします。プチ断食ダイエットの初心者さんには3日間のプチ断食ダイエットからはじめることをおすすめします。

野菜スープデトックス

野菜スープを使ったデトックスです。代謝アップが望める6種類の野菜(キャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、にんじん)を昆布、カツオ、鶏がらのミックス出汁で煮て、塩こしょうで味を整えたもの。

食物繊維が豊富に含まれているのでお通じがよくなるといわれています。食事の前に飲み、その次に食べるのは肉・魚以外の料理とし、炭水化物を含むパンや米などを控えめにしましょう。

生理周期デトックス

生理中は精神的にブルーになるなど、女性にとっては負担のかかる時期です。しかし、体内の老廃物を古い血液と一緒に排泄するチャンスです!生理中は湯船に浸かることを控えている人も多いと思いますが、生理周期デトックスには身体を温めることが非常に重要。家族の最後に入浴するなど、湯が汚れても構わない状況を作り、半身浴などで身体を温めましょう。

難しい場合は足湯だけでもOKです。食事は肝臓の働きをよくするタウリンと亜鉛を多く含む牡蠣、しじみ、ホタテ、いか、タコなどがデトックス効果を上げてくれるため、生理周期デトックスの際の食べ物としておすすめです。

デトックスダイエットの注意点

デトックスダイエットには注意すべき点があります。デトックスは日本語で「解毒」のこと。正しい方法で実施すればダイエット効果だけでなく、健康にもよいことがわかっています。

プチ断食ダイエットは即効性がありますが、それ以外のスープを摂る方法や生理周期を利用した方法は必ずしも即効性があるとは限りません。最低でも1週間程度は続けてみるようにして下さい。

青汁の通信簿_青汁ランキング
効果が期待できる人気のおすすめ青汁ランキング【2017年版】

1000 件以上の体験レビュー・口コミ情報をもとに人気の 青汁を徹底比較! はじめに 青汁選びで 1 番重要なのは、自分の目的に合わせて選ぶこと。味はもちろん、効果・効能や原料、成分もメーカー ...

続きを見る

デトックスダイエットを成功させるために注意すべきこと

デトックスを成功させるためには、さまざまな点に注意しなければなりません。どの方法でデトックスするにしても、共通の成功法則があります。

  • 腸内環境を整え、デトックスのための下地を作る
  • デトックスのために摂りたい栄養素はしっかり摂り、妨げる栄養素は避ける
  • 生活習慣に気を付け、ストレスを溜めないようにする

などです。具体的に1つずつ、確認していきましょう。

腸内環境を整える

デトックスを成功させるためには、まず「腸内環境」を整えることが大切です。腸内環境がよくないと、食べ物に含まれている不必要な栄養素や有害成分などを吸収しやすくなってしまいます。

また、老廃物を排泄するのは、5箇所。「尿(20%)」「便(75%)」「髪(1%)」「汗(3%)」「爪(1%)」と言われており、便での老廃物の排泄が最も多いのです。そのため、デトックスを成功させるためには、便秘解消、すなわち腸内環境を整えることが不可欠です。

デトックスを促す栄養素・妨げる栄養素

デトックスを促す栄養素は主に「食物繊維」「ビタミン」「良質のミネラル」です。

食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。不溶性の食物繊維はゴボウやレンコンなど野菜の繊維質の部分で、水溶性の食物繊維は、オクラなどのネバネバした部分が代表的です。

不溶性食物繊維は体内の消化酵素で消化することができないため、消化されないまま腸内を移動していきます。これが腸内の掃除をするだけでなく、食べ物のかさましの役割をするため、腸内をすばやく移動していきます。さらに、不溶性の食物繊維は便のかさましとなるため、便通コントロールがよくなります。そのため、腸内での不必要な滞空時間が少なくなるため、吸収する栄養素も最も必要なものから順に取り込むことになるため、老廃物の原因になる有害ミネラルなどを吸収しないまま便として排泄されていくのです。

水溶性食物繊維は腸内細菌である善玉菌のエサとなります。善玉菌が優勢になり、日和見菌が善玉菌の側につくと、腸内環境は非常に良好になります。腸内環境が整うと、腸の動きも今まで以上にスムーズになり、必要な栄養素だけを吸収できるようになるので、デトックスの効果が上がりやすくなります。

この状態になったところで「ビタミン」「良質なミネラル」などの栄養素を補うと、身体がよりきれいになります。

「ビタミン」や「良質なミネラル」は食べ物の栄養素である「炭水化物」「たんぱく質」「脂質」からエネルギーを作り出したり、身体の成分を作り出す際の「潤滑油」となるものです。ビタミンやミネラルがないと、「代謝」が活発に行われないため、エネルギー源となる「炭水化物」「たんぱく質」「脂質」は体脂肪として蓄積されてしまいます。これではデトックスの効果は半減。必ず、ビタミンと良質なミネラルを意識して摂るようにして下さい。

生活習慣やストレス

身体に老廃物が溜まるのは、食べ物だけが原因ではありません。生活習慣の乱れやストレスも原因となる場合があります。

例えば、残業続きで睡眠時間が極端に短いといったとき、身体は疲れているのに仕事は溜まっているので会社に行かなければならないし、ストレスが溜まるといった悪循環が起こります。このように生活習慣の乱れやストレスは、身体の中で活性酸素などの老廃物を異常なスピードで作りだしてしまうため、せっかくデトックスをしても効果が減ってしまうのです。

デトックスの正しい期間

生きている限り、老廃物は常に溜まっていきます。食べ物を食べずに生きていくことはできませんし、どのような生活をしていたとしても多少は生活習慣の乱れやストレスなどがあるものです。断食デトックスのように集中してデトックスを行う場合には、老廃物を一掃できるので、1日のみの短期間(準備日・当日・リカバー日の3日間がよいとされる説もあります)でOKです。

しかし、断食ダイエットはつらいという人も少なからずいます。そういった場合、野菜スープデトックスなどのような縛りが緩い方法でデトックスすることになると思います。この方法のデトックスは即効性がありませんが、身体に負担をかけにくい方法なのでこちらをおすすめします。緩い方法でのデトックスでも徐々にデトックスされていきます。ただし、最低でも1週間は続けるようにして下さい。時間はかかりますが、短期間のデトックスよりも代謝が上がるのでデトックス効果は高いと言われています。

青汁はデトックスダイエットの効果を上げる

このようにデトックスダイエットは緩い方法を用いるのがおすすめです。

デトックスダイエットでは食べ物の質を変えたり量をコントロールするなど、通常の食生活とはかなり異なっていると思います。特に量のコントロールは「減らす」ことがメインになるため「食べられない」というストレスが老廃物を作り出してしまうという悪循環を引き起こしかねません。

そこで、デトックスダイエットをする際には、青汁を取り入れることをオススメします。

何で青汁がデトックスの効果を高めてくれるの?

青汁の成分は、ケールなどの緑黄色野菜を絞った汁のことです。健康飲料として人気が高く、総コレステロール・LDLコレステロールが低下する、ガンやウイルスを殺す作用があると言われるナチュラルキラー細胞が増加するなどさまざまな効果が知られています。特に、ナチュラルキラー細胞の増加はデトックスできれいになった身体の免疫力を高めてくれる効果があるため、デトックスのお供に青汁が最適なのです。

さらに青汁の成分は、緑黄色野菜を絞った汁ですから、カロリーも低く、ダイエットに最適な上、デトックスに必要な「食物繊維」「ビタミン」「良質のミネラル」の3つの栄養素をバランスよく含んでいます。青汁であればスティック状の粉末で販売されている商品が多いので、外出先に野菜スープを持っていくことが困難な場合でも、自分のライフスタイルに合った商品を選べば手軽に無理なくデトックスができるのです。

青汁でデトックスダイエットはどうやるの?

青汁が一般的なデトックスのお供になるのであれば、青汁自体でデトックスはできないか?と考える人もいるでしょう。青汁は野菜が主成分ですから、青汁を使ったデトックスもできます。

青汁でのデトックスは、基本的には断食デトックスのように「やるぞ!」と決めて、そのための日にちを設ける必要がありません。市販のものを使えば野菜スープデトックスのように野菜を煮る手間もありませんし、1回分ずつ個包装になっていますので持ち運びに不便といったこともありません。

いつでも青汁を持ち歩き、気になったときに湯や牛乳などに溶かして飲むだけです。非常に便利です。野菜スープデトックスのように「スープがなくなったから忙しいけど作らなきゃ!」などと焦る必要もありません。好きな時間にデトックスできるので、イライラしてストレスが溜まることもありません。

青汁でデトックスするとお得なことは?

まず、最初にあげられるメリットは粉末にした青汁が個包装で販売されているので、持ち歩きに便利。どこでも手軽に好きな時間にデトックスできることが最大のメリットと言えます。

さらには、混ぜる飲物を牛乳、白湯など変化させることによって、味を変えることができるので、飽きずに続けることができます。また、デトックスに必要な栄養素もバランスよく含まれているためデトックス効果も高いことが特徴です。

そして何より青汁でデトックスダイエットをおすすめする理由は以下となっています。

青汁でデトックスダイエットをおすすめする理由は、青汁デトックスを断食デトックスと組み合わせることで即効性のあるデトックスダイエットになることです。また、断食中にも摂取すべき栄養素をモレなく摂れるということ。

プチ断食ダイエットは「白湯のみ」という厳しいやり方もありますが、白湯のみで1日過ごすと、代謝に必要なビタミンやミネラルの不足が起こり、逆にデトックス効果が下がってしまいます。適度なビタミンやミネラルの補給には青汁が手軽で便利。

ぜひ、次回のプチ断食デトックスの際には、青汁をお供にしてみてください。

まとめ:青汁はデトックスダイエットの効果が期待できる

以上のように、青汁のデトックス効果はバッチリ!です。とくに、青汁は野菜が主原料なので、野菜不足になりがちな肉を好んで食べる人に特に効果が高い方法だと言われています。

断食デトックスする時間がない場合でも手軽にできるのが青汁デトックスダイエットです。青汁を使って簡単に上手にデトックスしながら痩せ、健康で快適な生活を送りましょう。

青汁の通信簿では厳格な基準で選んだ効果が期待できる本当におすすめの青汁だけを紹介しています。青汁でデトックスダイエットをする場合は、安心安全で、目的に合った最適な青汁を選びましょう。

-ダイエットと青汁
-, , , ,

Copyright© 青汁の通信簿 , 2017 All Rights Reserved.