疑問・注意・悩み

青汁の放射能汚染は大丈夫?放射能の知識や検査の方法までの調査

更新日:

青汁と放射能に関するクレイアート

青汁に限らず放射能というと全食品・飲料に関係し、気になるところです。特に健康食品・健康飲料となると余計に気になりますよね。

そこで安心して青汁を飲んでいただけるために放射能と青汁に関する事柄を詳細に解説していきます。

なぜ放射能が問題なの?そもそも放射能って?

福島原発事故以来、何かと放射能と騒がれていますが、いったい放射能とは、どういったものなのかを説明します。一般的に放射能とは「放射性物質」そのものや、放射性物質から照射される「放射線」のことをいいます。

簡単に言うと放射線は光の仲間で、紫外線や赤外線の様なものと思ってください。もっと分かりやすく例えると、照明の電球そのものが放射性物質で、電球が光を出す能力が放射能で、光が放射線です。

しかし、光というのは例えで、実際には放射線は太陽、大地、大気などの自然からも放出されているものです。それらを「自然放射線」といいます。また医療で使われるレントゲンやCTスキャンや原子力発電所で使われる放射線を「人口放射線」といいます。

福島原発事故で問題となった人口放射線を放つ放射線物質が「セシウム」という物でした。それら放射能・放射線の量を現す単位を「ベクレル」と「シーベルト」といいます。このベクレルとシーベルトの単位の違いはベクレルは放射能の強さであり、シーベルトは人が受ける放射線量として使い分けされています。

放射能は危険?大丈夫?線引き基準値は?

私たちにとって、放射能はさほど有害なものではありませんでした。もともと自然の中に存在している物でもあり、医療でも使われる物でもあるので、完全に避けられる物ではありません。しかし、問題なのは原発事故などで放出された非自然的な放射能とその量です。

放射能は多く浴びる、または摂取すると、とても有害なものとなります。それではどのぐらいの量が有害になるかというと、年間100ミリシーベルトを超えると人体に影響があると言われています。分かりにくいかもしれませんが、例を1つあげると普通のレントゲン検査が約1.5ミリシーベルトです。そう考えると100ミリシーベルトはかなり高い数値だといえます。

しかし、放射能はある程度蓄積される事や微量ながら常に自然や食べ物から体内に取り入れられていることを考えると、いかにして食品や飲料からの被爆線量を少なくするかが重要となります。

放射能を取り込むとどうなるの?どれくらい危険なの?

放射能が人に与える影響には外部被爆と内部被爆とがあり、その名の通り外部から受けるか飲食などを摂取して内部から受けるかです。

そして放射能による健康障害を放射線障害と言います。実際に放射能を取り込むとどうなるかと言うと、放射能は人体のDNAを傷つけます。それによって体調不良、病気、ガンになりやすくなることや、妊婦さんの胎児への影響、育児中の授乳に大きく影響を及ぼすことが懸念されています。

このことから外部被爆より直接体内に放射能を入れる内部被爆の方が危険性が高いと言えます。福島原発事故により放射能を発生するセシウム等の有害物質が飛散したことで、ただちに影響がないとしても、食品による内部被爆が今もなお懸念されています。放射能物質は何十年となっても消えることがないからです。

食品の放射能汚染は大丈夫?青汁は?どうやって出回っているの?

健康に関わる食品が安全に作られ流通しているか知ることは私たちにとって、とても大事なことです。知ることによって健康を保てると言っても過言ではありません。ですのでここでは食品の流通について詳しく解説していきましょう。

厚労省が示す放射線量の基準値は?

国民の放射能摂取について当然、厚労省は食品衛生法に基づく「暫定規制値」を設定しています。それは一般食品100ベクレル。乳児用食品50ベクレル。牛乳50ベクレル。飲料水10ベクレル。といった、4つの区分で設定されています。これは人が年間摂取する放射能を1ミリシーベルトとして設定されています。それを都道府県等が検査を行わせ基準値内の食品を流通させています。

この法律は福島原発事故後に制定されたものです。それまでは食品に対する放射能汚染を規制する法律がありませんでした。この基準値はあくまでも厚生省が「ただちに影響がない」基準値として定めているものであり、人によって解釈は異なります。

検査方法は?放射能検査って義務なの?

放射能検査は法律上義務とされています。それは各都道府県に託され検査結果を提出するよう義務付けられています。しかし実際に食品に含まれる放射能を正確に調べる装置は機械が大型で高額、そして1度に大量に調べることができず普及困難であるため厚労省が具体的に示したのが低価格の放射能測定器を使ったスクリーニング法というものです。この方法は放射能を正確に測ることを目的とせず、基準値よりも低いかどうかを判定する方法です。

精度が低い測定器では測るたび放射能値が変動してしまいます。そこで物理学的観点や統計学観点からこれは基準値以下であると判定する方法をとっています。そのため実際に流通可能な基準値より少し低めで判定されることも多いようです。

市場に流通可能な基準値は?

流通可能な基準値は厚労省が定めている基準値以下であれば流通を認められています。一般食品100ベクレル。乳児用食品50ベクレル。牛乳50ベクレル。飲料水10ベクレル。と定められています。これはWHO(世界保健機関)が示している飲料水の基準値10ベクレルをそのまま基準にして厚労省が定めたものです。

しかし、飲料水10ベクレルに対しその5倍、10倍で他の飲食物が大丈夫だという数値はそれで本当に良いのかが疑問視するところです。とにかく放射能は体に取り込まない方が良いのは確かなので、本当に安心であるかという目で飲食物を見るのは大切だと思います。

すべての商品が大丈夫なの?例外は?

厚労省が放射能測定を義務づけているのは、農産物や水産物や飲料水といった加工物になる前の原料に対してのみ義務づけています。ですので、青汁も含め飲食加工品・商品に対しては義務づけていないのが現実です。

しかし、その定義もあやふやでお茶などは飲料水とみなされ、検査が義務づけられ、青汁は飲食加工品・商品とみなされ義務づけられていないというのも不自然に思うところです。そして最近では聞きませんが義務を無視して放射能が検出されたというニュースは沢山ありました。だからこそ、私たちはしっかりと自分の健康を守る知識で見極めることが必要だと思います。

青汁の放射能の自主検査を行っているメーカーは?

国産メーカーの多くは自主検査を行っています。商品に明記されている物もあれば、ない物もありますので、オススメするのは自分が気になる青汁メーカーもしくは販売しているところに問い合わせすることです。しっかり丁寧に答えてくれますので確認することをオススメします。

青汁の自主検査ってどうやってやっているの?

放射能値を測れる専用の測定器で測定しています。製造工程中の機械に測定器を付けている場合と手持ち測定器でする場合とその両方を使っている場合があります。どれにしても「自主検査をやっている=安全」と言えます。その理由は商品になる原料自体が法によってクリアしている後に再度検査をするという二重チェックをしているからです。

青汁の検査はいつやっているの?栽培中?加工中?包装時?

基本的に原料となる物はメーカーに行くまでに義務づけられている基準値をクリアしてなければなりません。なので栽培中も気をくばられた原料がメーカーに届きます。その後、加工中・加工後に検査しています。そして包装後に検査され、私たちに届きます。

しかし、それは理想的であってメーカーによって検査の仕方やタイミングや回数は異なります。大事なのは私たちが自主検査をやっているか確実に知る事が1番の安心に繋がります。

青汁選びのポイントは?原価を下げるために色々な菜を混ぜてるの?

各メーカーで主となる原料(菜)を定め、栄養面、飲みやすさを考慮し作られています。代表的な主となる原料として明日菜・ケール・大麦若葉が多いです。これら主となる原料を100%使い加工過程で飲みやすくしている原料1つで作られる青汁と、主となる原料に他の原料等を混ぜ、より飲みやすく用途を考慮しながら作られる青汁があります。

原価を下げるために色々混ぜているわけではありません。しかし、あまりに多くの原料・材料を混ぜている青汁はオススメできません。その理由は効能を多用途にしようとしているだけで、自分が1番求めている効能を弱めることがあるからです。

結局、青汁は何を見て選べばいいの?国産なら本当に大丈夫なの?

国産だからといって、その全てが良いとは言い切れません。放射能に関していうと、原料となる菜の産地は各地域の原子力発電所より離れていればいるほど安全性は高いと言えます。現在、日本にある原子力発電所の一覧はネットで見ることができます。ですので、しっかり産地が明記された物を選ぶことをオススメします。ただ「国産の菜を使用しています」だけの明記では安全とは言い切れません。

産地、原料、安全性を明確に明記している物を選ぶことです。そして、それに加え大切な事はその商品がどういう効能をもっているか、自分が望む効能にあっているかという事が大切になります。青汁といってもそれぞれに特徴・効能の違いがあるので、詳しく商品を見て選びましょう。

チェック
青汁の産地はもちろん、国産・外国産の違い、有機栽培の詳しいことは下記にまとめましたので、確認しましょう
>>青汁の産地情報や国産と外国産の比較

葉による違いや差は?

葉の種類によって内包している放射線量などに違いはほぼ見られませんが、一般的に青汁に使われる主な原料は明日葉、大麦若葉、ケール、クマザサ、桑の葉の5つの菜が多いです。理由はそれぞれ栄養素が高く豊富であるからです。それでも、それぞれの葉によって栄養素も効能も違い特徴があります。青汁を選ぶ際にぜひ知っておきたい事なので説明します。

明日葉・・・今日、葉を摘んでも明日にはもう芽が出ているというとても強い生命力から明日葉と名前が付けられたというほど栄養素の量と高さが最も優れている菜です。その栄養素の主な成分はビタミンB郡・ビタミンA、C、E、K・カリウム・カロテン・ナイアシン・マンガン・ナトリウム・パントテン酸・銅・亜鉛・カルコン・食物繊維等です。これら栄養素がケールや大麦若葉などよりも高く優れています。主な効能は美容・ダイエット・血圧低下・血流改善・老化防止・ガン防止・便秘改善等です。飲みやすさも明日葉の特徴です。

大麦若葉・・・その名前の通り若葉のままの大麦のことです。その栄養素の主な成分はビタミンB郡・ビタミンA、C・カリウム・マグネシウム・ミネラル・食物繊維等です。主な効能は血流改善・新陳代謝の向上・便秘改善等です クセのない飲みやすさが特徴です。

チェック
大麦若葉は様々な効果・効能が期待できる原料です。ぜひ詳しく理解されることをおすすめします。
>>大麦若葉の青汁の効果効能の解説

ケール・・・青汁を有名にしたキャベツの原種といわれています。その栄養素の主な成分はビタミンB郡・ビタミンC、E・カロテン・マグネシウム・ルテイン・クロロフィル・食物繊維等です。主な効能は美容・ダイエット・血糖値改善・便秘改善等です。独特の青臭さや苦味があり、飲みにくいので色々な加工をされているのが特徴です。

チェック
野菜の王様ケールについてより詳しく知りたい方は下記を参照してください
>>ケールの効果・効能や注意点など全解説

クマザサ・・・葉の外側に隈取りがある笹です。このクマザサは色々な同じような種類があって総称として言われることもあります。その栄養素の主な成分はビタミン類・アミノ酸7種・食物繊維等です。主な効能は口臭、体臭予防・美容・便秘改善等です。ケールほどではありませんが多少飲みにくく、加工されているのが特徴です。

桑の葉・・・漢方薬の原料として有名な菜です。その栄養素の主な成分はビタミンB郡・ビタミンA、C・カルシウム・カリウム・鉄分・食物繊維等です。主な効能は血糖値改善・ダイエット・便秘改善等です。やや飲みにくいのが特徴です。

上記にあげた菜の成分・効能は一般的に言われる主な事柄です。このように原料となる菜はそれぞれの特徴を持っています。選ぶ際には自分が何を求めているかで決めるとよいでしょう。そして、即効性が高いわけではないので持続性も考えて選ぶことをオススメします。

まとめ:放射能と青汁、おすすめの青汁

多くの方が懸念されている放射能問題ですが、ここではかなり詳細に論じてきたため、いったん簡潔にまとめます。

  • 放射能は放射性物質そのものと、そこから照射される放射線のことを指します
  • 放射性物質「セシウム」の強さを示すベクレルは放射能の強さを表し、シーベルトは人が受ける放射線量を表しています
  • 年間100ミリシーベルトを越えると人体に影響があるとされています
  • 被爆線量を少なくするには、普段の食品や飲料からの被爆線量をいかに少なくするかが重要です
  • 市場の食品は厚労省が示す基準値以下のもののみ流通が許可されており、厳格な検査が義務付けられています
  • 青汁のメーカーの多くは原料~加工において自主検査を行っており、品質は徹底管理されています

放射能関連でオススメする青汁商品は明日葉を使った青汁商品をおすすめします。

その理由としては明日葉に含まれる成分にあります。放射能が体内に取り込まれるのを防ぐ栄養素の中にカリウムがあります。明日葉にはそのカリウムがとても多くふくまれているからです。

カリウムは他の食材にもよくありますが、調理し熱を加えると軽減する特徴があるので、そのまま飲める青汁はカリウムを摂取するのに最適といえます。そして、ビタミン類も放射能がもつDNAを傷つける性質に対して身代わりになってくれるというデータがあります。

明日葉はビタミンの多さも際立って多く高いです。そして、放射能物質を体から排出させられる栄養素がミネラルです。そのミネラルの中でも特に良いとされているのが鉄分と亜鉛です。鉄分と亜鉛は放射能物質を排出する能力を高める効果があります。また、鉄分の吸収を促進させる銅も多く含まれています。

青汁の通信簿では明日葉の青汁はもちろん、厳格な基準で選んだ効果が期待できる本当におすすめの青汁だけを紹介しています。安心安全で、目的に合った最適な青汁を選びましょう。

-疑問・注意・悩み
-, , , , , ,

Copyright© 青汁の通信簿 , 2017 All Rights Reserved.