基本知識

乳酸菌は青汁と一緒に摂ると死活せず腸に届きやすい!腸活には乳酸菌入り青汁が絶対おすすめ!

更新日:

最近では青汁に乳酸菌を配合されているものも数多く販売されています。普通の青汁と乳酸菌が加えられた青汁ではどのような違いがあるのでしょうか。今回の記事では、

  • 乳酸菌は実は全然摂れていないし足りていないという現実
  • 乳酸菌と青汁を一緒に摂ることのメリット
  • おすすめの乳酸菌入り青汁の紹介

について触れていきます。

乳酸菌のスゴイ効果

乳酸菌の効果 乳酸菌とは糖を分解して大量の乳酸を作りだす微生物のことを指します。よく耳にするビフィズス菌なども乳酸菌の一種です。人間や動物の体内の他、チーズやヨーグルトなどの乳製品や味噌や漬物などの発酵食品にも存在している菌です。

乳酸菌入りの青汁などに含まれるこの乳酸菌には悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境を整える働きがあります。また、便秘の改善や免疫力のアップなどの効果が期待できます。

腸内の3種類の常在菌

人間の腸内には多くの細菌が住みついています。これを「常在菌」と言いますが、体に良い働きをするもの(=善玉菌)とそうでないもの(=悪玉菌)、その他に有害でも無害でもない菌(=日和見菌)の3つに分けることができます。

この常在菌の住みついている腸内の環境のことを「腸内フローラ」と呼びます。腸内フローラでは善玉菌が多くいることが腸内を健康に保つために重要になります。善玉菌と悪玉菌、日和見菌の理想的な割合は2:1:7が理想であると言われています。

しかし、寝不足や不規則な生活によって自律神経やホルモンバランスが乱れることや、栄養の偏った食生活・脂質の多い食事などにより、悪玉菌の比率が増え腸内のバランスが崩れてしまうことがあります。乳酸菌を体に取り入れることで、腸内の善玉菌を増やし健康増進を期待できるのです。

腸内環境改善によって栄養も摂取しやすくなる

腸内細菌はさまざまな働きをしますが、その一つに消化・吸収を補助する役割があります。

乳酸菌の働きで腸内の環境が改善され、腸の働きが活発化することにより、日々の食事から摂取する栄養成分が効率良く体内に取り込まれることが期待できます。

一例をあげると体に摂取した食物繊維は私達の体は消化することができません。乳酸菌などの腸内細菌が分解・発酵をすることで吸収できる状態になるのです。

もちろん、体に必要な栄養素は規則正しくとることが必要です。せっかく食べたものは効率良く吸収された方が良いのは言うまでもありません。

乳酸菌の活動を強めるには腸内を弱酸性に保つことが大事

乳酸菌と弱酸性の腸内環境

乳酸菌と体の関係で大切なことがあります。酸性やアルカリ性という言葉をご存知でしょうか。Ph(ペーハー)値などと呼ばれ、学校の授業で習った人も多いかもしれません。ペーハーとはアルカリ性や酸性の度合いを示す数値のことです。乳酸菌が体の中で活動をする際に大切なのがこうした腸内のPh値です。

人間の体は場所により酸性寄りの場所とアルカリ性寄りの場所があり、それぞれの値が健康を保つために重要な役割をしています。例えば血液であれば、弱アルカリ性であることが必要ですし、肌は弱酸性であることで良いコンディションを保つことができます。

仮に体全体がアルカリ性に傾いても、逆に酸性に傾いても体調を万全に保つことができなくなるのです。

同じ様に腸内環境も弱酸性であることが健康を保つために必要なことになります。というのも腸内の善玉菌は糖を発酵・分解して乳酸を発生させます。善玉菌は酸性の環境で活動が活発になり、反対に悪玉菌はアルカリ性の環境で活動が活発になるので、腸内の環境は弱酸性であることが望ましいのです。

乳酸菌の発酵作用により、腸内の環境を善玉菌が活動しやすい弱酸性の環境にすることができるのです。

乳酸菌って1日にどれ位とればいいの?

乳酸菌の摂取推奨量 では、1日に必要な乳酸菌の量に決まりはあるのでしょうか?ここでは一例としてヨーグルトについて見てみましょう。農林水産省では乳製品に必要な乳酸菌の量や1日に摂取する乳製品の推奨量を規定して発表しています。そうした数値から1日の摂取量を計算することができます。

乳製品、国の基準

農林水産省の定めた法令の一つに「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令」というものがあります。これは「乳等省令」とも呼ばれ、牛乳や乳製品、牛乳を原料とする食品について製造方法や成分についての基準を定めたものです。

この省令の中でヨーグルトに含まれる乳酸菌の数について「乳酸菌量1mlあたりの乳酸菌数または酵母数が1000万以上」と定められており、これがヨーグルトを製造する際の乳酸菌の必要数になります。

乳酸菌、一日の摂取量は?

そして、同じく農水省の定めた「食事バランスガイド」によると、1日に摂取すべき乳製品の量としてヨーグルトにして最低2パックが推奨されています。

ヨーグルト1パックはおおよそ130g (=ほぼ130mlに相当します)ですので、1000万個/1ml×130×2で260億個もの乳酸菌を毎日とることが必要だと分かりますね。(※1)

※参考:平成26年 乳及び乳製品の成分規格等に関する省令における 発酵乳の規格基準等の見直しについて

実は乳酸菌は9割が死活し、充分に摂れていない

しかし、ここで一つ注意したいことがあります。それは、1日に摂取すべき推奨量を摂っても、その全てが腸に届くわけではない…ということです。体内に摂取した乳酸菌は胃の中の胃酸によって9割ほどが死活するため、腸に届く割合は1割程度になるのです。

では、9割もの乳酸菌が腸に届くまでに死活してしまうならば、ヨーグルトを5パックも10パックも食べないといけないのでしょうか?さすがに1日にそんな量のヨーグルトは食べられませんよね。

そこで役に立つのが乳酸菌が配合された青汁を毎日摂取することなのです。

乳酸菌と青汁を一緒に摂るメリット

乳酸菌入り青汁のメリット乳酸菌を体に効率的に取り入れるためには、「乳酸菌の量」の他にも「乳酸菌の質」や「乳酸菌と一緒にとる栄養素」について考える必要があります。

乳製品の乳酸菌と青汁の乳酸菌は効果が違う

  ヨーグルト(1食130g) 青汁A(1杯分) 青汁B(1杯分)
乳酸菌数 13億個 120億個 100億個

乳酸菌が含まれる量をヨーグルトと乳酸菌入りの青汁で比較してみると、乳酸菌入りの青汁1杯分に含まれる乳酸菌の量はヨーグルトの7倍~10倍であることが分かります。

また、それに加えて実はヨーグルトの乳酸菌と乳酸菌入りの青汁に含まれる乳酸菌には大きな違いがあります。それは「植物性の乳酸菌」と「動物性の乳酸菌」という違いです。動物性の乳酸菌はヨーグルトや牛乳、チーズなどの乳製品に含まれています。

一方、植物性の乳酸菌は納豆や味噌、しょうゆなど日本に古くからある発酵食品に多く含まれています。同じ乳酸菌ですが、育つ環境や菌の強さには下記のように大きな違いがあります。

  動物性乳酸菌 植物性乳酸菌
周囲の栄養 豊富 少ない
育つ環境 安定している 不安定
環境への適応力 弱い 強い

参考:サントリーウェルネスオンライン

以上の様に体内に取り込まれた際の細菌や胃酸といった厳しい環境にも比較的強いのが植物性の乳酸菌の特徴です。また、穀物や植物から得られる糖分で生きることができる植物性乳酸菌は青汁と非常に相性の良い乳酸菌であるとも言えます。

つまり、植物性の乳酸菌配合された青汁を摂取することで、ヨーグルトなどよりも、効率良く乳酸菌を体に取り入れることができるのです。

青汁の食物繊維やオリゴ糖で乳酸菌が腸までしっかり届く

動物性の乳酸菌よりも腸に届きやすい植物性乳酸菌を有する青汁の乳酸菌をより活発化させるためには、オリゴ糖や食物繊維などの栄養素を一緒に摂ることが推奨されています。

なぜなら、乳酸菌は糖を分解して乳酸を作りだし、腸内を酸性にします。そのために必要になるのが、オリゴ糖や食物繊維などの栄養素なのです。

また、乳酸菌と食物繊維を一緒に摂ることで、食物繊維が乳酸菌をゲル状に包むため、乳酸菌が胃酸からの影響を受けにくくなります。そのため、乳酸菌が腸まで届きやすくなるという効果が期待できます。乳酸菌入りの青汁を選ぶ際には食物繊維が特に多く、オリゴ糖など乳酸菌のエサとなる成分が含まれているかどうかを確認することが大切です。

改善された腸内環境へ豊富な栄養素を届けることができる

青汁と一緒に腸内に届いた乳酸菌の発酵や分解などの働きにより、栄養素を効率よく吸収しやすい腸内環境が整います。

そこに、ビタミンやミネラルなど豊富な栄養素を持つ青汁の栄養が直接届くわけですから、乳酸菌の摂取と同時にさまざまな栄養素を届けることができることも乳酸菌入り青汁のメリットの一つと言えるでしょう。

乳酸菌入り青汁の効果を引き出すポイント

乳酸菌入り青汁の効果を引き出すポイント乳酸菌入りの青汁の効果をより引き出すポイントは3つあります。それは、「飲むタイミング」、「飲み方」、「継続すること」です。

飲むタイミング:栄養素を吸収しやすい朝に飲む

青汁の乳酸菌や栄養素を効率良く体に届けるためには、できるだけ体が食材の栄養素を吸収しやすい状態の時に摂取するのが良いでしょう。

そのために大切なのが、飲むタイミングです。一番良いタイミングは朝起きて食事の前に飲むことです。

人の体は何もしなくても一晩でコップ1杯の汗をかくと言われています。また、就寝から朝までの7時間ほどの間は栄養分を取り入れることがありません。

ですから、起床時の体の状態は水分と栄養分が必要な状態になっており、食材からの栄養素を吸収しやすい状態と言えるのです。そのタイミングで青汁を摂ることは乳酸菌や栄養素を体に取り入れるには最適であると言えます。

青汁の飲み方

青汁の飲み方は水に溶かして飲んでも構いませんが、より体に優しい飲み方をするのであれば、白湯や豆乳などに溶かして飲む方法があります。特に温めて飲む方法は体の代謝を上げる効果も期待できます。

朝に一杯の白湯を飲むという健康法を聞いたことがあるかもしれませんが、それと同じ理屈です。また、豆乳と飲むことで胃酸の影響を減らす効果も期待できます。

継続することが大切

乳酸菌入りの青汁の効果を引き出す3つ目のポイントのうち最も重要なのは「継続する」ということです。毎日続けることで少しずつ効果が表れてくるでしょう。

また、先ほどご説明した通り、推奨量通りに乳酸菌を摂ったとしても、推奨量を満たしたことにはならない…ということも覚えておく必要があります。体内に乳酸菌を多く取り入れるためには

  1. 毎日無理なく乳酸菌を摂ること
  2. 食物繊維などと一緒に摂り、乳酸菌が死活せず腸まで届くようにする

…という2つのことに気を配る必要があります。

毎日の食事を工夫して乳酸菌を多く含む食材を使うことや吸収率を上げる調理の工夫をすることは気軽にできませんが、環境の変化に強い植物性の乳酸菌を配合した青汁は飲むだけですので、効率良く気軽に乳酸菌を取り入れることができるのです。

おすすめの乳酸菌入り青汁

腸内環境を改善することは、健康や免疫力の向上につながる他にも、美容やお通じの改善も期待できます。ここでは「健康」「美容」「お通じ」の改善が期待できる青汁をいくつかご紹介します。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ:乳酸菌100億個&さつまいもの29倍の食物繊維配合

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

  • ヨーグルトの8倍の乳酸菌量を配合!1日に推奨されるのはヨーグルト2パック分の乳酸菌なので、この青汁1つで完全に腸活をサポート
  • 黒糖味のジュレなので、青汁が苦手な人や、外出先で気軽に食べたい、という方に便利
  • 40種類の植物エキスを還元。栄養価も非常に高く、腸に届いた乳酸菌のエサになるオリゴ糖も配合

 

フレッシュフルーツ青汁:酵素×食物繊維×乳酸菌

フレッシュフルーツ青汁

  • フルーツ味で腸活を続けやすい青汁
  • 初回980円だから青汁初心者も始めやすい
  • 食物繊維と乳酸菌の他に酵素も配合しているので、腸活はもちろん、便秘・ダイエットにも効果的

まとめ:乳酸菌は青汁と一緒に摂ると効果が非常に高くなる

みどりこ_解説

毎日の健康や美容、お通じなどを改善するには、腸内環境の改善が大切になります。

そのためには乳酸菌や栄養素を摂取し、腸内の善玉菌の活動が活発になる様に腸内を弱酸性に保つことが大切になります。そして、乳酸菌の摂取で大切なことは、

  • 腸に届くまでに乳酸菌の多くが死活してしまうため、1日の推奨量よりも多くの乳酸菌の摂取を心がける
  • 乳酸菌を腸に届けるのをサポートする食物繊維や、乳酸菌のエサとなるオリゴ糖などを一緒に摂る

です。

そこで、乳酸菌や食物繊維が入った青汁を摂取することが最も手軽で効果的に乳酸菌を摂れる方法になります。

毎日の食事以外にも、起床時に白湯や豆乳に溶かすなど、好みやライフスタイルに合わせて無理なく続けられる方法で青汁を生活の中に取り入れていくことをおすすめします。

健康に役立つ青汁は種類や味も色々あります。ダイエットや美容、健康、お通じの対策など、ご自分の目的に合ったタイプのものを選んで、楽しく体をケアして行きましょう。

-基本知識
-, , , , , , ,

Copyright© 青汁の通信簿 , 2017 All Rights Reserved.