ダイエットと青汁

青汁と酵素ドリンクのダイエット効果を比較!ダイエットにおすすめなのはどっち?

更新日:

世の中には様々なダイエット食品が溢れていますが、何に気をつければ最も効果が高いダイエット食品を選ぶことができるのでしょうか?

答えは、体内の代謝をアップさせるために必要な栄養素が互いに相互作用を生むようなバランスで含まれているかどうかに気をつけてダイエット食品を選ぶと良いでしょう。

このように、思うようにダイエットの成果がでない、というダイエッターがダイエットに成功するために、この記事では、

  • 体内の代謝をアップさせるために必要なことは何か
  • ダイエットに効果が高い栄養素とは何か?
  • ダイエット効果の高い代表的なダイエット食品である青汁と酵素ドリンクの効果を比較
  • ダイエットを続けやすくするコツとおすすめのダイエット食品

について解説していきます。

青汁のダイエット効果の理由は代謝アップにあり

ダイエットを効率よく行う為には体の代謝アップが必要不可欠です。そして、代謝アップを図るには代謝に関わるビタミン・ミネラルを補給する事が大切です。青汁には代謝アップに関わるビタミン・ミネラルが含まれている他、食物繊維で腸内環境を整え善玉菌を増やしこの増えた善玉菌が体に代謝に必要なビタミンを供給してくれます。

しかもこのビタミン・ミネラル・食物繊維が今流行りの酵素ドリンクよりもたっぷりと含まれているんです。

青汁ならダイエットに効くビタミン・ミネラルがまとめてとれる!

青汁の良いところ、それは1杯で体の代謝に役立つビタミン・ミネラルを摂取できるところです。まずある青汁の栄養価を見てください。

例)やわたのおいしい青汁(1杯12g当たり)
エネルギー 12kcal ビオチン 11μg
たんぱく質 0.34g リジン 14.4mg
脂質 0.080g ヒスチジン 6.3mg
炭水化物 3.9g フェニルアラニン 12.7mg
食物繊維 1.6g チロシン 7.8mg
ナトリウム 0.92mg ロイシン 20.2mg
0.22mg イソロイシン 10.6mg
カルシウム 12.7mg メチオニン 4.9mg
マグネシウム 3.4mg バリン 14.1mg
0.011mg アラニン 15.4mg
亜鉛 0.053mg グリシン 13.2mg
マンガン 0.21mg プロリン 12.6mg
総クロム 0.017mg グルタミン酸 32.0mg
リン 6.3mg セリン 11.4mg
カリウム 32mg スレオニン 11.6mg
ビタミンA 6.4μg アスパラギン酸 24.6mg
β-カロテン 74μg トリプトファン 5.0mg
ビタミンB1 0.13mg シスチン 3.4mg
ビタミンB2 0.16mg アルギニン 12.6mg
ビタミンB6 0.21mg γ-アミノ酪酸 0.56mg
ビタミンC 11mg イノシトール 3.6mg
ビタミンE 0.18mg グルコン酸 0.0032g
ビタミンK1 30μg エリスリトール 0.28g
ナイアシン 1.8mg 無水カフェイン 0.0034g
パントテン酸 0.44mg 総クロロフィル 4.16mg
葉酸 76μg カテキン 16mg
乳酸菌 1億個 タンニン 35mg
    SOD 6,400unit

このように複数の栄養素が入っています。 この中でエネルギー代謝に関わるビタミン・ミネラルはビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンE・ナイアシン・パントテン酸・亜鉛・クロムです。それぞれのダイエット効果は

代謝に関わり、ダイエットの効果のある栄養素

ビタミンB1:糖質代謝に関わる酵素を補助しダイエットを促進する

ビタミンB2:脂肪代謝に関わる酵素を補助しダイエットを促進する

ビタミンB6:タンパク質代謝に関わる酵素を補助しダイエットを促進する

ビタミンE:毛細血管を広げて血行を改善し新陳代謝を上げる

ナイアシン:糖質代謝と脂質代謝に関わる酵素を補助しダイエットを促進する/毛細血管を広げて血行を改善し新陳代謝を上げる

パントテン酸:糖質代謝・脂肪代謝・タンパク質代謝に関わる酵素を補助しダイエットを促進する

亜鉛:インスリンの働きを助けて血液中の糖を肝臓や筋肉にとりこみ糖をエネルギーとして消費できるようにする

クロム:亜鉛と協力し、インスリンの働きを助けて血液中の糖を肝臓や筋肉にとりこみ糖をエネルギーとして消費できるようにする

と、どのビタミン・ミネラルもエネルギー代謝には欠かせないものです。これらのダイエットに役立つ栄養素が青汁にはまとめてはいっています。飲むだけでダイエットに役立つ栄養素が摂取できる、というのはダイエッターにとって心強いですよね。

青汁で不足しがちな食物繊維を摂取&腸をきれいにしてダイエット効果アップ

青汁にはビタミン・ミネラル以外にも、日本人に不足しがちで腸内環境を整えたり、高いダイエット効果が期待できる食物繊維も多く含まれています。なぜ食物繊維はダイエットに効果的と言われているのでしょうか。

食物繊維の効果

1.食物繊維は小腸に至るまでに水に溶けてゲル化したり、水を含んで膨張します。

2.膨張する際に糖や脂質を絡めとり、小腸での糖や脂質の吸収を抑えてくれます。

3.糖や脂質の吸収が抑えられれば体脂肪になる体内の余分なエネルギー量も必然的に少なくなり体重の増加を防いでくれます。

4.ゲル化したり、水を含んで膨張した食物繊維は大腸に到達します。

5.大腸に到達した食物繊維は大腸に残った有害物質や余分な脂肪酸を絡めとってくれます。

6.食物繊維はまた、大腸を刺激して蠕動運動を促進させ、排便を促します。

そしてもう一つ食物繊維の働きとして注目したいのが良い腸内細菌の栄養や住処となり腸の環境を整える事です。
元々、大腸にはたくさんの種類の菌が住んでいます。この大腸内の菌は悪いもの(悪玉菌)と良いもの(善玉菌)と良くも悪くもない(日和見菌)に分かれます。良い菌が増え活動すると菌の代謝産物としてビタミンB 2、ビタミンB 6、ビタミンB 12、ビタミンK、ビオチン、パントテン酸といったエネルギーの代謝や体の維持に必要なビタミンが発生します。

逆に悪玉菌が増え活動すると体臭の原因となるアンモニアや硫化水素、フェノールなどの有害物質が発生してしまいます。大腸内で発生したビタミンや有害物質はそのまま大腸で吸収され体に影響を与えます。もちろんビタミンならば体に良い影響を、有害物質なら体に悪い影響を与えます。

当然、食物繊維をしっかりとって善玉菌を増やし、体に良い影響を与えるビタミンを吸収したいもの。特にダイエット中ならエネルギー代謝に大きく関係するビタミンB 2、ビタミンB 6、ビオチン、パントテン酸は見逃せません。

ダイエットにとっても体にとっても重要な食物繊維ですが現代の日本人は食物繊維不足です。
国が設定した食物繊維の摂取目標量は男性20g以上、女性18g以上なのですが2015年の調査結果では食物繊維の摂取量平均が男性で14.9g、女性で14.2gと4~5gも足りていないという状態にあります。

  食物繊維摂取目標量 2015年食物繊維摂取量平均
男性 20g以上 14.9g
女性 18g以上 14.2g

青汁で食物繊維を摂取して糖や脂質の吸収抑制、代謝アップ、便秘解消を目指しましょう。

酵素入り青汁は消化器官に働きかけ、さらに代謝をアップしてくれる

青汁に入っている酵素とは果物や野菜に含まれている食物酵素か果物や野菜を乳酸菌などで発酵させたものを指します。体の中で分泌される消化酵素・代謝酵素とは異なるものが入っている、と覚えておきましょう。
なぜこの食物酵素・野菜を乳酸菌などで発酵させたものが腸内環境の改善に役立つのか、をそれぞれの酵素ごとに紹介します。食物酵素の役割や効果は以下のようになっています。

食物酵素の役割

  1. 食物酵素が食物を分解し、消化しやすい状態にしてくれる
  2. 消化酵素が多く必要なくなる
  3. 消化酵素を作る胃・膵蔵・小腸の負担軽減になる
  4. 胃・膵蔵・小腸を始め、消化器官がビタミンやミネラルなどの栄養の吸収がスムーズになる
  5. 結果、体の代謝がアップし、さらに食物の消化がしやすくなる

という良いサイクルを生みます。

野菜を乳酸菌などで発酵させたもの

  1. 野菜を乳酸菌などで発酵させたものは、食物繊維や多糖類・単糖類が豊富に含まれている
  2. 食物繊維や多糖類・単糖類は善玉菌のエサや住処となる
  3. 善玉菌が活性化し、分裂・増殖して腸内環境が整えられる
  4. 増殖した善玉菌は大腸内で体の代謝に必要なビタミンをたくさん分泌する
  5. この分泌された体の代謝に必要なビタミンは大腸で体内に吸収される
  6. 全身の各細胞にビタミンが行き渡る
  7. 代謝に必要なビタミンが各細胞に十分供給されれば糖や脂質、タンパク質をエネルギーに変換して、消費しやすくなり、ダイエットを促進してくれる

このような良好なサイクルが生み出されれば、太りにくく痩せやすい体質になり、ダイエットが成功し、体型も維持しやすくなります。

酵素ドリンクではダメなの?

酵素が腸内環境を整え、体の代謝をアップしてくれるなら青汁じゃなく酵素ドリンクを飲んでもいいのでは?と思う人もいるかもしれません。
しかし、青汁には酵素ドリンクにはないメリットが多くあります。青汁と酵素ドリンクを比較してメリットを見てみましょう。

実は酵素ドリンクにはビタミン・ミネラル・食物繊維が少ない

青汁が酵素ドリンクよりおすすめな理由、それは「青汁の方が酵素ドリンクよりビタミン・ミネラル・食物繊維が多く含まれている」という事です。
先述したやわたのおいしい青汁と多くの栄養成分が公式に提示されている酵素ドリンクの優光泉でビタミン・ミネラル・食物繊維量を比較してみましょう。

  優光泉
(1杯20g当たり)
やわたのおいしい青汁
(1杯12g当たり)
食物繊維 0.012g 1.6g
ビタミンB1 0.182mg 0.13mg
ビタミンB2 0.096mg 0.16mg
ビタミンB6 表記なし 0.21mg
ビタミンB12 0.00036mg 表記なし
ナイアシン 0.03mg 1.8mg
パントテン酸 表記なし 0.44mg
葉酸 表記なし 76μg
ビタミンA 表記なし 6.4μg
ビタミンE 表記なし 0.18mg
ビタミンK1 表記なし 30μg
ビタミンC 0.024mg 表記なし
ナトリウム 1.74mg 0.92mg
カリウム 15.852mg 32mg
リン 0.872mg 6.3mg
硫黄 12.25mg 表記なし
0.044mg 0.22mg
亜鉛 0.024mg 0.053mg
アルミニウム 0.582mg 表記なし
カルシウム 1.136mg 12.7mg
マグネシウム 表記なし 3.4mg
0.012mg 0.011mg
マンガン 0.04mg 0.21mg
総クロム 表記なし 0.017mg

※代謝アップに関係するビタミン・ミネラルは赤文字で記しています。

青汁と酵素ドリンクのダイエット効果の比較結果

  • 青汁に含まれているビタミン・ミネラル:19種類
  • 酵素ドリンクに含まれているビタミン・ミネラル:15種類
  • 代謝アップに欠かせない食物繊維・ビタミン・ミネラルを比較してみるとどの項目でも青汁の方が多く含まれている

体の代謝を上げてダイエットしたい!と考えているなら代謝を助ける栄養成分である

  • 食物繊維
  • ビタミン
  • ミネラル

がより多く入っている青汁を飲むのがおすすめです。

価格面でも青汁は酵素ドリンクより低価格でダイエットが続けやすい

青汁は酵素ドリンクより1杯あたりの価格が安くダイエットが続けやすいというメリットもあります。先ほど紹介した「やわたのおいしい青汁」と酵素ドリンクの「優光泉」を例にとって見てみましょう。

●1杯当たりの値段

やわたのおいしい青汁(定価で買った場合):136.67 円
優光泉(定価で買った場合):164.945 円

なんと1杯当たり30円も青汁の方が安くてすみます。この2つ以外の商品でも1杯当たりの価格を比べてみると…

●青汁

商品名 1杯当たりの価格
ファンケル 97.03円
やわたのおいしい青汁 136.67円
めっちゃぜいたくフルーツ青汁 199.33円
めっちゃたっぷり フルーツ青汁 199.33円

※全て定価で計算しています

●酵素ドリンク

商品名 1杯当たりの価格
ファスティープラセンタ 161.67円
お嬢様酵素 197.92円
ベルタ酵素 338.67円
エッセンシア 507.29円

※全て定価で計算しています

このように青汁の方がはるかに低価格だという事が分かります。いくら効果の高いダイエット商品であっても値段が高過ぎて続けられないとあっては元も子もありません。
低価格で続けやすくビタミン・ミネラル・食物繊維も豊富な青汁、ダイエットに活用してみましょう!

青汁には飲みやすい商品がたくさんあり、自分に合ったものが選べる

ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富、低価格で続けやすいことに加え、青汁には飲みやすい商品がたくさんある、という魅力もあります。

そもそも青汁・酵素ドリンクは何も工夫しなければおいしい飲み物ではありません。青汁なら青臭い・苦いといった味、酵素ドリンクなら発酵させた独特な風味と味です。この味では中々飲んでもらえない為、各青汁メーカー・酵素ドリンクメーカーではおいしい青汁・酵素ドリンクの開発を進めています。

そんな中で青汁では「おいしい!」と評判の商品がたくさん出てきており、例えば「めっちゃぜいたくフルーツ青汁」や「めっちゃたっぷり フルーツ青汁」は果物をたくさん入れてフルーティーで飲みやすい味になっています。

めっちゃぜいたくフルーツ青汁の口コミ

めっちゃぜいたくフルーツ青汁_口コミ1めっちゃぜいたくフルーツ青汁_口コミ2めっちゃぜいたくフルーツ青汁_口コミ3

その他にもお茶の風味の青汁や抹茶と黒糖を添加した青汁など様々な味の青汁が出てきており、おいしく飽きずに青汁を飲むことができます。

しかもどの商品もほとんどの酵素ドリンクより低価格!おいしくて低価格の青汁は続けやすいダイエット商品としておすすめです。

自分に合ったダイエットがしたい!というアナタに

大幅に体重を減らしたい、手軽に体重を減らしたい、おいしものでダイエットを続けたい…そんな時にも青汁は活躍してくれます。

各ダイエットの目的別に酵素ドリンクより青汁がおすすめな理由を見ていきましょう。

-5kgは痩せたい!

大幅に体重を減らしたい!と考えている方は青汁にプラスして酵素が入っているものを選びましょう。先述した通り酵素は

  • 食物の消化を助けて消化器官の負担を減らす
  • 腸内の善玉菌に住処とエサを与えて善玉菌を増やし、腸内環境を整え代謝に必要なビタミンをたくさん供給する

といった効果があります。大幅に体重を減らしたい!という方はビタミン・ミネラル・食物繊維と酵素が一度にとれる、青汁商品を見つけましょう。

酵素ドリンクだと酵素は摂取できますが、どうしてもビタミン・ミネラル・食物繊維の含有量が少なくなってしまいます。代謝に必要なビタミン・ミネラル、腸内環境を整える食物繊維をしっかり摂取する為にも青汁を選んでください。

それでも酵素ドリンクを買いたい!という場合はビタミン・ミネラル・食物繊維を比較し、できるだけ含有量が多い商品を選んで購入してください。また、できるだけ早く体重を減らして結果を出したいという場合は青汁で「置き換えダイエット」を行うことがおすすめです。青汁はあくまで体の代謝をアップさせるものですぐに効果がでる訳ではありません。

しかし、「置き換えダイエット」なら1日の摂取カロリーを大幅に減らす為、青汁をただ飲むだけよりも素早く体重を落とす事ができます。ポイントとしては「1日で一番カロリーを取っている食事を青汁に置き換える」こと。そうすれば自然と摂取カロリーを大幅に抑えられます。

お金をかけずに痩せたい!

お金をかけずにダイエットしたい!という方は酵素ドリンクより断然青汁がおすすめです。酵素ドリンクはほんの一部を除いてとても高価です。1杯500円という商品などもあり、お財布に痛い出費となってしまいます。
青汁なら安ければ1杯100円以下の商品もあります。お金をかけずにダイエットをしたい!と思っている方には青汁がぴったりです。

おいしく飲み続けたい!

おいしく飲み続けたい、という方にも青汁をおすすめします。これは青汁の方がアレンジしやすいから。

酵素ドリンクは水、炭酸水で割って飲むものがほとんどです。アレンジしたとしても牛乳・豆乳・柑橘系のジュースに混ぜる、ヨーグルトにのせるくらいです。商品によっては発酵した時の独特な風味でほとんどアレンジできない、という場合も。

それに比べて水・炭酸水・牛乳・豆乳・フルーツジュースで割るだけでなく、ケーキやゼリーといったスイーツに混ぜ込む・スープに入れる・ドレッシングやふりかけに入れる・カレーやシチューに混ぜるなど青汁は幅広いアレンジができます。

青汁のアレンジメニュー例とレシピの記事
青汁_アレンジ7選
美味しさ+栄養の相乗効果も意識した青汁のおすすめアレンジ方法7選!【2017年版】

「青汁って不味い!もっと美味しい飲み方があればいいのにっ」 「青汁の効果をもっと高めてくれる飲み方が知りたい」 「青汁は何にでも混ぜてもいいの?メリット・デメリットは?」 前提として、栄養というものは ...

続きを見る

青汁_ホットケーキ
【青汁レシピ】栄養たっぷり青汁ホットケーキ♪お子さんのおやつにもおすすめのアレンジです!

昔からお馴染み、栄養たっぷりの青汁を使った青汁ホットケーキレシピのご紹介です。 今回は子供のおやつにも安心して使える、無添加・農薬不使用・100%国内産のファンケルの本搾り青汁ベーシック 10日分セッ ...

続きを見る

青汁プリン
【青汁レシピ動画】甘くて美味しいだけじゃない青汁プリン!補食として最適なおやつを作ってみた

簡単で美味しい&栄養豊富な青汁プリン おやつは甘くて食べやすい・美味しいだけでなく、補食として栄養がしっかり摂れることが重要ですよね。 今回ご紹介するトクホの青汁を使った青汁プリンは美味しさと ...

続きを見る

青汁と豆乳
『青汁✕豆乳』の相乗効果!美容・健康・ダイエット効果が高まる飲み方とは?

ご訪問ありがとうございます!栄養士のみどりです。 みなさんは粉末の青汁、どう飲んでいますか? オーソドックスに水とか、牛乳とか、中にはヨーグルトにかけて楽しんでいるという方もいるのではないでしょうか? ...

続きを見る

青汁つみれスープ
【青汁レシピ動画】作り置きも可能!青汁で鶏つみれスープを作ってみた!

簡単にできて作り置きも可能な青汁つみれスープ 青汁は様々な栄養が1袋で補給可能ですが、唯一タンパク質だけが十分に摂ることができません。 青汁の鶏のつみれスープはタンパク質も一緒に摂れるだけでなく、作り ...

続きを見る

「青汁を飲み続けるだけでは飽きてしまう」「同じ味では飽きてしまう」という方は幅広いアレンジを楽しめる青汁を選ぶようにしてみましょう。

ダイエット中でも体力は落としたくない!

ダイエット中に食事制限を行うと十分に栄養が摂取できず、微量栄養素のビタミン・ミネラルが不足する場合があります。ビタミン・ミネラルが不足するとダイエットが滞るだけでなく体のあちこちに不調が出てきて体力が落ちたり体調不良を起こしたりしてしまいます。

そんな時にも青汁は活躍します。上にも挙げた通り青汁には複数のビタミン・ミネラルがはいっています。そしてほとんどのビタミン・ミネラルが酵素ドリンクよりも多く入っています。
体力を落とさずダイエットしたい!という方は代謝アップとビタミン・ミネラル補給が望める青汁を利用してみてください。

おすすめの青汁はどれ?目的別に最適な青汁を紹介

青汁が酵素ドリンクよりもダイエットに向いている、というのは今までの説明でわかってもらえたと思います。 それでは自分にあった青汁商品はどれなのでしょうか?

この章では、目的ごとにおすすめの青汁商品を紹介しますので、ダイエットのための青汁選びの参考にしてみてください。ぜひ自分にあった青汁を見つけてください。

5kg痩せたい人におすすめ!生酵素×乳酸菌×食物繊維のフレッシュフルーツ青汁

フレッシュフルーツ青汁

フレッシュフルーツ青汁

おすすめポイント


  ✔ ダイエットアドバイザー全面監修のダイエット専門青汁
  ✔ 112種類の"生"酵素+100億個の乳酸菌+豊富な食物繊維
  ✔ 豊富な栄養と1杯9.95kcalという超低カロリー

青汁だけに限らず、ダイエット食品に求められる要素は、

  • 代謝に必要なビタミン・ミネラルが余すことなく入っている
  • ビタミン・ミネラルの吸収率をUPする酵素が配合されている
  • 腸内環境を整える乳酸菌が配合されている

です。

フレッシュフルーツ青汁は全ての要素を満たしつつ、1杯あたり32円(初回980円で30包入り)という低価格であるため、青汁初心者はもちろん、ダイエットで多額のお金を使ってきたけども全然痩せない!という人にはぜひ試してほしいダイエット食品です。

くわえて、日本肥満予防協会所属のダイエットアドバイザーが全面監修している、ダイエッターのための青汁であるため、リバウンドを回避できるよう、栄養成分にとことんこだわっているのも自信をもっておすすめできる点です。

「少しは痩せたけど、痩せる前よりもリバウンドで太った」

というダイエッターは多いはず。それは、ダイエット中に不足しがちな栄養素を充分に補給できず、ダイエット明けに身体が栄養を求め、過食をすることで補おうとするからです。

よって、ダイエット中にこそ、低カロリーで充分な栄養を補給する必要があるのですが、その点、日本肥満予防協会所属のダイエットアドバイザーが全面監修しているフレッシュフルーツ青汁は心強いですね!

お金をかけずに痩せたい人にはファンケルの本搾り青汁ベーシック

ファンケル_青汁ベーシック お金をかけずに痩せたい!という方におすすめの青汁は1杯あたり39円(780円で20包入り)

ファンケルの本搾り青汁ベーシック

がおすすめです。「ファンケルの本搾り青汁ベーシック」にはビタミンB群は入っていませんが、

食物繊維(腸内環境を整える):0.85~1.8g
ビタミンE(血行を改善する):0.20~0.73mg

が入っています。食物繊維が摂取できれば腸内環境が整えられ善玉菌が増殖してビタミンを生産し代謝アップに繋がる可能性があります。 そこまでお金を使いたくないけど青汁ダイエットをしてみたい、ちょっとだけ試したい、という方にはファンケルの本搾り青汁ベーシックがおすすめです。

ダイエット中でも体力は落としたくない人には、やわたのおいしい青汁がおすすめ

やわたのおいしい青汁 ダイエット中でも体力は落としたくない、という場合は多種類のビタミン・ミネラルを含んだ

やわたのおいしい青汁

がおすすめです。「やわたのおいしい青汁」には19種類のビタミン・ミネラルに加えて

  • 食物繊維
  • アミノ酸
  • 有機酸
  • 乳酸菌

が含まれています。

しっかりとビタミン・ミネラルを補給しつつダイエットを進められる栄養価の「やわたのおいしい青汁は体力を保ちながらダイエットしたい方にはピッタリです。

ちょっと体力に自信がない、健康に過ごしつつ痩せたいという方は試してみてください。

まとめ

ダイエットの為に代謝アップをしたい!と考えているなら代謝をアップする効果のある

  • ビタミン
  • ミネラル

や腸内環境を整えてくれる

  • 食物繊維
  • 酵素

をしっかり摂取する必要があります。酵素ドリンクだと酵素はしっかり摂取できてもビタミン・ミネラル・食物繊維がほとんど摂取できません。しかし、青汁ならビタミン・ミネラル・食物繊維を1杯で摂取できます。

さらに、青汁商品の選び方次第で酵素や善玉菌も1杯で摂取することが可能です。

効率的に代謝アップに必要な栄養素が摂れる青汁でダイエットをしてみませんか?

-ダイエットと青汁
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 青汁の通信簿 , 2017 All Rights Reserved.