飲み方・レシピ

『青汁✕豆乳』の相乗効果!美容・健康・ダイエット効果が高まる飲み方とは?

更新日:

みどりこ

ご訪問ありがとうございます!栄養士のみどりです。

みなさんは粉末の青汁、どう飲んでいますか?
オーソドックスに水とか、牛乳とか、中にはヨーグルトにかけて楽しんでいるという方もいるのではないでしょうか?

粉末の青汁は何と混ぜてもだいたい合うため、「何と混ぜても一緒でしょ?」と思われるかもしれません。

でも、実は混ぜるものによって青汁は何十倍にも栄養が高まったり、吸収されやすくなったりします。そして、美容やダイエット、健康向けなど混ぜるものによって相乗効果も期待できます。

何と混ぜるとどんな相乗効果があるのか。これを知っていれば、効率的に目的を達成できるはずです。

今回は姉のくろこお姉ちゃんも交えて解説していきます!

いつもの青汁に飽きたら『青汁✕豆乳』で美味しくキレイになろう!

ねぇねぇ、みどりこ。最近青汁を飲み出してから、健康になった気がするヨ~♪このまま青汁を飲み続けていれば、イケメンと結婚だって……フフフフ
(い、言えない!青汁と婚活には、何の関係もないなんて……)う、うん! 今のまま青汁を飲み続けていれば、お姉ちゃんなら大丈夫だよ!
だよね~♪
でも、流石に毎日同じ味ばかりで正直飽きてきた!
確かに青汁って、一見飲むバリエーションが少ない用に思えるけれど、アレンジしたら色々美味しく飲めるよ?
うーん、アレンジか~
めんどくさいからカンタンに出来るヤツが良いな~
そんなぐうたらなお姉ちゃんにオススメなのが『豆乳』だよ!
(我が妹ながら私のこと素でディスってくる……)
えっ、えー、どうせ飲むなら豆乳より、牛乳の方が良いな~!牛乳の方がコクがあるし、美味しいし?

でも、実は豆乳は牛乳よりも低カロリーだし、女性をキレイにする成分がいっぱい入っているって、お姉ちゃん知ってた?
へ~っそうなんだ!?詳しく教えてヨ!

『青汁✕豆乳』の美容・健康の相乗効果の理由

青汁には、食物繊維やさまざまな栄養素が含まれており、完全栄養食として有名ですが、いくら健康に良い青汁でも同じものを飲み続けるのって、大変ですよね?

そんなアナタにおすすめの青汁アレンジ法が『青汁✕豆乳』です。

最近ではスターバックスなどのコーヒーショップでも「ミルク」ではなく「ソイミルク」(豆乳)でコーヒーや紅茶を割るところが増えてきていますが、それはひとえに豆乳が低カロリーで、身体にも美容にも良い食品だからなんです!

豆乳はこんなにスゴイ! 豆乳に期待出来る健康・美容・ダイエット効果

日本豆乳協会内のコラムでも記載があるように、豆乳には、美肌効果や便秘解消、アンチエイジングなど、さまざまな健康効果があるとされています。

実際、厚生労働省(大豆及び大豆イソフラボンに関するQ&A)の調査でも、豆乳にはたんぱく質、炭水化物、脂質のほか、ミネラル、ビタミン、カルシウムが主成分として含まれており、さらに微量成分として、サポニン、レシチン、大豆イソフラボンなどが含まれていると公表しています。

イロイロと分かりづらい単語が出来てきましたが、ざっくり言うと大豆には3つの「すごい!」が詰まっているんです。


青汁_みどりこ_笑顔
☆大豆に含まれる3つのすごい!

 

  • すごい!①:低カロリー、高タンパクで痩せやすい
  • すごい!②:豆乳パワーで肌がきれいに!
  • すごい!③:大豆イソフラボンで女性らしい身体を作れる

すごい!①:豆乳は低カロリー、高タンパクで痩せやすい

突然ですが、豆乳と牛乳はどっちが高カロリーかご存知ですか?

豆乳の100gあたりのカロリーは約46kcalですが、対する牛乳のカロリーは100gあたり67kcalと、実は豆乳よりも、牛乳の方が20kcalも高いんです!

だから普段飲んでいる牛乳を豆乳に置き換えるだけで、カンタンに摂取カロリーを抑えることが出来るので、痩せやすくなります! スタバなどのコーヒーショップで牛乳ではなく豆乳を取り扱うようになったのは、豆乳の方がカロリーが少ないから、というのが理由の1つなんですよ。

また豆乳と牛乳のタンパク質の量を比較すると、豆乳の方が多いんです!

  • 豆乳:3.6g
  • 牛乳:3.3g

※ それぞれ100g

つまり、豆乳は牛乳よりも低カロリーでありながら、タンパク質の配合量が多いんで、「低カロリー・高タンパク」という面でみれば牛乳よりも豆乳の方が優れているんです♪

青汁_みどりこ_驚き
[注意①]低カロリーな豆乳も摂りすぎたら逆効果です!

 

ちなみに豆乳もコップ2杯分(200mg✕2杯)も飲んだら、ご飯お茶碗1杯分(240 kcal)と同じだけのカロリーを摂取してしまうことになります。

「豆乳は低カロリーだから~♪」と豆乳をがぶがぶ飲んでしまうと、逆に豆乳が太る原因になってしまうのでご注意ください!

すごい!②:豆乳パワーで肌がきれいに!

豆乳は女性の強い味方と言われています。

豆乳にたっぷり含まれているビタミンB1、B2、B6は「美容ビタミン」と呼ばれており、この3つのビタミンの効果によって健康な肌を維持しやすくなります。

また同じく豆乳に含まれるレシチン・サポニンも美肌を作るすごいパワーがあります!

豆乳に含まれている「レシチン」は細胞の新陳代謝を活発にし、常にきれいな肌を作る効果があります。さらに「サポニン」には、抗酸化作用があるため、肌の老化を抑えること可能です。

つまりビタミンによって健康な肌が作られ、レシチンによってその肌が常に若々しくなり、きれいな肌がサポニンによって守られる、というワケなんです。

さらに後述する「大豆イソフラボン」による効果で、身体の中から肌が綺麗になりやすい!

このように牛乳にはない美肌効果が、豆乳には期待できるんですよ♪


青汁_みどりこ_笑顔
☆豆乳に含まれているオリゴ糖で身体の中から肌キレイ♪

 

豆乳には腸内の善玉菌を元気にする「オリゴ糖」もたくさん含まれているんです!

このオリゴ糖を摂取することで善玉菌が活性化し、腸内環境が健全化するのでお通じが良くなる効果があるんです。

つまり豆乳✕青汁で飲むことによって、豆乳だけ、青汁だけ飲むよりも、相乗効果でお通じが良くなり、便秘解消しやすくなります!便秘がちな方はぜひ試してみてください。

すごい!③:大豆イソフラボンで女性らしい身体を作れる

豆乳のもとである「大豆」には、女性をキレイにする成分「大豆イソフラボン」が豊富に含まれています。

この大豆イソフラボンは、、女性ホルモン(エストロゲン)と分子構造がよく似ているため、身体の中で女性ホルモンと同じ働きをします。

そもそも女性ホルモンは、月経周期の調節や肌のターンオーバー、発毛などの指示を出す成分で、女性ホルモンと似たような働きをする大豆イソフラボンを摂取すれば、足りない女性ホルモンを補うことができるんです。

たとえば月経不順で悩んでいる方や生理痛の方が豆乳を積極的に飲むと、月経の乱れが整えられたり、生理痛の痛みが和らいだりすることがあります。

また女性ホルモン同様に肌をキレイにする効果があったり、髪の毛を生えやすくする効果があったりと、大豆イソフラボンを摂取することで、女性らしい身体を作りやすく、維持しやすくなるんです。

ちなみに個人差はありますが、豆乳を飲めば女性ホルモンの量が増えるのと同じなので、バストアップ効果も期待できますよ!


青汁_みどりこ_驚き
[注意②]良いことばかりだけど、飲み過ぎは注意!

 

豆乳は確かに肌や髪をキレイにし、腸内環境を整えたり、ホルモンバランスの乱れを改善させたりする効果がありますが、摂取しすぎると女性特有の病気(乳がんや子宮頸がん)などの原因になってしまうことがあります。

もちろん、毎日1杯や2杯を飲んでいるぐらいで、女性特有の病気になることはありませんが、それでも1リットルも飲んでいたら、なんらかの病気のリスクを高めることが予想されます。

カロリーや将来的な健康のことも考えて、豆乳を飲む量もほどほどに!

それじゃあ青汁と豆乳を一緒に飲むと、どんな良いことがあるの?

へ~、豆乳ってちょっとクセがあるけど、身体に良いんだね~
……バストアップ効果もか……飲も(ボソッ)
うん、豆乳単体で見ても身体に良いけれど、青汁と一緒に飲むことで、お互いの効果を高めることが出来るんだよ!
あー、青汁と一緒に飲むこと完全に忘れてた
もー、お姉ちゃん、忘れないでよ!青汁と豆乳を一緒に飲むことで、以下のような効果が期待できるよ!

 

■青汁+豆乳に期待できる効果

  • 青汁の青臭さと豆乳の独特の風味が減り飲みやすい
  • 豆乳のオリゴ糖と青汁の食物繊維で腸内環境健全化
  • 青汁では摂取しづらいタンパク質も同時に摂取できる
  • 青汁のビタミンと豆乳の大豆イソフラボンでより、美肌に♪
  • 豆乳のサポニンと青汁の食物繊維で中性脂肪減少効果を高める
  • 豆乳のレシチンと青汁の食物繊維で身体全体の新陳代謝を高める

カンタンにまとめると、青汁と豆乳を混ぜて飲むことで、それぞれに足りない栄養素を補い合い、さらにお互いの良いところを高め合うことができるの!

青汁だけでも十分健康的な飲み物だけど、そこに豆乳が加わることで、美味しく、そして効率よく日常生活で不足しがちな栄養素を摂取しやすくなるんだよ~

だから、どうせ青汁を飲むんなら豆乳と一緒がおすすめだよ!

なるほどね~♪お互いが良い面を引き出しあうって感じなんだねぇ!

青汁と豆乳を一緒に飲むときの注意点はある? ただ混ぜるだけじゃダメ!

青汁と豆乳を混ぜて飲むと良いのか~
それじゃあ今日から、青汁と豆乳を混ぜて飲もう ドバドバ~
うん、でもどうせ飲むなら、もっと効果的に青汁と豆乳を飲む方法があるよ!
いや、私がこれを作る前に言ってよ……
もちろん、普通に青汁を豆乳で割っても効果があるけれど、飲む青汁の種類や飲み方によっては、その効果に違いがあるの!
いや、だから私がこれを作る前に言ってよ……

相乗効果を高める青汁・豆乳の選び方がある? 知っておきたい良アレンジ法

青汁と豆乳をそのまま混ぜて飲むのも効果がありますが、青汁の種類によってはお互いの悪い部分が相乗効果で悪効果を引き起こしてしまう場合も!

青汁と豆乳を一緒に飲む際に、注意しなければ行けないことは、以下の通りです。

■青汁と豆乳を一緒に飲む際の注意点

  • 注意①:葉酸が多い青汁を選ぶ
  • 注意②:ほうれん草配合の青汁は使わない
  • 注意③:調製豆乳よりも無調整の豆乳を使う
  • 注意④:すでに豆乳・大豆配合の青汁は使わない

それでは、それぞれのポイントを解説して行きますね!

注意①葉酸が多い青汁を選ぶ

青汁に含まれる葉酸は、身体の成長を促す成分です。実はこの「葉酸」はカルシウムと一緒に摂取することで、身体の中に吸収されやすくなります!

「カルシウム」と言うと、ついつい牛乳を連想してしまいがちですが、豆乳にもカルシウムはたっぷりと含まれているので、カルシウムと相性の良い葉酸を同時に摂取するためにも、なるべく葉酸が多い青汁を選ぶようにしましょう。

なお、青汁に含まれる食物繊維は、カルシウムの吸収効率を下げてしまうので、日常的に小魚や牛乳を飲まないという方は、葉酸が多い青汁を選びましょう。


青汁_みどりこ_笑顔
[オススメ]葉酸✕豆乳でお腹の中の赤ちゃんの成長を強力サポート!

 

葉酸は身体の細胞の生まれ変わりを司る、私たちの身体にとって必要な栄養素の1つです。特に妊婦さんのお腹の中にいる赤ちゃんの細胞を作る際に、この葉酸はいっぱい必要です!

また豆乳に含まれるカルシウムやタンパク質なども、赤ちゃんの身体を作るために必要な栄養素なので、妊娠中のお母さんは積極的に葉酸を配合した青汁の豆乳割りを飲むことをオススメします。

なお、妊娠中に受けた女性ホルモンの量によって、赤ちゃんの性別が変わるという説もあるので、産み分けをしたい方はかかりつけ医と相談した方が良いかもしれません。

注意②ほうれん草配合の青汁は使わない

市販されている青汁の中には、ほうれん草が配合されているものもあります。ほうれん草と言えば、鉄分が豊富で貧血予防に効果がある食材ですが、実は「シュウ酸」を多く含む野菜の1種でもあります。

このシュウ酸がカルシウムと結びつくと、排尿時に激痛を引き起こす「結石」を生み出してしまいます。

つまり、ほうれん草配合の青汁と豆乳を同時に摂取してしまうと、それだけで身体の中に結石が出来るリスクが上がってしまうのです!さすがに1杯や2杯で結石が出来ることはありませんが、毎日飲み続けると身体の中に結石が出来るリスクが高まるのは事実です。

だから、ほうれん草配合の青汁は極力使わないようにしましょう。


青汁_みどりこ_笑顔
[オススメ]健康診断が気になる方はケール・大麦若葉系の青汁と豆乳を!

 

シュウ酸を多く含むほうれん草の青汁と豆乳は健康診断で良い数値を出したいに人は、尿酸値を高めてしまう可能性があるので、絶対に控えてください。

しかし、健康診断が気になり血糖値や肝機能の数値などが気になる場合は、ケールや大麦若葉を配合したタイプの青汁を豆乳で割ることをオススメします。

ケール、大麦若葉系の青汁と豆乳を同時に摂取し、カルシウムを豊富に摂取することで、糖尿病発症のリスクを減らせることが国立がん研究センターの研究で明らかになっています(原因は未だ不明)。

また、ケール、大麦若葉系の青汁には青汁に含まれる食物繊維の力によって、血糖値が直接的に減少する効果も報告されています。
つまり、糖尿病などのリスクを減らしたいならケール、大麦若葉系の青汁✕豆乳がベストなんですよ!

注意③調製豆乳よりも無調整の豆乳を使う

スーパーなどで市販されている豆乳の中には味を調製した「調製豆乳」と大豆を搾ったそのままの味を楽しめる「無調整豆乳」の2つがあります。

実は調製豆乳よりも、無調整豆乳の方が原材料そのままなので含まれている成分の量が多いです!

商品にもよりますが、タンパク質やレシチン・サポニン・大豆イソフラボンの量は無調整豆乳の方が多いです(ただしカルシウムの量は調製豆乳の方が3倍近く多い)。

だから、より女性らしい身体になりたい方は"味"が気にならないのなら、無調整の豆乳の方がオススメです。


青汁_みどりこ_笑顔
[オススメ]発毛・育毛したい方は海藻配合青汁✕無調整豆乳を!

 

髪の毛に対して悩みを抱えている方は、発毛効果が期待出来る亜鉛などを多く含む海藻を配合した青汁と、無調整豆乳の組み合わせがオススメです!

海藻配合の青汁によって髪の毛を作り出すもとである亜鉛などのミネラルを摂取しつつ、豆乳に含まれる大豆イソフラボンによって、発毛効果が期待出来るので、海藻配合青汁と無調整豆乳を同時に飲むことによって育毛効果を多角的にサポートすることが可能です。

「髪の毛の量、増やしたいな~」という女性は、海藻配合青汁✕無調整豆乳の組み合わせを選んでみてください♪

注意④すでに豆乳・大豆配合の青汁は使わない

先述した通り、豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンと同じ働きをします。そして、過剰に摂取しすぎてしまうと、女性特有の病気を引き起こすリスクが高まってしまいます!すでに豆乳・大豆が配合された青汁と豆乳は一緒に摂取しない方が良いでしょう。


青汁_みどりこ_笑顔
[オススメ]高齢者の方は豆乳・大豆配合の青汁を豆乳で割っても大丈夫です!

 

若い女性の場合、女性ホルモンを大量に摂取し過ぎると良いこともありますが、女性特有の病気のリスクが高まるのも事実なので、適量を摂取するのが良いでしょう。

しかし、女性ホルモンの分泌量が著しく減少し、骨粗鬆症のリスクが高まっている高齢者の方の場合は、むしろ豆乳・大豆配合の青汁と豆乳を一緒に飲んだ方が良いかも知れません。

理由は高齢になればなるほど不足しがちなカルシウムと、極端なまでに減少した女性ホルモンの量を大豆イソフラボンで補うことが出来るからです。

ちなみに閉経後に大豆イソフラボンを積極的に摂取した方の乳がんのリスクが減ったことが国立がんセンターの研究で判明しています。
(参考サイト:大豆・イソフラボン摂取と乳がん発生率との関係について

自分にあった青汁を豆乳と組み合わせて、より健康に!より元気に!

改めて見ると、青汁っていろんな種類があるんだね~。しかも、青汁と豆乳の組み合わせで、メリットがあったりデメリットがあったりするなんて、はじめて知ったよ!やっぱり、みどりこは賢いなぁ
へへへ♪ 後、ダイエットをしたい人の場合は、糖分の摂取を避ける意味でも、フルーツ配合の青汁と豆乳は混ぜない方が良いんだよ!やっぱりフルーツとは言え、甘いものはカロリーが高いしね……
確かに甘いものって高カロリーだよね(遠い目)
そうそう、美味しいモノほど高カロリーなんだよね(遠い目)
ちなみに姉的にはもう少し肌を白くして、ナイスバディになりたいんだけど、良い青汁はないかな?
そうだね、お姉ちゃんの場合は逆に美白効果があるビタミンCが多いフルーツ系の青汁がオススメだよ!ナイスバディになりたいなら、人肌に温めた豆乳で割って運動かなぁ~
う、運動はちょっと……
食前に青汁のホット豆乳割りを飲みつつ、運動すれば血行促進、大豆イソフラボンが身体全身に流れやすくなって、胸も大きくなるし、お尻も大きくなるから、ナイスバディになれるよ♪

 


青汁_みどりこ_笑顔
[みどりこポイント④]なるべく暖かくして飲みましょう!

 

青汁は生野菜をすりつぶして作られていますが、生野菜には身体を冷やす作用があります。この青汁に冷たい豆乳で割ると効果が半減してしまうので、なるべく温めた豆乳と一緒に飲むようにしましょうね!

ただし、フルーツ配合の青汁や酵素配合の青汁を飲む場合は、ホット豆乳の熱によって、栄養素が壊れてしまう可能性があるので、熱々のホット豆乳は控えるように。

栄養素を壊さずにホット青汁✕豆乳を飲む際には人肌程度に温めることを当サイトではオススメします(40度以下ならビタミンや酵素が破壊されにくいため)。

『青汁✕豆乳』のアレンジレシピを教えて!

青汁の豆乳割飲んでるけど、やっぱり飽きるな~
なんか、変わった食べ方とかないかな、みどりこ?
そんなお姉ちゃんにオススメのレシピをピックアップしたよ!
糖質制限青汁パウンドケーキ+サイリム青汁入り豆乳コーンスープ青汁と納豆のリゾット
うわ、見事に画面が緑一色……
でも、このレシピすごくて、まず「糖質制限青汁パウンドケーキ+サイリム」は青汁の食物繊維をおやつ感覚で食べられるだけでなく、牛乳の代わりに豆乳を使っているから、低カロリーでお腹がたまる優れものメニューなんだ。
このぴろぱんださんのレシピだとココナッツオイルを使っているから、オメガ3脂肪酸の効果(高熱の場合は効果がない)で、身体の中にたまった中性脂肪を分解する作用が期待出来るの!
これならいっぱい作って、小腹が空いたときに食べれば摂取カロリーを減らせるね!
次に「青汁入り豆乳コーンスープ」は置き換えダイエットとしては優秀だよね!温かいスープで体温が上昇するから新陳代謝も上がりやすくなるし、何より手軽に作れるのが嬉しいレシピだよ!ズボラなお姉ちゃんにもぴったり!
(またナチュラルに私をディスってる……)
最後に「青汁と納豆のリゾット」は見た目は悪いかも知れないけれど、ご飯が豆乳を吸って少量でもお腹いっぱいになりやすいし、青汁も入っているから、不足しがちな食物繊維とビタミンも摂れるしね!
さらに納豆・豆乳・粉末チーズの相乗効果でタンパク質を効率よく摂取しやすいし、青汁の食物繊維と納豆に含まれるナットウキナーゼの効果で、ダブルの整腸作用が見込めるから便秘気味なお姉ちゃんにこそぴったりなレシピだよ!
なるほど!見た目はちょっとアレだけど、つくれぽやコメントも多いし見た目以上に美味しいし、健康にも良いレシピみたいだしね~。ということで、お腹が空いてきたので姉のためにパウンドケーキから作っといてー!

ちょ、ちょっとお姉ちゃん!?
そうやって、いつも私に全部押しつけるんだからー!

『青汁✕豆乳』を実践して、相乗効果を得よう

このパウンドケーキ美味しいね~♪さすが、みどりこ……もぐもぐ
これはいい嫁になるはず、姉の私が保証するよ!
本当に、お姉ちゃんはしょうがないなぁ……
それにしても、青汁と豆乳を混ぜるだけで、こんなにも健康効果があるなんて、お姉ちゃんビックリだよ!手軽に出来るし、青汁と豆乳を美味しく飲めるし
そうだね、青汁が苦手な人も豆乳が苦手な人も、混ぜて飲んだら味がかわるから、「青汁飲みづらいな」と感じたら、とりあえず豆乳で割ってみることをオススメするね!
でも、1日に何杯も飲んだらダメなんでしょ?……もぐもぐ
そうそう!豆乳も飲みすぎれば太るから、量は自分で調節しないとダメだよ。食前に飲んでかさ増しダイエット効果を利用すれば、健康的に痩せやすくなるし、紹介したスープのレシピを実践して置き換えダイエットもオススメだよ♪
冷え性気味な私は、ちょっと温めた方が飲みやすかったから、身体が冷えやすい人は豆乳を人肌程度に温めるとイイよー……もぐもぐ
そうそう……って、お姉ちゃんいつまでケーキ食べてるの!そんなに食べたら、いくら低カロリーの青汁パウンドケーキでも太っちゃうよーーー!!!

まとめ

  • 豆乳には美肌効果や便秘解消、アンチエイジング効果を期待できる
  • 豆乳+青汁で中性脂肪減少効果が期待できる
  • 豆乳+青汁で新陳代謝UPが期待できる
  • 葉酸が多い青汁を選ぶと良い
  • ほうれん草配合の青汁は避ける

みどりこ

記事を読んでいただき、ありがとうございました!

今回は青汁+豆乳による相乗効果や注意点についての解説でした。

最後の方で、葉酸が多い青汁が良い・ほうれん草配合の青汁を避ける、など、青汁を飲んだことがない方には選び方が難しい話題が出ましたが、青汁の通信簿では効果が期待できる本当におすすめの青汁だけを紹介しています。

ここで紹介されている青汁は全て厳格に選んだものです。青汁選びに迷ったら、参考にしてみてくださいね。

 

-飲み方・レシピ
-, , ,

Copyright© 青汁の通信簿 , 2017 All Rights Reserved.