健康と青汁

青汁で白髪を予防し、美しい黒髪を守る!青汁が白髪対策に効果が期待できる理由

更新日:

青汁が白髪の予防と改善に効果がある理由

白髪が生えてきたのは、年齢を重ねたからなのでしょうか?

白髪は見える範囲は自分でこまめにカラーリングなどのケアをする方は多いですが、自分で気が付かない部分を他人に指摘されて初めて気づくことも多いため、不意うちでかなりのショックを感じてしまうこともあります。

未だに全てがはっきりとは解明されていない白髪の原因ですが、長年の研究から「単に年齢と老化」以外にもさまざまな要因があることがわかってきています。

  • 「一度白髪になった部分はもう決して黒くなることはない」
  • 「抜いたり、染めなければ黒髪は戻ってこない…」

と思い込んでいる方も多く、白髪は受け入れるものと考えて、そのまま放置している方も少なくないと聞きます。

しかし諦めるのはまだ早いのです。白髪のメカニズムが分かれば、そこに働きかけて黒髪を取り戻せる可能性もあります!

今回は白髪の原因やその他情報を知り、正しい知識から導き出される予防法や改善法を含めて、お話していきたいと思います。

手っ取り早く白髪の予防・改善対策を知りたい方は↓からどうぞ

白髪の予防・改善を気軽に行う方法

白髪になる3大要因と、そのメカニズム

白髪にはさまざまな原因があると言われていますが、特に大きな原因として三大要因と呼ばれるものがあります。

「メラニン」「過酸化水素」「成長ホルモン」です。

まずは身体の内側からの原因と外部からの影響の3つについて、ご紹介します。

白髪の3大要因の1つ目:メラニンの不足

メラニン・メラニン色素という言葉はよく聞かれるかと思いますが、シミや皮膚がんの原因としてニュースなどで取り上げられていることもあり、どちらかと言うとあまり良いイメージではないかもしれません。

そのため、メラニン色素を増やさないよう心掛けていたり、美白化粧品などを使用してマメにケアされていたりといった方も多いかと思います。ですが、こと、髪に関してはメラニンは悪者ではありません。健康的な黒髪にメラニンは必要不可欠な色素だということをご存知でしょうか?

メラニンとは何か?黒髪のメカニズムを解説

まずはじめに、メラニンとはメラニン色素のことで、この色素によって人の肌の色や髪の色に違いが生まれます。一般的に「メラニン」と呼ばれている色素は、実は2つの種類があり、この肌と髪のメラニンは物質的には同じもの。できる部位やとどまる部位、その部位での刺激や周辺に与える効果が異なるのです。

2つの種類のうち、1つは黄色・赤色系の色素でフェオメラニン。そしてもう1つは黒色・褐色系の色素ユーメラニンがあります。

黒人や白人、アジア人など人種による肌や髪の色の違いは、この2つのメラニンの配合や比率、量で違っています。日本人の肌はフェオメラニンの黄色系色素の働きが強く、髪の毛はユーメラニンの黒色系の割合が高いと言われています。同じ日本人でも、1人1人肌や髪の色が違うのはこの比率によるものです。

皮膚の弱い部分などが強い刺激を受け続けていると、その部分を守るためにメラニンが生成されて、皮膚を硬くじょうぶにすることなど、プラスの働きももちろん存在しています。

メラニンは何からできている?黒色の正体

では、このメラニン色素は一体何からできているのでしょうか。実は、メラニンはもともと体内には存在していません。チロシンというアミノ酸と、チロシナーゼという必要不可欠な酸化還元酵素の働きにより、メラニンへと変化していきます。

髪の毛の根元部分にはもともと色が付いていません。黒色の正体はチロシンがメラニンへと変わって色付けがされ黒髪となります。このようにして、メラニン=黒髮となるのです。

メラニン色素を作るメラノサイトが重要!

このメラニンという色素を作る色素細胞を「メラノサイト」と呼んでいます。髪の色付け工場のような所ですね。メラニンは毛髪ではメラノサイト細胞内の小器官という場所でのみ作られます。毛髪はもともと色がついていません。ここの機能が弱まってしまうと、色素を作れず色付けもできず、白髪発生へと繋がります。

メラノサイト(工場機能)を活性化させることが、メラニン生成に繋がり=美しい黒髪へと導いてくれます。

メラニン不足=栄養不足ということ!

メラニン不足とはどのような状態なのでしょうか。先程メラニンを生成するにあたり必要な物質は、チロシンとチロシナーゼということ、そしてメラニンによって毛髪に色が付くということをお話しましたが、この過程でさまざまな栄養素を必要とします。

必要な栄養素が足りていない場合、メラニン生成に影響が出ることで、白髪を発生させてしまうこともあります。原料となるチロシン・チロシナーゼとメラノサイト、この重要な物質と細胞を活性化させるためのバランスよい栄養素が重要なのです。

チロシナーゼは年齢と共に体内で分泌される量も少なくなってきてしまうと言われています。年を重ねると、さまざまな機能を体内だけで保つことは難しくなります。

もう1つとても重要な成分があります。チロシンと同じアミノ酸で、髪の毛に含まれる成分のシスチンは毛髪に多く含まれており、目の角膜などにも使われる成分です。疲れ目になってしまうと、優先的に角膜の修復に運ばれていきますので、毛髪は後回し。結果、シスチン不足になってしまうこともあります。なお、アミノ酸は肉、魚介類などに多く含まれています。

栄養は不足していく分を可能な限り補ってあげることで、身体を若々しく保ち、加齢による影響を遅らせたり、あるいは予防に繋がる効果が期待できます。

メラニン不足にならないよう摂りたい栄養素

①アミノ酸の1つチロシンを摂取しよう!

チロシンはアミノ酸のひとつで、サプリメントもありますが、代表的な食品ではチーズやお豆腐、バナナ、アボカド、カツオやマグロなど普段食卓に並ぶ食品にも多く含まれています。タンパク質と併せることで、さらに摂取や活用効率も上がることも良く知られており、比較的簡単に摂る事ができそうですね。

できれば毎日、朝・昼・夜と、毎食欠かさずにこれら食品を摂るように心がけることで、白髪の予防や改善が期待できるといわれています。

さらに、吸収を高めるのに良いと言われているのが、ニンニク(ビタミンB6を含む)や葉酸(ビタミン9)です。一緒に摂取することで、さらなる活性化や促進の効果があるといわれています。

チロシンには、加えて鬱やストレスを軽減させる作用もあると言われていますので、健康な心と体を保つ為に必要不可欠な成分と言えるかもしれません。同じくアミノ酸のひとつフェニルアラニンを摂ることでも補われます。肝臓でチロシンに変化してくれるので、こちらも白髪の予防・改善効果が期待できます。

②チロシンの相棒であるチロシナーゼを活性化!

チロシンと共にチロシナーゼも必要な物質で、そのチロシナーゼによる働きを活性化させることで、白髪予防や改善に効果が期待できます。チロシナーゼを活性化させるため有効な成分はミネラルと言われ、特に銅が重要となってきます。

銅もまた食品から摂取することが可能です。銅が多く含まれているのは、レバーや甲殻類、魚介類や豆類などです。

③黒髪工場のメラノサイトを活性化させる栄養素!

メラノサイトの働きを活性化させることで、白髪予防や改善だけでなく、艶やかな美髪を保つ効果も期待できるといわれています。そしてメラノサイトの活性化を促してくれる成分の中で、最も良いとされているのがヨウ素(ヨード)とタンパク質です。ヨウ素は身体に必要なミネラルとして、なくてはならない栄養素でもあります。

主な食品としては、昆布やひじき、ワカメなどの海藻類に多く含まれているので、和食がメインの方なら、自然に摂取することが可能です。和食でもミネラルの一種が含まれるビタミンB12と共にビタミン9の葉酸も一緒に摂取することで、さらなる活性化も期待できます。

タンパク質は頭皮を健康に保つうえで欠かせない栄養素であり、髪の毛の主成分でもあります。強く健康な毛髪をつくる重要な栄養素です。

ここまででご紹介した、チロシン・チロシナーゼ・メラノサイト、この3つを活性化させる栄養素をバランスよく毎日の食事の中に取り入れて、メラニン不足に陥らないよう心がけるのも大切なポイント。もちろんシスチン自体も大切です。

それでは、次に白髪の原因とされてる三大要因の2つめ「過酸化水素」について詳しく見ていきたいと思います。

白髪の3大要因の2つ目:過酸化水素の蓄積

続いて、同じく白髪の三大要因の1つと言われている「過酸化水素」。

過酸化水素は普段の私たちの生活の中に多く存在しています。普段使用しているさまざまな生活物資そして食品からも体内に入り、また生成を増大させてしまうことも。この過酸化水素とは一体どのようなもので、毛髪にどのような影響があるのでしょうか。

体内に過剰に蓄積してしまう原因や影響について、詳しく見ていきましょう。

知らず知らずのうちに摂取している過酸化水素

過酸化水素は、体内では菌侵入などの際に、白血球が過酸化水素をつくって攻撃することなどが知られています。

普段の生活物資では水溶液状で用いられることがおおく、オキシドールなどの消毒剤、お風呂や食品用など掃除用で使用する漂白剤、そしてホワイトニング効果のある歯磨き粉、コンタクトの洗浄剤など、身体から近い場所で使用するものも多く見られます。

殺菌力や漂白力が高くなれば、それだけ過酸化水素の濃度も高くなります。頭髪に直接使用するブリーチ剤やヘアケア製品にも過酸化水素が含まれているものが多く、市販で売られているブリーチ剤などはさらに漂白効果が高いため皮膚などに付着しては刺激を感じ、多形成紅疹や接触性皮膚炎の原因になることもあります。

肌の弱い人などでは使用方法を守っていても、毛髪や頭皮にかなり強いダメージを与えてしまうこともあり、使用する際には十分な注意が必要となります。

食品に関しては、コーヒーや烏龍茶などは過酸化水素の体内での発生を増加させると言われています。もちろん過剰になることは通常あまりありません。

中には、過酸化水素を多く含む輸入食品やその他生活道具などもあります。日本では禁止されている食品添加物ですが、これらを毎日使用したり、口にしてしまうことで知らず知らずのうちに体内へと入ることもあるのです。

なぜ過酸化水素が毛髪に悪影響なのか?

過酸化水素が蓄積されると、メラニン色素に重要な酵素のチロシナーゼと、黒髪を作り出すメラノサイトに悪影響を及ぼし破壊してしまうことにつながります。

これは2009年にアメリカの学会で発表され、白髪の原因の理論として大きな話題となりました。

過酸化水素は体内でも作られる!?

驚くことに、外部からの影響の他にも、私たちの呼吸によって過酸化水素は体内で毎日作られているのです。

呼吸によって体内に入ってきた酸素は、体内で数種類に別れ、そのひとつが過酸化水素となります。若く健康的な体が維持されている場合、体内にある酵素の働きにより活性酸素(過酸化水素)は分解され無害のものへと変化しますが、上手く分解されずに残ってしまうと、毛包や毛幹に蓄積されていきます。

過酸化水素が溜まっていく原因は?

活性酸素(過酸化水素)の分解には主にカタラーゼそしてグルタチオンペルオキシダーゼと呼ばれる、体内にある酵素が働いて分解が行われます。

上手く分解がされなくなる理由として主な原因のひとつは「加齢」。加齢により活性酸素(過酸化水素)を分解してくれるはずの酵素の量が少なくなってしまい、分解できずに残ってしまうのです。

蓄積の原因で注意したいのは、日々のストレスや生活の乱れによるもの。これもまた、身体のスムーズな活動停滞原因のひとつとされています。

短期間で白髪が目立つようになったと感じた場合は「特にストレスを感じていることはないか」心の面でも環境面でも、いまの生活環境を見直すことが必要かもしれません。

では過酸化水素への対策はどうしたら良いの?

過酸化水素への対策として挙げられるのが、まず外部からの影響に注意をすること。

そして分解する力を増やしてあげることです。

減少してしまった酵素を増やすこと、そして、その酵素の増加を手助けしてくれる栄養素の補給が必要となります。

具体的な対処法を3つご紹介します。

①外部から入ってくる過酸化水素に要注意!

知らずに取り込んでしまっている過酸化水素に注意しておくことが、まず1つ目のポイント。過酸化水素を含む製品等を覚えておき、避けることが大切となります。

とくに家庭用品などの強い物質であれば、体や頭皮に負担になっていることも多くあります。代用品利用で負担を減らしましょう。

②ストレス発散ができているか生活環境の見直しを

生活習慣見直しも大切です。ストレスを溜めないということ、そしてストレスを、発散する方法があるかどうかが重要です。ストレスは体内に活性酸素を大量増加させ、過酸化水素も増加してしまいます。

ストレスを感じている時は健康な心や体ではない状態も多く、そこに大量の活性酸素の影響が加わるので、白髪を発生させがちです。今の時代、全くストレスを感じずに暮らしていくことの方が難しいかもしれません。

生活環境や習慣の見直しでは、ストレス発散を上手くできているかどうかを見直してみてください。たとえば軽度の運動は、精神面のみならず体の動きから使わない筋肉などの硬直といった身体的ストレスを緩和させてくれます。こうした取り組みが白髪の予防や改善に繋がることも大いに期待できます。

食品を通じたストレスコントロールで、カルシウムやマグネシウムなど、気分を落ち着ける効果のあるものなどを積極的に取り入れることも、ストレス許容のベースを高めるために有効かもしれません。

③過酸化水素の分解を助ける栄養素を取ろう!

過酸化水素を上手く分解できるように、必要な酵素や栄養を増やすことも重要なポイントです。しかし、分解酵素であるカタラーゼはそのものを摂取することはできません。

カタラーゼを多く含む食品はありますが、調理したり胃に入ると酵素から異なる物質へと変化します。そこで、体内にあるカタラーゼを活性化させ、増やす栄養素を摂取するという方法があります。

カタラーゼを活性化する&抗酸化に役立つ主な成分

①鉄分

カタラーゼの活性化には、鉄分が良いとされていますが、過剰摂取は体に悪影響を及ぼすこともあります。少しずつの量で、こまめに摂るように心がけましょう。

②鉄分と一緒にビタミンCも摂る

他にも過酸化水素を抗酸化させる作用のあるビタミンCは鉄分と共に摂っておくと良いと言われています。ビタミンCは体内で作ることのできない成分で、体内の特定臓器の何カ所かに蓄積されており、そこで不足してしまうとさまざまな悪影響も現れます。

ビタミンCは過剰な分は排出されやすい代表的な栄養素ということもあり、多く摂取しても問題ありません。

③グルタチオンペルオキシダーゼはセレンで補える!

重要な抗酸化作用を持つグルタチオンペルオキシダーゼという成分があります。

この成分はセレンを摂取することで補うことができます。セレンは比較的日本人であれば一般的な食品に多く含まれていて、かつお節や豚レバーや卵などを通じて簡単に摂ることができます。

毎日、3食バランスよく食事をされている方は足りていることが多いです。

以上が三大要因の2つめ、過酸化水素による白髪の可能性とその対応です。

まずは、生活スタイルや日用品などの見直し、そして補うことのできる栄養素は積極的に取り入れてみましょう。続いては三大要因の最後の1つ、成長ホルモンについてです。白髪とどのような関係性があるのでしょうか。

白髪の3大要因の3つ目:成長ホルモンの減少

体に変化を感じたら成長ホルモン減少のシグナルかも?!

成長ホルモンという呼び名から、成長期=思春期だけに分泌されるホルモンと思われる方もいるかと思います。実はこの成長ホルモンは私たち大人の体内にも分泌されているホルモンです。

体内には100種類を超えるホルモンが作られ、さまざまな役割をしてくれています。中でも重要な役割をもつのがこの成長ホルモン。組織の成長を促したり修正や再生など、代謝のコントロールから体と脳の疲労回復もしてくれる「若さの源」となるホルモンです。

成長ホルモンが分泌されるピークは思春期の後半頃、その後年齢と共に分泌量は減少していくのですが、健康な限り、体内から全く無くなるということはありません。

しかし、20代後半・30代頃を境に分泌量が大きく減ってくるため、今までとは少し違う変化を感じてしまうこともあります。

成長ホルモンが減ってくると・・・

  • 疲れやすい
  • やる気がおきない
  • 感情の浮き沈みが激しい
  • 記憶力の低下
  • 肌の衰えを感じる
  • 白髪が目立ってくる
  • 風邪や病気にかかりやすい

これはごく一部ですが、このような体の異変や心の変化を感じはじめた場合では、成長ホルモンの減少が始まっていることもあります。成長ホルモンは毛髪の再生や細胞分裂などにも深く関わってきます。成長ホルモンの減少から白髪が発生してしまうこともあります。

成長ホルモン減少の原因は加齢だけではない

体の異変や変化を感じ、年をとったからなのかな?と加齢という理由で終わらせてしまうのは、少々早合点しすぎかもしれません。加齢によっても成長ホルモンは減少しますが、その分泌については生活環境によっても大きく影響を受けます。そのため、年齢とは関係なく老化現象を引き起こしてしまう可能性は非常に高いのです。

では、その成長ホルモン分泌の改善ポイントについて、みていきましょう。

成長ホルモンの分泌を増やす方法

若さの源でもある、成長ホルモンの分泌を増やすことはできるのでしょうか。日々の生活の中で成長ホルモンを簡単に増やせる方法があるのです。

その重要な4つのポイントについてご紹介していきたいと思います。

①深く良質な睡眠

成長ホルモンの分泌で重要なポイント、それは睡眠です。これは成長ホルモンの特徴として、眠りについてから30分~3時間ほどの間に深いノンレム睡眠へと入り、そのことで成長ホルモンの分泌が盛んに行われるとされているためです。

深く良い眠りが、成長ホルモンを増やします。

以前は夜22時~翌2時という時間帯を「睡眠のゴールデンタイム」と言い、この時間帯に睡眠を取りましょうとされていました。これは体内時計の一般的な働きや、日長などの大きな刺激要因などから多くの人に当てはまる、体内要因の傾向としても、推奨されていました。

最近では、成長ホルモンはただの時間帯より副交感神経系との関わりから眠りと関連し、時間はあまり関係ないという見解もあります。そして、ただ眠れば良いということでもありません。深く良い眠りを取ることで、成長ホルモンの分泌も活発に行われます。

例えばTVを付けたままであったり、寝心地の悪いベッドや布団・枕、そして考え事やストレスなど、浅い眠りですぐ目覚めてしまうようでは、成長ホルモンの分泌が妨げられている可能性も。

深い眠りが取れていないと感じる場合は、寝具や場所を変えたり、香りなどリラックスできる環境を作ることも重要です。深く良い眠りと成長ホルモンの分泌のため、いろいろ試してみましょう。

 ②バランスの良い食事

成長ホルモンの分泌促進に期待できる食品も数多くあります。

それはアミノ酸のひとつアルギニン。アルギニンは肉(鶏肉)・大豆・エビ・ゴマ・ナッツ類・牛乳などに多く含まれており、毎日の食事で摂りやすい成分。栄養ドリンクなどにも含まれており、疲れに効く成分としても知られています。

さらにアルギニンの効果を促進させたい時は、酢の物や柑橘系の果物などクエン酸の食品と一緒に摂取すると良いとされています。他にもビタミンBを含む食品、例えばマグロやカツオなども一緒に摂ることでアルギニンを効果的に吸収できると言われています。

アミノ酸では、何かを突出してとるだけでなく、その他の必要なビタミン・ミネラルなどの栄養素をバランスよく摂れていてこそ十分に働く成分が多いもの。これらももちろん欠かすことができません。

③適度な空腹感

空腹時、成長ホルモンが多く分泌されると言われています。空腹を感じると、グレリンというホルモンが分泌されるのですが、このホルモンが成長ホルモンの分泌を促進させる効果があるとした研究結果が有ります。適度な空腹感、そしてお腹いっぱい食べ過ぎない、この「適度」ということが成長ホルモンの分泌にも、健康にも良いと言われています。

体内の有害な化学物質などを一旦リセットし、健康な体内循環を一から取り戻すことで、健康効果だけでなく、白髪予防の効果も見られます。

④効果的な運動と注意点

成長ホルモンの分泌を促進させる方法としては「運動」も良いと言われています。

これは運動時に分泌される乳酸が成長ホルモンの分泌を促す効果があるため、運動=白髪改善や予防にも良いと言われています。特に筋力トレーニングなど強い負荷を要する無酸素運動を指します。しかし、無酸素運動のハードなトレーニングでは「活性酸素」を多く発生させてしまう可能性もあります。

そこで、おすすめしたい運動法が、筋肉にかける負担が小さく乳酸を効率よく発生させる「スロートレーニング」です。

ゆっくりとした筋肉の運動で、省スペースで実施できる点も人気です。道具なども使用せず、女性の方や気軽に運動したい方にもおすすめです。

以上、白髪発生に大きく関わりがあるとされている、三大要因と対処法をご紹介しました。

それでは次に「白髪発生のその他のさまざまな原因」についても、ご紹介していきます。

白髪の原因はこの他にもたくさん

白髪発生では、他にもまだたくさんの要因が指摘されています。白髪の原因の全ては未だ解明されていないため、可能性としてあげられる中から4つをご紹介します。

①遺伝

遺伝は白髪の原因として知られているひとつです。しかしこの中にも複数の原因ケースがあり、すべての遺伝的原因の証明にはまだ至っていません。子どもの頃から白髪が多く、病気などを抱えていない場合は両親の遺伝であるケースや、色素がうまく作られない遺伝子型である可能性もあるといわれています。

②ストレス

ストレスによる白髪の発生は、はっきりとしたメカニズムは解明されていませんでした。しかし最近の研究で少しずつ明らかになりつつあります。ストレスからくる変化で白髪に対して大きく働きかけるものとして知られるのが、

  • 活性酸素によるもの
  • 血行不良
  • 副腎皮質刺激ホルモンの可能性

です。先ほどご紹介した活性酸素によるもの以外について、ご紹介します。

血行不良

過度なストレスにより自律神経が乱れ、血行不良になってしまう場合もあります。ストレスは血管を収縮させてしまうホルモンを分泌させることもあります。これにより部分的に血の巡りが悪くなり、血行不良となります。

よくみられるのが、こめかみからの白髪発生です。これは目の疲れや外部からの環境要因から引き起こされることも多く、目元のケアや目の運動、食生活で目元まわりの組織を意識、マッサージなども有効です。

目に疲れを感じたら、休憩を取り軽くマッサージを行って血行を良くしてあげましょう。

副腎皮質刺激ホルモンの可能性

副腎皮質刺激ホルモンとは、通常タンパク質を分解してエネルギーを作り出したり、炎症を抑えたり、ストレス(怒りや不安、危機感や緊張など)を受けた時に身を守るために分泌されるホルモンとして、重要な働きを持っています。

ですが、そのホルモンは、過剰なストレスで分泌過剰となると、自分自身を攻撃し、白髪の発生を引き起こしてしまうことも。

タンパク質の分解がずっと続けば、炎症を引き起こし、体力の消耗が激しくなります。皮膚やその延長の髪へのダメージは相当なものです。体のバランスは崩れ、白髪発生以外にも病気にかかりやすくなる可能性もあると言われています。

ストレスの他に、タバコやカフェインでも副腎皮質刺激ホルモンの分泌が活発になると言われています。白髪予防として過度なタバコやカフェインは控えるのが良いかもしれません。

局所的酷使の可能性

局所的酷使とは、脳や筋肉の一箇所だけを使うような作業や、怪我などのダメージのこと。そのため局所的に白髪が現れる場合があります。

デスクワークを仕事にしている方など、前髪だけとか、こめかみ、耳の後ろだけに白髪が発生することもあるといわれています。もっとも、本人の体内的な酷使だけではなく、その時の姿勢や身に着けるヘルメットやメガネなどのほか、外部からの刺激との複合であるケースも非常に多く見られます。

脳は非常にカロリーを多く消費する活動をしており、そこへの栄養供給、すなわち血液など体液の流れが優先されることで、その周辺部分の栄養は一時的に不足します。そのため回復が遅れ、その部分だけ緊張が継続している状態であったり、さらに血行不良が慢性化していることも考えられます。これらがこの局所的なストレスに該当します。

頭皮マッサージや、首やワキ、背筋の流れを良くするようなストレッチ、そして普段とは違う部位を刺激する運動、例えばウォーキングや水泳など軽い運動を取り入れるのも効果的です。

③病気

そして白髪の発生には何かしらの病気が隠されている可能性も。その病気とはどのようなものなのか、どんなメッセージが現れているのかをみていきましょう。

甲状腺の異常

甲状腺機能低下症という病気があります。これは、甲状腺ホルモンの分泌量が減少し、無気力感やむくみ、便秘、皮膚乾燥、体毛が抜けたりなど、代謝低下に関連したさまざまな症状が現れるものです。

その症状のひとつで白髪が発生する場合も存在しています。女性に比較的多くみられ、他の病気と区別をするのが難しく、なかなか原因が特定できないことも多いようです。

成人GHD(成人成長ホルモン分泌不全症)

通常は子供に見られることが多い成長ホルモン分泌不全症という病気。中には成人でもこの診断となる方があります。脳腫瘍や頭蓋内外の疾患を原因としたり、放射線治療からの影響もあるといわれています。

成長ホルモン分泌不全症と診断された場合、成長ホルモンの治療を受けることが認められており、体に異変を感じたら早めの医療機関受診がオススメです。

白斑

白斑は、肌などにも起こる症状で遺伝的・先天性のものと、化粧品などの成分によって引き起こされる後天性なものがあります。前者ではチロシンの減少や、メラノサイトが正常に機能せずにこれが皮膚や髪の白化につながります。

こうした症状が疑われるケースは、病院での診断治療が必要です。

貧血

貧血も、白髪の原因である可能性があります。貧血は食生活の栄養不足や、怪我や発育の急進などでの栄養不足からくるものが多く、また、食生活中の鉄分の不足やビタミンB12の不足も関係しています。

これらの栄養素が減少してしまうと、チロシンやメラノサイトの働きが低下してしまい、メラニン色素を作ることができなくなります。栄養素をバランスよく、必要量を意識しながら積極的に摂り入れるように心がけたいものです。

④妊娠

妊娠で白髪に?!と驚かれる方も多いと思いますが、妊娠そのものと妊娠による変化で白髪になることは、珍しくはありません。なぜ妊娠によって白髪になるのかをみていきましょう。

栄養不足と過剰栄養

妊娠中で気をつけることといえば、栄養。栄養不足も栄養の摂りすぎも、両方に気を付けなければなりません。お母さんの体だけでなく、お腹の赤ちゃんにも栄養が必要で、赤ちゃんの体内での発生と発育に必要とされる栄養を、お母さんの胎盤を通じてどんどん運んでいきます。

普段の生活でも不足しがちなビタミンや鉄分、ミネラルなどが赤ちゃんへと運ばれていくことで、お母さんの体の栄養は不足状態になりやすいのです。そのため、体内では栄養素が髪に行き届くほど十分に存在しないために、白髪が生えてきてしまうこともあります。

また反対に、過剰な栄養摂取から白髪を引き起こしてしまうこともあります。赤ちゃんのことを考え、必要以上に栄養を採ってしまったり、あるいはつわりの1種で食欲が増してしまう場合があり、暴飲暴食から糖分と炭水化物を摂り過ぎることがあります。糖分は体内の酵素であるカタラーゼを減少させてしまうことがあります。また、血糖値が上昇することで成長ホルモンの分泌量の減少に繋がってしまうことも。

妊娠中は栄養不足にも暴飲暴食にも気を付け、赤ちゃんにもお母さんの体にも負担のないよう心がけが必要ですね。

睡眠不足

妊娠中から産後数ヶ月は睡眠不足になりやすい時期でもあります。体内のさまざまなホルモンが変化して、つわりや胎動、圧迫感に、産後の夜泣き等から睡眠不足、そして心配などから不眠症に陥ってしまうことも。こうした妊娠中の睡眠不足でも母体が使用できるに十分な量の成長ホルモンが確保できなくなり、白髪が発生することもあります。

少しの時間でもぐっすりと深い眠りを取ることで解消できる場合もあり、足湯や入浴で体を温めてリラックスし、ホルモンバランスによる違和感を血流側から整えながら、入眠や睡眠の質の向上を心がけてみるのが良いかもしれません。

妊娠中・産後のストレス

妊娠中から産後の数ヶ月は精神面でも体力面でも、これまでにないストレスがかかります。先程お話したストレスとはまた別の、自分の思い通りに動けなかったり食べられなかったりなど、また子育てによるこれまで使ってこなかった筋肉の使い方や、体の動かし方、授乳による体力の減退など、妊娠・出産をして初めて気付く生活上のストレスも多く感じることになります。

産後も睡眠不足は続き、慣れない子育てや家族の育児参加などからストレスが溜まっていくことも。成長ホルモンの減少と、ストレスによる活性酸素の発生で白髪を引き起こしてしまうことも心配されます。

妊娠中や産後にもできるストレス発散法を見つけて、ストレスを溜めないマタニティライフと子育てを心がけることは白髪対策にもつながります。

若白髪の生え方で原因が分かる!?

若白髪で悩んでいる方も多いと思います。ここでは、白髪のお悩みで急増している、若白髪についてお話していきます。白髪の生え方から原因と改善法を探っていきたいと思います。

一般的に白髪が生え始めるのは何歳くらい?

一般的には、身体組織の老化に伴い、30代半ば頃から白髪が生え始めたり、気になりだすと言われています。

若白髪と言われるのはそれ以前の10代~20代頃の白髪。白髪を老化のバロメーターとする人は多く、自分でも気になりますし相手に与える印象も変わってくるので、それだけで非常に大きなストレスに感じてしまう方もあります。

全体的に多く白髪が目立つ場合は遺伝の可能性が高い!?

ちらほらと数本の白髪が生えているのではなく、頭髪に全体的に白髪が多いと感じる場合、遺伝の可能性も考えられます。

もしご両親のどちらかが若白髪であった場合は遺伝の影響が非常に高く、また両親には発生しないながら、子にだけ発生するケースもあります。まだ全体がはっきりと医学的に解明されているわけではありません。

このケースでは、遺伝とその原因などによっては治療を受けられ、それによる改善がみられるケースもあります。

前髪やこめかみ、後頭部など部分的に白髪が生えるのは過度な疲労や栄養バランスの乱れ

IT系機材が増えた生活環境。いつまでも同じ姿勢で同じ状況で、ゲームや仕事、勉強を続けてる環境はいたるところに存在します。とくに若い世代では、学習でも仕事でも、考える作業や思考力をフルに活用するシーンも多く見られます。こうした状態から前髪やこめかみ、側頭部や後頭部の白髪が増えるともいわれています。

脳自体の酷使のみならず、眼精疲労から白髪が引き起こされることも。これは頭皮の血行不良や疲れと、目の周りのあらゆる筋肉にコリが見られることからくるケースもあります。また栄養バランスの乱れや、同じ姿勢をとり続けること、背部や肩に頑固なコリや血流障害を抱えている方は多く見られますが、こうしたケースでも白髪が発生することがあります。

定期的な休息やマッサージ、部分ストレッチ、水分や栄養分のこまめな摂取、日常的にしっかりと湯船につかる入浴習慣といった複合的な条件改善が、こうしたケースでは重要です。

他にも男女ともに、スキンケアや整髪料等がとくに前髪やこめかみなどの毛穴に残っているため、毛穴が詰まっていたり、あるいは十分に皮膚が柔軟さを持たず、毛穴からの栄養分の供給ができないことも。朝晩の洗浄や、こうした化粧品類を肌負担の低いものに変えてみることで、白髪改善に効果が現れる場合もあります。

頭の上の方に白髪が多く生えている場合はストレスが原因!?

次に頭の上の方に白髪が目立って生えてきた場合、ストレスやホルモンバランスの可能性があるといわれています。特に頭の上(頭頂部)は、日焼けや整髪料の複合条件、男性ホルモンの過剰分泌、炎症などから脱毛を起こす皮膚や組織の老化などのケースとも関わりがあるといわれています。

他に胃腸や腎臓肝臓の働きが低下しているときに、特に影響を受けるといった説もあります。こうしたケースでは早めに専門医の受診と治療、栄養補給。そしてストレスの中身について知ることも大切です。

白髪になったら2度と戻らないって本当?

白髪には一時的なものと長く続くものがある

白髪が目立ち始めて、一番気になるところは一度生えてきた部分は再度黒くなるのかという疑問。

死んだ細胞の集まりでもあることから、一度白く生えてきた区間は黒く戻ることはほぼありませんが、同じ毛でこの後に生えてきた区間が黒くなることは、その原因によりけりで、期待できることもあります。

たとえば、栄養不足や疲労、ストレスや、汚れ等から突発的に発症した白髪に関しては、原因を解消することで、「白髪が無くなった。黒髪に戻った」などという声も。

突発的な白髪からその原因が常態化し、慢性的に続くようなストレスや栄養不足、睡眠不足となった場合には、毛根周りの細胞自体が破壊されてしまう場合もあり、早めに対応することが重要です。

これまで白髪の原因や必要な栄養素をご紹介してきました。たくさんの情報があり過ぎて、「簡単に取り組むにはどうしたら」とさらに悩みを深めてしまった方もあるかもしれません。

そこで、一般的に白髪予防に効果があるといわれる栄養素をまとめてみました。食事をしない、という方はいないと思います。その食事を少し工夫するだけで予防効果が期待できるのならば、やらないだけ損です。

白髪予防に効果的な栄養素のまとめ

白髪予防や改善に心がけたい生活習慣では、毎日の食事が大きく関わっています。

その中で、<タンパク質><ミネラル><ビタミン>この3つの成分を積極的に摂ることが、白髪対処方のひとつであり、健康な髪へと導いてくれる大切な一歩です。

それでは、それぞれ摂りたい成分とその成分が豊富に含まれる食品とを併せてご紹介したいと思います。

タンパク質(アミノ酸)

髪の健康を保つアミノ酸は、非必須アミノ酸の中から、「アルギニン」「チロシン」「シスチン」。

必須アミノ酸は「フェニルアラニン」「メチオニン」が良いとされていますので、これらが多く含まれる食品を摂取しましょう。

  • 牛(ロース)
  • あじ
  • 鶏卵
  • 牛乳
  • カツオ
  • 大豆
  • 納豆
  • ごま
  • チーズ
  • りんご

などの食品に多く含まれています。

ミネラル

鉄・銅・亜鉛・セレン・ヨウ素・カルシウムを積極的に取り入れましょう。

  • 煮干し(小魚)
  • 魚介類(タコ・イカ・マグロなど)
  • 牛乳
  • ごま
  • 海藻類(わかめ・昆布)
  • 大豆
  • 緑黄色野菜(かぼちゃ・にんじん・アスパラガス・ほうれん草など)
  • 貝類(アサリ・牡蠣など)
  • 豚レバー
  • ココア
  • 穀類

などの食品に多く含まれています。

ビタミン類

そしてビタミンに関しては、ビタミンB群・ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEと葉酸も積極的に取り入れましょう。特にビタミンB群には皮膚や髪を丈夫にし、再生を助け、健康に保つために必要なものも数多くありますので、意識して摂取したいものです。

  • 胚芽米や玄米
  • ごま
  • うなぎ
  • いくら
  • たらこ
  • レバー
  • アボカド
  • 納豆
  • バナナ
  • マグロ刺身
  • 牛乳
  • アーモンド
  • 赤・黄ピーマン
  • ブロッコリー
  • ゴーヤ
  • アセロラ

などの食品に多く含まれています。

こうした栄養素では、そのビタミンなど1栄養素だけを補充しても、それ以外の栄養分も十分に足りていなければ、体内でしっかりと働かないものも数多く見られます。バランスの良い食生活はこういった面でも欠かせないのですね。

注目したいのは、レバーやごま、牛乳や卵、緑黄色野菜、魚介類、豆類などを中心に、日本人の食卓でよく見られる食品で多くの成分が自然と摂取できるようになっている点。やはり日頃の食生活は重要ですね。

白髪予防と改善に働きかける青汁の効果

白髪のさまざまな原因に思い当たるところがあった方もいらっしゃると思います。ここからは、白髪と青汁に関してお話していきたいと思います。

青汁は主要成分の手助けをしてくれる

白髪予防や改善に効果的な栄養素をご紹介してきましたが、白髪の予防や改善で重要なポイントは、十分な栄養によって身体組織の健康面を維持するということをお分りいただけたと思います。

しかし、栄養分もその効果を最大に発揮するためには、手助けしてくれる補助成分を含めバランスよく摂ることで、栄養が行き届きます。十分な量とバランスが白髪予防や改善へ導いてくれます。このバランス面を豊富な栄養素で手助けしてくれるのが「青汁」なのです。

例えば活性酸素を抑えるビタミンCやポリフェノール、ホルモンバランスを整えてくれるビタミンE、輸送排出などに欠かせないカリウム、ストレスでの苛立った気持ちを安定させてくれるカルシウムや、各種ミネラル・・・。

白髪改善にとっては、栄養状態の改善面からの身体組織の若々しさの維持、肌悩みの改善が必須です。簡単に飲める青汁は、気軽に栄養面を補ってくれるため、忙しい現代人のさまざまな悩みの手助けに、とても役立つ存在です。

白髪の予防・改善に特におすすめできる青汁

主要成分と共に摂取しておきたい、補助成分はどのような成分なのでしょうか。一緒に摂りたい成分と、ピッタリマッチしたおすすめの青汁をご紹介したいと思います。

補助的にも摂りたい成分としてご紹介したものは、いずれも微量ながらもその役割も大きく、体に必要な栄養素でもあります。今回ご紹介する青汁は、数多くある青汁の中からこの補助成分が多く含まれる青汁を厳選させていただきました。

やわたのおいしい青汁

髪の毛に充分栄養を届けることのできる栄養の豊富さと、余計な添加物などがないため安心して飲めるやわたのおいしい青汁は白髪予防と改善に効果が期待できます。

ただ、豊富な栄養と余計な添加物が入っていないため、多少、味の面では苦手な方もいると思われますが、少し我慢することで白髪の予防や改善が期待できるのならば、と思って飲むことをおすすめしています。

おいしい青汁

白髪対策と青汁まとめ

今回は白髪のメカニズムから、白髪を引き起こしてしまうさまざまな要因までをお話してまいりました。未だすべてが解明されていない白髪の原因。

食事や生活習慣、ストレスなど、今までのライフスタイルやビジネススタイルの見直しによって、予防や改善ができることも多いといわれています。

ひとつひとつの対策の積み重げで、徐々に効果を感じる日が来るかもしれません。焦らずゆっくり、そして継続することで予防・改善に取り組んでみませんか。

-健康と青汁
-, ,

Copyright© 青汁の通信簿 , 2017 All Rights Reserved.