ダイエットと青汁

産後ダイエット成功のために知っておきたい痩せるコツと青汁の意外な関係

更新日:

産後ダイエットに青汁が効く

産後は思ったほどすぐにはお腹がへこみませんね。赤ちゃんは出てきたはずなのに…と思うかもしれません。お腹の皮もゆるんだままだし、出産前の服が着られるかどうかも不安ですね。

初めての育児だと不安なことも多くイライラしたり、上の子がいるママはさらに大変です。上の子の面倒も見ながら赤ちゃんのお世話もしなくてはいけない。自分の健康のことはつい二の次になってしまうと思います。

母乳の出が悪い、赤ちゃんの寝つきが悪い、など悩みはつきないものですが、中でも産後のダイエットはママにとっても大きな悩みなのではないでしょうか。そんな産後ダイエットについて詳しく解説していきます。

どうして産後に太ってしまうのか

出産前に増えた体重が減るどころか、産後の方がもっと増えてしまう、という人も少なくないのです。赤ちゃんは出てきたのに逆に体重が増えてしまうのはなぜなのでしょうか。

骨盤のゆがみや開き

赤ちゃんが産道を通って出てくる時、骨盤を開いて出てきます。この開きが戻りにくく、骨盤が歪んだままになると、内臓が正常な位置から下がってしまうことがあります。

本来内臓があった位置には空間が出来るわけで、身体はここを埋めようとするために脂肪がついてしまうのです。これが、骨盤がゆがんでお腹がぽっこり出る理由です。

妊娠中についた脂肪はとれにくい

元々の体型や身長にもよりますが、妊娠中は8kg~15kg程度の体重増加は普通です。しかし、その時についた脂肪を放置すると、冷えやむくみの原因になり太りやすくなるのです。

脂肪には血管が通っていません。脂肪が多くついているということは、冷たい肉襦袢を着ているようなもので、血行が悪くなるのです。身体の巡りが悪くなるとむくんだり冷え性になったりして代謝の悪い身体になりますから、早めに脂肪を落として、代謝の良い身体に戻すことが大切です。

ストレスによる過食

産後数カ月は眠れない日々が続きます。自分のやりたいことも出来ないし、ママのストレスはピークに達していることでしょう。

好きに出かけることも出来ない産後は、赤ちゃんが寝ている間におやつを食べるくらいしか楽しみがない、とばかりに食べることでストレスを解消しようとしてしまいます。動かずに食べてばかりいれば当然太りますよね。

どうしても何かを食べたい時は、低カロリーでお腹にたまる寒天や噛むことで満腹感を感じやすくなるナッツ類などの固いものがおすすめです。

早食い

3時間ごとの授乳は思ったよりも間に時間がありません。赤ちゃんが寝ているうちに食事!と思って早食いになってしまうと、満腹感を感じにくく、どうしても食べ過ぎてしまいます。

満腹中枢が刺激されるまでに20分ほどかかるので、出来るだけゆっくり食べることが大切です。1口につき30回噛む、1口ごとに箸をおく、など時間がかかる工夫も必要です。

便秘

産後は母乳を出すことで、身体が多くの水分を必要とします。飲む量には個人差がありますが、新生児期で1日600~900ml、3~4ヶ月になると1000ml以上になってきます。

その分、ママの身体の水分も母乳にとられてしまうので、意識して水分を摂らないと便が固くなり、排出されなくなります。これが便秘ですね。腸内に老廃物がたまった状態ですから栄養の消化吸収も悪く、エネルギーが消費できない身体=代謝の悪い身体になるので太りやすくなるのです。

母乳育児への過信

母乳をあげているママの方がカロリーを消費するから体重が落ちるのが早い、という話を聞いたことがないでしょうか。

確かに、母乳は血液を原料として作られますし、乳腺周りの筋肉を収縮させることによって出しますから、運動しなくても1日で800~1000kcalものカロリーを消費するといわれています。そのカロリーはジョギング1時間にも相当しますから、それなりのカロリーの量ですね。

ただし、カロリーを消費しているからといって消費した以上に食べれば当然太るわけです。それに、元々の体質や食事の仕方によっても1日の消費カロリーは変わってきます。母乳育児をしていて痩せるのは、和食中心の低カロリーの食事をして、おやつもほどほどにしている場合であって、炭水化物ばかり食べていたり、菓子パンやインスタント食品など脂質や糖質の多いものを食べていれば母乳をあげていても太ります。

産後にダイエットした方がいい理由

そんな太りやすい理由が多い産後ですが、実は産後にダイエットをしておかないと、ますます痩せにくくなってしまいます。なぜ今やるべきなのか、詳しく見ていきましょう。

骨盤が柔らかいうちにもとに戻すため

妊娠中に骨盤が開きやすくなるのはリラキシンというホルモンの影響です。出産を楽にするために靭帯の結合をゆるめる作用があります。

このホルモンは、出産してもまだしばらく分泌されているので、出産後4~6ヶ月くらいはまだ骨盤が動きやすく、矯正しやすい時期なんです。およそ半年を過ぎてしまうとこのホルモンの影響もなくなり、骨盤が開いたまま固定されてしまうので、それまでに元に戻した方が良いとされています。

骨盤矯正ベルトなど、専用の器具も売っていますね。

将来のメタボを防ぐため

骨盤の歪みを矯正せずに開いたままだと、余計な下腹部脂肪がついたままになりますし、その後も加齢によって内臓脂肪がつきやすくなります。放置するとメタボリックシンドローム予備軍に。

また、骨盤の歪み部分には筋肉があまりありませんから、ピンポイントで後から痩せるのは凄く難しいです。産後ダイエットは絶対にしておきましょう。

肥満体質を改善するため

出産後は妊娠中の運動不足で基礎代謝が下がっている状態です。その状態のままそれまでと同じ食生活をしたら、ダイエット後のリバウンドと同じで太る一方です。

まずは適度な運動をして元の基礎代謝量に戻していくことが大切です。

女性としての自身を取り戻すため

子どもを産んだら太るのが当たり前、ではありません。産後の痩せやすい時期に適切なダイエットをすれば元の体型に戻すことはそれほど難しくないのです。太ってしまったことで、一人の女性として自信を失ってしまうことがあります。妊娠前はお気に入りだった服も着られなくなったり、きれいに痩せているママを見ると自分と比べてしまったり。

出産という人生の一大イベントを乗り切ったのですから、ママとしてもっと輝けるようにダイエットで元のきれいなボディを取り戻しましょう。

対策すべきポイント

ここからは出産から経過する時期別に対策方法を解説していきます。出産前に計画を練るべきですが、出産を終えたママは今自分がどのような時期にあるのかを把握して、産後ダイエットの参考にしてみてくださいね。

出産直後

出産直後は「産褥期(さんじょくき)」といって身体を休める期間です。無理なダイエットは禁物で、極端な食事制限や激しい運動は控えて下さい。まずは出産のダメージから身体を回復させることが大切です。

産後の肥立ちは個人差があります。1ヶ月経ってもだるくて疲れがとれなかったり。

かといって、元気な時は寝たきりでいる必要は無いので、産褥体操がおすすめです。ベッドに寝たまま、足首を回したり、膝を立ててそろえ、それを左右に倒すなどして軽い運動から始めます。また、骨盤を正しい位置に戻すために骨盤ベルトを利用するのもいいでしょう。

産後6カ月以内

産後1ヶ月を過ぎて、悪露の状態も良くなり医師から動いてもいいと許可が出たら、本格的なダイエットを始めます。

かといって極端な食事制限は厳禁です。炭水化物もしっかり摂りながら和食中心の低カロリーな食事を心がけましょう。食べ過ぎを防ぎたいなら、食事の前にガムを噛んで満腹中枢を刺激しやすくしたり、炭酸水を飲んでお腹を膨らませておくなどしてみてはいかがでしょうか。

運動はダンベルやストレッチなど軽いものと、散歩など気分転換出来るものと組み合わせると楽しく続けることが出来ます。

産後1年以上経過

産後1年もたつと卒乳する人も出てきますね。骨盤も固定されていますし、なかなか痩せにくくなる時期でもあります。

もし骨盤が開いたままなら、整体やエステで骨盤矯正をするという方法もありますね。産後にちっとも痩せなかった、もしくはさらに太ってしまったという人は食事の見直しが必須です。

産後ダイエットに青汁って効くの?理由や飲み方は?

結論から言うと、青汁は産後ダイエットに役立つ飲み物です。産後の体力が減っている時期でも子供の面倒を見ながら飲むだけで簡単に続けられますし、授乳のための栄養素も効率的に摂取することができます。

青汁が産後ダイエットにおすすめな理由

これだけ太る理由があったら、産後に痩せないのは仕方がないとあきらめたくなるかもしれませんが、まだあきらめないで!産後のダイエットは食事制限や運動だけではありません。青汁を利用しながらダイエットにチャレンジしてみて下さい。

青汁とは生の緑色の野菜を絞った汁のことです。大麦若葉やケール、明日葉などが原料で、フラボノイドやクロロフィルといった有効成分を含んでいます。

食物繊維

産後の便秘の解消に役立ちます。食物繊維は不溶性と水溶性を2:1でバランスよく摂ることが必要ですが、ケールや大麦若葉など青汁の原料となる野菜には両方含まれています。

ただし、加工の方法や原料の量によっても変わってくるので、便秘を解消したい場合は食物繊維の量をよく確認しましょう。

カルシウム

産後はカルシウム量が低下しているので、積極的に補いたいですが、これは骨のためだけでなく、イライラを鎮めるためでもあります。カルシウムには精神安定効果があるので、イライラによる過食を防ぎます。

亜鉛

亜鉛はたんぱく質や糖質、脂質の代謝に関わるミネラルです。産後の代謝アップには欠かせません。

ビタミンB群

これもたんぱく質や糖質などの代謝に関わります。産後は炭水化物抜きはダイエットはよくないので、ご飯もしっかり食べたいですが、ダイエットには糖質をエネルギーに変えていくことが大切なので、ビタミンB1、B2、B6は欠かせません。

青汁の飲み方:出産直後の時期

青汁は基本的に野菜の汁ですから、出産直後であっても飲んでOKです。青汁を飲んだからといって母乳が緑色になるわけでもなく、むしろ葉酸など赤ちゃんの成長は欠かせない栄養素も含んでいますから、赤ちゃんの健康のことを考えてもおすすめの飲み物です。

この時期は、ダイエットというよりも、食事もままならない時期の栄養補給の意味で摂るといいでしょう。ただし、母乳をあげている人はいくつか青汁選びで注意が必要です。

まず、風味付けで抹茶などが使われていないか確認すること。抹茶はお茶の中でもカフェインの含有量が多く、緑茶や紅茶の1.5倍にもなります。母乳を通して赤ちゃんにカフェインを飲ませてしまうことになり、夜泣きがひどくなったり興奮して落ち着かない、という症状が出てくる可能性があります。

また、残留農薬や添加物も心配です。輸入物の青汁はその品質に不安が残りますし、国産のものでも注意が必要です。なぜなら、これは青汁に限りませんが、たとえば中国産の野菜を使っても日本の工場で加工されたものは「国産」と表示が出来るからです。

出来れば「JASマーク」がついているか、有機栽培された国産の野菜が使われているとわかるものを購入するようにしましょう。

青汁の飲み方:産後6カ月以内のママ

授乳中はカフェインなどに注意することは変わりませんが、赤ちゃんとの生活にも慣れてきたら、本格的にダイエットに向けて青汁を活用していきましょう。

それには青汁に何を混ぜて飲むかが大事。お腹の調子を整えたい人には無調整の豆乳がおすすめです。豆乳のオリゴ糖は腸内の善玉菌のえさとなり、腸内環境を整えて便秘の解消に役立ちます。

イライラして食べ過ぎてしまう!という人は、カルシウム補給のために低脂肪の牛乳を混ぜて飲みましょう。ほんの少し牛乳を温めて飲むと気持ちも落ち着いて寝つきも良くなりますよ。

食事の量を自然に制限したい時は、食事の前に青汁をゆっくり飲むといいですよ。くれぐれも置き換えダイエットのように、食事を抜いて青汁だけにするのは避けて下さい。

青汁の飲み方:産後1年以上経過

卒乳していれば、赤ちゃんに対する影響はあまり考えなくて良さそうです。上記で紹介した栄養素を含み、自分が飲みやすいテイストのものを続けていくのが一番です。ダイエットにいいからといってまずいと思うものを飲んでも楽しくありませんよね。

おすすめの青汁の種類

太る原因にも色々ありますから、その原因にあわせて青汁を選んでみましょう。

とにかく便秘対策をしたい!という人は、オリゴ糖や乳酸菌が配合されたものがいいでしょう。青汁の食物繊維と乳酸菌のダブルの働きで腸内環境を整えて便秘を改善します。

脂肪太り、むくみ太りの人は身体の巡りを良くしていくことから。カリウムが豊富な青汁を選ぶといいでしょう。原料としては大麦若葉のカリウム含有量が一番多いのですが、製品の加工の仕方によっても変わってくるので、表示をよく見て下さいね。

まとめ:産後ダイエットと青汁は相性抜群!

産後は忙しくて寝ている暇もないのですから、カロリー計算なんて面倒なことはしていられません。数あるダイエット食品の中で、栄養補給の面からも、ダイエット効果からも青汁がおすすめであることがおわかりいただけたと思います。

育児は慣れるまで大変ですが、ママがきれいになることも忘れずに!青汁を上手に利用しながら、赤ちゃんとの生活も楽しみつつ、ダイエットに励んで欲しいと思います。

青汁の通信簿では産後にきれいになりたいママも安心できる有機JASの青汁を始め、厳格な基準で選んだ効果が期待できる本当におすすめの青汁だけを紹介しています。安心安全で、目的に合った最適な青汁を選びましょう。

-ダイエットと青汁
-, , , , , , , , ,

Copyright© 青汁の通信簿 , 2017 All Rights Reserved.