健康と青汁

二日酔い対策にはウコンより青汁!?青汁の二日酔い予防・解消効果とは

更新日:

青汁_二日酔い

  • 「いつもより飲みすぎたな・・・明日仕事があるけど大丈夫だろうか」
  • 「今日は付き合いで遅くまで飲みそうだ・・・明日辛いだろうなぁ」

日頃からお酒をたしなんでおり、慣れているという方でも飲むタイミングやその時々の体調などによっては翌朝、二日酔いに苦しむことがあります。そういう方はもちろん、普段お酒をあまり飲まない方でも、辛い二日酔いを避けられる方法があったら知りたいですよね。

  • ウコンと青汁、二日酔いに効くのはどっち?
  • 青汁って肝機能に効くの?
  • 青汁は飲酒の前後どちらで飲んだ方がいいの?
  • 二日酔いに効果があるおすすめの青汁は?

何となく健康に良いイメージのある青汁が、なぜ二日酔い対策としてその効果が注目されているのか、解説していきます。

【記事の概要】

  • 二日酔いの仕組みの解説
  • 二日酔いの辛さや各症状の原因・仕組みを解説
  • アルコールの体組織への悪影響の解説
  • 様々な効果的な二日酔い対策の紹介
  • 青汁が二日酔いに効果が期待できる理由と理論の解説
  • 二日酔い対策としてのおすすめの青汁の基準

そもそも「二日酔い」とは

健康診断_青汁のアイキャッチ画像

宿酔=ふつかよい、しゅくすいともよばれ、お酒を飲んだあとの「悪酔い」や「酩酊」などの状態を経て・・・あるいはそういった状態を本人が自覚しなくても、その翌日やしばらく時間がたった後、頭痛や吐き気、悪寒、胃腸障害、その他が感じられる状態を指します。非常に幅広い症状がみられ、とある人には頭痛が出たとしても、とある人には出ないといったこともあります。

では、そんな様々な状態からなる二日酔い・・・効率よく普段通りのさわやかな一日に軌道修正するためにはどうすればいいのでしょうか?

例えば薬局薬店で、コンビニでは、お酒のお供にドリンク剤やお薬などのおすすめ品が数多くみられます。また、お酒の飲み方や予防方法、お酒による悩みに効果があるといわれる医薬品やドリンク剤といったアイテム、そして飲んでる間の注意など、様々なアプローチ方法が存在しています。

そんな中「お酒には青汁」といったアプローチの方々が、ユーザーの口コミなどを中心に、販売店から雑誌、その他のメディアでもかなり注目されています。

あのにが―い、まずーい・・・で世間ではすっかりおなじみの青汁を、二日酔いで気分最悪の時に、なぜ飲むのか、なぜあえて青汁なのか。

今回はまず、お酒と酔い、二日酔いの原因やメカニズムをチェック。また、なぜこうしたときに青汁を飲む人がいるのか、飲酒後の対策として青汁が注目されているのはなぜか、といった点について徹底的に調べてみました。ちょっと長いのですが、まるごと読んでいただけると、普段のお酒の飲み方も変わり、また宴会でも周りの人に薀蓄が語れるようになるかもしれません。

人によって異なる二日酔いの症状

先ほどご紹介した、世間一般で「二日酔い」と呼ばれている症状ですが、人によってその感じ方、状態も様々のようです。

よく見られる二日酔いの症状としては

  • 頭痛
  • だるさ、吐き気、食欲不振全身のだるさ、筋肉痛
  • 疲労感
  • 低血糖
  • 表皮や内臓組織の損傷
  • 脱水症状

などかなり様々。なぜ人により症状が異なるのでしょうか?

アルコール血中濃度と酔いとの関係

「酔い」をあらわす日本語には様々なものがあり、アルコールの血中濃度(ならびに血中濃度に対応した呼気中濃度から)によって6段階に分けられています。

◆アルコール血中濃度をもとめる簡易算出式

アルコール血中濃度(%)=(飲酒量(ml)×アルコール度数(%))/(833×体重(Kg))
アルコール呼気中濃度(mg/リットル)=アルコール血中濃度(%)×5

  • 爽快期:(血中0.02~0.04%(20~40mg/dl)、呼気0.10~0.20%)、陽気になる、皮膚が赤くなる
  • ほろ酔い期:(血中0.05~0.10%(50~100mg/dl)、呼気0.25~0.50%)、ほろ酔い気分、手の動きが活発になる
  • 酩酊初期:(血中0.11~0.15%(110~150mg/dl)、呼気0.55~0.75%)、気が大きくなる、ふらつく
  • 酩酊極期:(血中0.16~0.30%(160~300mg/dl)、呼気0.80~1.50%)、千鳥足、何度も同じことを言う
  • 泥酔期:(血中0.31~0.40%(310~400mg/dl)、呼気1.55~2.00%)、立てない、意識がはっきりしない
  • 昏睡期:(血中0.41~%(410~mg/dl)、呼気2.05~%)、揺り動かしても起きない、呼吸抑制から時には死に至ることも

またこうした血中濃度などを基準としたものとは別に「複雑酩酊」と呼ばれる俗にいう酒癖の悪さ。そして「病的酩酊」と呼ばれる意識障害などが現れるものなどもあります。この中で爽快期やほろ酔い期以外のものを、総じて「悪酔い」などと呼ぶこともあります。

酒の種類とアルコール摂取量・度数による酔いの差

青汁_二日酔い_頭痛

アルコール飲料によく書かれている度数とは、純アルコール換算での含まれる割合のことです。ご存知の通り、ビール、焼酎といった酒自体の種別によって、あるいはその製品によって、単位mlあたりに含まれるアルコールの量には幅があります。これを見やすく表すために、度数というものを用いています。アルコールの比重は0.8なので、さらにそれをかけた分量となります。

厚生労働省が「節度ある適度な飲酒」として広報しているのが「一日平均純アルコールで、約20g程度」とのこと。ちなみに、

  • ビール(中びん500ml)アルコール度数5%、純アルコール量20g
  • 清酒(1合180ml)アルコール度数15%、純アルコール量22g
  • ウイスキー・ブランデー(ダブル60ml)アルコール度数43%、純アルコール量20g
  • 焼酎35度(1合180ml)アルコール度数35%、純アルコール量50g
  • ワイン(グラス1杯120ml)アルコール度数12%、純アルコール量12g

こうしてみてみると、20gはかなり少ない量です。

これらアルコールの含まれた飲料も、そのアルコール量だけで酔いを強く感じるかどうかが異なるわけではなく、個人の体質によっては「焼酎は少なくても酔いやすいけれど、ワインならどれだけ飲んでも酔わない」といった方などが存在します。これはアルコールや、含まれている色素など、普段あまり意識されないアレルギーなどが代謝を助けていたり、あるいは逆に障害となっていたりといったことにもよります。

ですがほとんどの方では、お酒をいくつかの種類で「ちゃんぽん」にして飲むため、口当たりのかるいものについては飲んだお酒の量を誤認しがちといったあたりにあるようです。くわえて、人によっては、特定のお酒の種類には、必ずこのタイプのおつまみをお供にして飲むといった習慣もあります。

例えば、空腹時によく飲まれるビールや酎ハイのときにはおつまみもそこそこですが、ワインやウイスキーでは、液体の単位当たりのアルコール量が多い(度数が高い)ため、胃腸を保護するために、チーズやタンパク質を予め胃に入れている人も多くみられます。そういったこともあり、酒種によって、酔い方や酔いの醒め方に差が生まれているケースも多くみられます。

二日酔いと悪酔いは違う

よく、飲みすぎた当日に起こる「悪酔い」が発生しない限りは、「二日酔い」は発生しないものと勘違いされがちです。確かに「二日酔い」が発生する状態と「悪酔い」で見られる状態には、いずれもアルコールが原因であり、その代謝によるものという共通点はあります。

しかし、「二日酔い」は「ひどく酔った=悪酔い」という状態を経なくても、人によっては発生することがあります。例えば、前日アルコールを飲んでいるときは、順調にアルコールが消費されているか、まだ酔いが回らないまま帰宅。その後、内臓で徐々に分解や処理が進んできたアルコールが原因で、翌朝ひどい頭痛や内臓の疲れなどが発生していることもあります。

よく、翌朝起きてみたら「しまったー」と感じるとき、前日に何らの自覚症状も感じることなく徐々にアルコールが体内で変わって行く間に、二日酔いの症状だけが急に発生などということも起こりうるのです。こうした状態をもたらす原因も、外からの原因、本人の内臓や体質などで、様々なようです。

人によっては、飲酒直後には発生しなかったのに、皮膚などに深いうっ血のような見た目の状態や、変色様状態が残る人もいます。この場合、アレルギーなどによるケースや、単に疲れなどが溜まっていてうまく代謝できていない二日酔いとの複合症状、その他の重大な別の症状などに別れます。いつもとは違う変化を感じたら、念のためすぐに病院に相談してみましょう。

なぜ二日酔いになってしまうのか

青汁_二日酔い_なぜ

二日酔いと呼ばれる状態も、様々な原因を含んでいるせいか、その解明はこれまで意外にも進んでいない状態でした。一般的な体質の方では、通常3~4時間アルコールが体中を巡りながら、分解され排出されます。近年、二日酔いでは特に「アルコール」が分解されて、体液とともに身体を駆け巡っている間の「アセトアルデヒド」がもっぱら原因となっているのではないか・・・といった研究も見られるようです。

ですが、実際には分解されていく過程で生ずる「アセトアルデヒド」の他、前日処理しきれずにそのまま血中を回ってるアルコールの処理、処理しきれずさらにそのまま余剰で体内を巡っているアルコールそのものが「酔い」を引き起こし、脳が交感神経系と副交感神経系にバランスの悪い指示を出す原因ともなっているのです

また、この条件下では、アルコールの処理で疲れた内臓にも機能低下や逆にフル回転するケースなどもあります。通常であれば身体全体のバランスを見ながら血流の上昇とその他の部位のバランスは取れていますが、体内をめぐる体液や温度上昇等に対して、逆に血管などを収縮させるといった真逆の命令が出されます。その不一致そのものによる身体への負担の増大や、その処理によって蓄積された関節や骨、血管など身体各部の統御を普段通りに整えていく過程にもあるのではないかとも考えられています。同じような原因から、二日酔いの間には、日頃病気などで熱が出たり、疲れがたまっていて痛む部位とは全く異なる部位や異なるタイプの痛みを訴える方もかなり多くみられます。

アルコールが分解されるまでの時間の計算方法

先ほどご紹介したドリンク類の中の純アルコール量の簡易算出式のように、アルコールが分解されていくまでの時間の目安も、簡単に概算することができます。通常の体質の方で、体重60~70kgの人のアルコール処理能力は純アルコール換算で、約5g/1時間あたりといわれています。

これを基にした簡易計算式が「アルコールの体内での処理に要する時間=純アルコール量/肝臓の処理能力」

この肝臓での処理能力は、アルコールの適性やアレルギー検査などで項目として教えてくれるケースもあります。

※一般的な体質として仮定した場合では、この肝臓での処理能力を「体重1㎏あたり純アルコール0.1gという数値を当てはめて考える方法」もあります。

二日酔いになりやすい人、なりにくい人

結論として、アルコールが分解される過程で生じる毒性がある「アセトアルデヒド」や、日本酒に含まれる「アデノシン」などに代表されるような、脳や臓器、体内に何かしらの機能不全をもたらす成分の影響を受けやすい人が二日酔いになりやすい人であり、影響を受けにくかったり、抵抗値が高い人が二日酔いになりにくい人と言えます。

先ほどご紹介したように、まずはアルコールを飲まないことには酔いや二日酔いは発生することがありません。酔いとはそもそも、アルコールを飲むことにより胃や腸から吸収されて、それが血液に載って脳まで運ばれることで、脳や神経、その他身体各部の働きや形状、感覚に影響を与えることです。

学校などでも習うように、通常人は普通に呼吸をし、歩き暮らしていても、様々な放っておけば弛緩する筋肉や神経などの働きを抑制したりあるいは積極的に動かしたりすることで姿勢を保持したり感覚や気持ちの興奮などを体内全体でコントロールしています。
アルコールを飲んだ時に、もっともはやく酔いが伝わるのは前頭葉。またアルコールの度数が高かったり、あるいは刺激の強いカクテルなどを飲むと、消化器の表面が荒れて、吐き気や痛み、皮膚炎や、食欲不振などを引き起こします。これもある種の二日酔いの症状です。

よくある頭痛の原因としては、アルコールの分解の過程で生じる「アセトアルデヒド」。これが体内に多く溜まることで、頭痛や吐き気、だるさといった原因になるばかりではなく、WHOからは発がん性の警告などもされています。この他にも、日本酒に非常に多く含まれている「アデノシン」なども、ひとによっては頭痛の原因となりやすいようです。

その他の二日酔いの原因として

よく、アルコールを飲むことで頻尿気味となり、かつ脱水症状をおこすために、ちょっとした衝撃が響くようなズキズキとした頭痛や全身痛、あるいは下痢などの消化器系の症状などを起こす方があります。アルコールによる脱水は、脳部位などにも影響を及ぼしています。脱水により脳髄液が減少することで、脳の位置や周辺環境の密度が変わり直接脳に加わる圧力が変化することでも、頭痛や吐き気、また統御のバランスを普段と比べて大きく変えてしまうことなども発生します。こういったものも二日酔いの具体的な原因ではないかと考えられています。

二日酔いはもっぱらアルコールの分量や濃度によるものとも思われていますが、こうした身体各部のどういった原因、どういった成分が、自分にとって「二日酔いとしての症状と関わっているか」を調べること。また後述の「どれくらいアルコールが飲めそうか?」などとの組み合わせで「二日酔いになりやすい人か、なりにくい人か」を統合的に知ることができます。

自分はどのくらいアルコールが飲めそうか?を調べよう

青汁_酒

これまでは病院などで受けるしかなかったアルコール受容量のテストですが、最近では、簡単に、お酒に強いか弱いかといったことを判別する「アルコール体質試験パッチ」といったものが薬局などでも販売されています。これは、アルコールを絆創膏のようなものを皮膚に貼り付け、表示された色合いで「酒に強い、ちょっと酔いやすい、飲めない」といったアルコール適性をおおまかに判断するもの。

実は専用のキットがなくても手持ちの材料で簡単にテストを行うこともできます。

♦アルコール適正テスト手順
材料:消毒用エタノール、絆創膏(薬剤が染み込んでいないタイプの絆創膏)

  1. 絆創膏のガーゼ部分に消毒用エタノールを2~3滴ずつしみこませます
  2. 上腕の内側、脇からの延長上に、この絆創膏を貼り付けます
  3. 7分後に剥がして、5秒以内にガーゼとの接触カ所の肌色を判断
  4. その後剥がしてから10分後にもう一度肌の色を確認

結果:3で赤い人はお酒を飲めない体質、4で赤くなったらお酒に弱い体質、肌色が変わらない人はお酒に強いそうです。

※KIRIN ノミモノより独立行政法人国立病院機構 久里浜医療センター 樋口進先生考案アルコールパッチテスト

こういった安価な方法をつかって、会社の宴会などで、改めて皆さんの体質をテストしてみる余興なんていうのも良いかもしれませんね。

人は二日酔いからどう回復していくのか~内臓系のトータルなメカニズムなど

青汁_二日酔い_回復

通常、アルコールを摂取した時の吸収・分解過程は以下の通りです。

  1. 飲んだアルコールは口と喉を通過して胃や腸などを流れる
  2. 胃と小腸上部で吸収される
  3. 「消化器内にあるアルコール」のほとんど全量は、ほぼ1~2時間で吸収される
  4. 静脈から肝臓に届き、血管通り、全身を巡る
  5. 初めに肝臓で、次に全身の筋肉でアセトアルデヒドに分解される
  6. アセトアルデヒドは各臓器で熱と水、二酸化炭素に分解される

食事量やその他の臓器内の状態にもよりますが、胃で約10~20%ほど、残りが小腸に到達します。このとき吸収しきれなかったものや、大量の水分などと共に消化器内で吸収に十分な時間留まらなかったものなどは、そのままアルコールとして排泄されるケースもあります。

アルコールは水とはよくなじみ、拡散するように広がります。胃よりは接触表面積も広く、組織表面も薄い小腸からの方が急速に吸収されて血中のアルコール濃度は急激に上がりやすくなります。吸収されたアルコールは静脈から肝臓を通過して血液とともに血管内を全身駆け巡り、まず初めは肝臓でかなりの量が分解されます。飲んだアルコールのほとんどは酸化によりアセトアルデヒドに分解されます。この分解能力は、通常肝臓自体の大きさにも影響を受け、また、中年期よりは高齢者や若年層で分解能力が低くなることも知られています。

血中濃度が最も高くなるのは飲酒後30~120分後で、その後は分解が順調であれば急激に下がって行きます。肝臓+全身の筋肉を通じて分解できるアルコール量の最大値は、平均的な大きさの肝臓で、それぞれ一時間あたりで男性約9g、女性約6.5gぐらいといわれており、これを超えた量では、酔いが長く続いたり、あるいは不快感を覚えたり、そのまま排泄物などとして体外に出ることとなります。

分解されて生じたアセトアルデヒドは全身の筋肉や心臓その他の臓器内で、熱と水と二酸化炭素に分解されます。アセトアルデヒドは人体に対して強い影響を与える物質で、血管を収縮させたりといったこともあるため、直接吐き気や頭痛などの原因となることもあります。このプロセスでは分解されてできた酢酸が、筋肉や内臓各部にとどけられエネルギー源として使われることになりますが、処理できないほど大量に蓄積したときに、酸性側に傾かせ、体調を悪化させることもあります。

酔いには、脳のアルコールによる麻痺その他の影響が大きく関係し、さらにこの分解を行いながら血液とともに体内を駆け巡るアルコールの量や進む分解の状態自体も関係してきます。二日酔いでは、この脳に残る視覚の異常や頭痛などをもたらす感覚的あるいは機能的な影響や、アルコールが接触した消化器の影響、代謝に伴う複合的な筋肉など各部の内臓による症状を含んでいます。

様々な二日酔いのパターンと原因その解消方法

青汁_二日酔い_症状

ではここからは、飲んだ翌日に発生しがちな様々な「二日酔い」とその解消方法についてご紹介します。

頭がズキズキする頭痛の原因は?

二日酔いからくる頭痛にはいくつかのパターンがあります。特に多くの方が経験することになるパターンが「頭がズキズキと痛む」というものでしょう。これにもいくつかの原因がありますが、主なものは以下となっています。

  • 大量にお酒を飲んだ時に普段拡張しない血管が広がってしまい、そこに大量の血液が流入することからくる痛み
  • それまで詰まりがちだった部位にできかかっていた血栓などが移動した時の痛み
  • 血管が炎症を起こしたり傷ついてしまうことでの痛み
  • アセトアルデヒドの毒性からくる頭痛
  • 前日飲んだ酒の影響で脱水気味となり髄液なども減り、髄液低下での頭痛
  • 酒で広がった血管が翌日相対的に収縮してしまうため、血流が睡眠や排せつなどを境に急に悪化した結果起こる頭痛

血栓などとなれば話は少し違ってきますが、脱水症状や髄液の減少による脳などの位置低下、排せつや分解が思わしくなくアセトアルデヒドやアルコールが残っているときには、身体と出来るだけ馴染みやすく、糖類を含んでいることで大腸などからも吸収しやすい飲料の摂取が望ましいとされています。

電解質を含んだ水やスポーツドリンクなどを飲むだけで水分が速やかに吸収されるので、血中のアセトアルデヒドやアルコール濃度を薄めるのに効果的です。また、細胞輸送のエネルギー源としても使える各種の栄養素を含んだタイプの飲料を取るのも効果的です。充分な水分は血管の収縮部位を広げてくれる効果も期待でき、おおむね(コップ一杯~)500ml程度の量の摂取が推奨されています。

にぶいだるさ、吐き気、食欲不振の原因は?

二日酔いによってにぶいだるさ、吐き気、また食欲不振といった症状に苦しんでしまうという方も多いでしょう。実は、二日酔いの中でももっとも多いのがこのパターンです。こういった症状がでる原因にはいくつかあり、アルコールを大量に接触することによる消化器表面の刺激や荒れによるもの、酒を飲んだ後の頻繁な排泄などによる脱水症状、アセトアルデヒドやアルコール自体が体内に残っていたり、 酔いがまだ脳に残っており全身が十分に目覚めていないといったことにもあると言われています。

刺激物として知覚されることで、胃酸やその他の消化液が大量に分泌されることもあります。消化液は通常物理的にもよくこなれた液体を消化するときには、同じ重量で硬い構造を持った野菜や肉魚類といった食品とは異なり、あまり多くを要求されません。そのため、刺激により大量に出続けることがあれば、その刺激がアルコール自体の刺激と複合して働くことで、炎症から、潰瘍やがんなどの原因となることもあります。

またとくに脱水症状については、アルコールやアセトアルデヒドが体内から追い出された後も少し続く方などが見られます。それは、アルコールなどの働きの一つとして挙げられる利尿作用によるところが大きい可能性があります。お酒を飲むとすぐにトイレに行きたくなってしまうという方もすくなくないでしょう。この利尿作用のために、飲酒で摂取した水分以上に、体内の水分が外に出してしまうといったケースも見られます。その結果、脱水症状になり、吐き気や身体各部のだるさなどを引き起こしてしまうのです。

アルコールは消化器によっては刺激物になり、人によっては強い血管収縮や拡張を引き起こす原因ともなり、消化や吸収に関わらずとも水分の排出に繋がってしまうこともあります。水分だけでなく、ナトリウムやカリウムなども失われてしまい、イオンバランスが崩れ、体内のアルコール分解や体内の輸送機能にも影響を及ぼすことにもつながります。飲酒時にはこうした点にも気をつけたいですね。

前日のアルコールを飲む量と、飲む前の消化器内の保護を兼ねる食品の摂取などももちろんですが、集中的にアルコールばかりを飲んでしまえば一時的にアルコールのまま体内を巡る分量も増えるばかりか、その時間内、臓器に対しての負荷も増えます。量の増減としてはできるだけ緩やかなカーブを描きながら、かつ、急に血中濃度が極端に高まるような飲み方をすることも避けたほうが「大きな負荷上昇による局部的な荒れ」などの可能性も減るため良いかもしれません。

全身の筋肉痛や打撲痛のようなだるさの原因は?

前述のように、アルコールは全身の筋肉や内臓でエネルギーとして利用分解されますが、過剰な摂取は分解で酷使される部位全体の負担となってしまいます。そして、排泄などによる水分や体内での輸送に必要なナトリウム、カリウムといった成分なども無くなってしまうと、全体のだるさにつながってしまいます。

飲酒とアルコールの分解は、血管の収縮なども含め、思いのほか全身を酷使するため、かなり体力を消耗するように感じる方も多いようです。

むくみが原因のこともありますが、血管などが収縮したことによるケースもあり、いずれも排出を高めるために糖類や塩分、体内の輸送にかかわるナトリウム・カリウムなどを多く含んだ飲料を摂ることがお勧めです。また原因が臓器全体の疲れや飲酒による低体温その他によるケースでは、その疲れを和らげることなども大切。アルコールが残っていないようなら入浴や足湯による血行促進、水分などを摂取した後の軽い運動などもお勧めです。

全身の疲労感の原因は?

筋肉痛や打撲痛と共通の理由の他にも、全身の疲労感には、血液や体液のめぐりが前日の飲酒に伴う血管拡張から急激に下がったこと、脱水による血流阻害などが原因となることもあります。また疲労感の場合、視覚や嗅覚・聴覚などから情報がすぐに脳で処理されて、全身として外界の状況に応じた速やかな適応が図れない場合に、その情報と動作の差分と処理の間を埋めるために、脳や筋肉の作業量が増えることでも発生するケースなどが在ります。

アルコールが十分に処理されずに体内に残っており疲労を感じるケースもあります。また、分解され、アセトアルデヒドとしては処理が終わっているにもかかわらず、飲酒中と分解などのプロセスで酷使した臓器の回復を待つ間に、疲労感を覚えることもあります。

臓器の回復や保護にはエネルギー源が必要です。昨日飲んだアルコールに由来する糖分などのほか、体温の上昇や排泄などにより失われたビタミン、ミネラルや糖類などをスムーズに補える飲料や消化の良い食事、そしてカリウムやナトリウム、タンパク質などを含む摂取は、スポーツにおける筋肉痛回復と同様に大切なポイントです。全身の疲労を感じるケースでは、当然に内臓の疲労も発生しているもの。二日酔いの朝には、十分な量で、かつ速やかに吸収しやすい調理や加工食材からの摂取を心掛けたいものです。

貧血のようにふらついたり頭がぼんやりする原因は?

実際にアルコールで胃や腸壁が荒れて、微量の出血などを伴ったりすることでの貧血や、アルコールによる脳の麻痺が原因で脳からの身体統御の命令が乱れ、心臓より上の臓器に血液が十分に送り出すことができずに貧血化するという方も見られます。しかし、多くは貧血ではなく、脱水などによる髄液減少の圧迫による頭痛やぼんやり感、また、髄液減少で脳の位置が変わることで、血管の一部が圧迫されて局部的な原因ながら貧血のような感覚となることがあります。

動悸・冷や汗・発汗の原因は?

脳の麻痺と脳からの命令、脱水に起因する原因で、動悸が残っていたり、冷や汗や発汗などが見られるケースもあります。こうしたケースでは、体液と近い浸透圧の飲み物や水を大量に飲むことで、脱水症状を改善することが速効性の高い対策です。

迎え酒などといって再度血管を拡張させて一時的にこうした症状を緩和させようとする方もいますが、そもそも二日酔いが残るのはある程度、身体へ負担が残っている証拠。再度アルコールを使って急激な血管拡張を行うこと自体が、その他の臓器にとっても危険なケースがありますので注意しましょう。

皮膚・粘膜・内臓損傷の原因は?

飲酒で摂取されるアルコールは、ものによってはかなり度数が高いものです。アルコールに触れて肌が赤くならないのに、粘膜の皮膚組織が薄いという方もおり、アルコールとの直接接触で皮膚や粘膜が荒れたり、ただれが見られたりします。また、急な血流の局部的な斑によって、出血や炎症などが見られるケースもあります。

病気による出血とは違い、飲み物と食べ物などによるものでもあり、胃腸をいたわる暮らしを続けていれば徐々に回復はします。しかし、一般的に薬局で売られている市販薬の胃薬では、消化の補助や胃酸過多の抑制などを中心としたものが多く、その他の原因(外傷性のもの)を想定したものは比較的少ないものです。こういったケースでは使用できる薬を含めて医師に相談するほうが無難です。

また、皮膚や粘膜の荒れ、内臓損傷などの症状は、空腹時に胃腸が空っぽでとくに粘膜表面での吸収が盛んになるときに発生しやすくなります。飲む前に油分やたんぱく質を含んだ食品を予め体内にいれておく、または最低でも直前一時間内には水分などを500ml程度いれておくと、アルコールと粘膜が直接接する際の濃度調整の役割を果たしてくれるため、発生しづらくなります。

異常な発汗や頻尿の原因は?

一晩寝てアルコールがすっきり抜けたと思っても、いつまでも続く発汗や頻尿。これは体内で夜間に分解された水分などが、まだ体内にむくみとして残っていて、外部に排出されるまで時間がかかるケースであることがほとんどです。

加えて、脳は普段の食生活と異なり、酒とつまみといった極端に塩分や糖分の摂取量が増えた食事から、普段の体内バランスに戻そうとするのですが、飲酒による脳の麻痺などから回復が遅れることがあります。これにより、普段の体内バランスに戻るのが遅れ、脱水気味となってしまうケースなどもあります。

二日酔いの原因は様々…だからこそ対策が難しい

このように、二日酔いの原因には様々なものがあります。一見すると同じような症状に感じられても原因がまったく異なっていることもあるのです。二日酔いを解消するためには、当然それぞれの原因にあった対策を打たなければなりません。

例えば、肝臓に原因がある場合は飲酒前後にウコンなどを飲むことが有効とよくいわれています。ですが、これはアルコールそのものの作用を抑えたりする薬のようなものではありませんので、脱水症状や胃酸過多といった原因にはそれほど大きな効果を期待することはできません。

また、二日酔いの原因は一つとは限りません。複数の原因が重なって症状が出ているというケースもあります。二日酔いで、何も手につかないほどの辛い状態にあるケースや、とある症状について複合的な原因や要素が考えられるときには、手軽にワンステップで幅広く対応が可能なものを選ぶことが、重要なポイントでもあります。いかに内臓やそれぞれの症状によく効く成分や方法があっても、二日酔い対策としては即効性、そして継続的におこなうことで初めて変化を実感できるものまで様々。

そこで、あらゆる面から汎用的にも注目を集めているのが青汁なのです。具体的に、どういったポイントが幅広い支持を集めているのでしょうか?

青汁が二日酔いに効果が期待できるって本当?

青汁は製品によって使用されている原材料も、加工法もまた様々。たとえば、穀類の若葉や穀類そのもの、葉物野菜、海藻、山野草、きのこ、クロレラ、果物などの植物をベースとして、発酵食品や乳酸菌、植物オイル、カルシウムやビタミン粉末、糖類や食物繊維など各種プラスしているものが数多く市販されています。

ビタミンも単に含まれる量のみならず、人体にとって吸収しやすいように、原材料に特別な加工法を加えたもの、一度の摂取量に対して含まれる特定成分の含有量をぐっと高めたものなど、コップ1杯の中で、広くあらゆる成分を摂取しやすく工夫されたものが多くみられます。

もちろん習慣的に飲むことを前提としているということもあり、同じ成分相当では、味やのどごし、分量や、飲む前の準備などの面で、手軽に作れてすぐ飲めるといったあたりにもよく配慮されています。

含まれている成分も、ダイエットや寝坊での食事抜き、ついつい好き嫌いから食べる機会も量も少なくなりがちな、日常の食生活でとくに不足しがちなものから中心にセレクトされているものなどを中心として作られています。

ちょっとその成分を眺めていきましょう。

青汁選びの決め手となるのはどんな成分?

青汁の成分で多くの製品に含まれているもののうち、二日酔い対策に効果が期待できる青汁に含まれている成分は、以下のものが広く知られています。

  • 水分
  • 糖類
  • 水溶性食物繊維
  • 不溶性食物繊維
  • カリウム
  • ナトリウム
  • 各種ビタミン
  • 酵素

【水分】
脱水症状などからの回復に必要な成分。もちろん生体活動のあらゆる部分で必須の物質。身体に吸収されることで、各部の体液、とくに髄液などの不足を補い、また血管などの拡張にも役立ちます。大量に摂取することで、アルコールの分解や排出を高めたり消化吸収をコントロールしてくれる働きもあります。飲酒前に、直接アルコールと胃などの消化器が触れにくいようにするための対策では即効性の高いアイテムでもあり、その目的は500ml前後を、直前に飲んでおくことをおすすめします。

【糖類】
体温を上昇させたり、身体活動のエネルギーとなってくれる糖質。アルコール分解中は肝臓が分解に集中するために不足しがちで、アルコールを分解する際にも必要となります。ジュースクレンズや置き換えダイエットなどにもピッタリの糖質を抑えた製品もある中、果物や豆などの穀類、はちみつなどの天然素材を使ったタイプでは豊富な糖質が含まれているものもあります。コップ1杯、ただ飲むだけで、さらさらとした口当たりの中、糖質も適度に摂取できるのは、二日酔いで食欲が出ず、消化器が弱っている中ではとてもありがたい存在です。また、糖質を適量含む水分は腸での吸収もサポートしてくれます。二日酔いの症状に合わせて、この糖質の多い少ないといったあたりにポイントを絞りながら選んでみるのもよいかもしれません。

【水溶性食物繊維/不溶性食物繊維】
体内では、糖のようにふるまってくれ、消化器内での皮膚との接触吸収を穏やかなものに変えながら、便秘なども防いでくれる水溶性食物繊維。そして、様々なものを吸着しながら消化吸収を緩やかにしたり、便秘などの排泄や消化器の運動のための刺激となり助けてくれる不溶性食物繊維。吸収を助ける面でも、また急激な脱水などで便秘気味になっているときには、おだやかに腸内環境に働きかけてくれます。

【カリウム】
食事や水分、そして分解代謝や排せつなどに際しては、体内で様々な成分が血管などの生体膜を通過します。その体内での輸送に必要なのがご存じのとおりカリウムやナトリウム。汗をたくさんかいたり、頻繁にトイレに立ったときなどにも欠かせない成分でもあります。もともと新鮮な野菜果物の一部には豊富に含まれている成分ですが、水溶性のため、水で洗ったりすると溶けてしまい、調理により失われがち。青汁はその野菜や原料がしっかり含まれているだけでなく、ぐっと濃縮されているだけに、少ない分量で含有量がたっぷり。たとえば大麦若葉、ケールやキャベツ、明日葉、ニンニクのように製品の原材料によっても含まれる量がより多いものも。とくに飲酒後、こういったものは失われやすいため、成分欄をよく確認しながら購入することをお勧めします。

【ナトリウム】
体内での栄養素などの輸送に、カリウムとともに重要な成分でもあるナトリウム。こちらも発汗やトイレに頻繁に立つとき、体力を消耗しがちな時などに、普段よりも多く必要となります。体内では、血圧の調整や、酸性に傾いた生体内の調整、神経伝達などの役割もあり、二日酔いのほか、トレーニングによる生体づくりなどのときにも重要な役割をはたしています。カリウムとのバランスがとれているときは良いのですが、ナトリウムが多すぎる時には、体がむくんだり、血圧があがったり、血管を硬直させたりといった状態にもつながります。

【各種ビタミン・ミネラル】
トイレに頻繁に立ったとき、発汗や脱水などのときにはとくに足りなくなりがちなのがビタミン・ミネラル。微量ではありますが、体内で様々な機能を持ち、とくに互いのバランスと、各種のビタミンが広くもれなく含まれていることが、吸収のためにも重要です。例えば、アセトアルデヒドの分解のときに活躍してくれるナイアシンやビタミンC、ビタミンB1。血管収縮や修復において重要な働きをするビタミンB群やナイアシン、マグネシウム。細かな血管が多い肝機能向上に欠かせない役割のあるアミノ酸やフラボノイド、そして抗酸化力や解毒力を高めるスルフォラファンなども、ブロッコリーやケールなどに含まれている注目の成分です。

【酵素乳酸菌】
野菜由来のものや、豆乳、穀物・ミルク由来のものもある酵素や乳酸菌。特に豊かな成分割合を前面に出した製品なども数多くみられます。腸内フローラを整えてくれ、消化吸収で疲れやすい胃腸を整えながら、その表面を守ってくれます。そのため、偏った食事や飲酒で荒れた胃腸の内部で、ガスや刺激物が出来上がってしまった時にも影響が少なくて済むのではないかと考えられています。
加えて、アルコールを習慣的に大量に飲む人では、胃腸などのがんやその他の疾患も多くみられます。これは、習慣的飲酒によりアセトアルデヒドを生成する腸内細菌の多く、嫌気性細菌が腸内から多く減少しており、アルコールが腸内でアセトアルデヒドに分解されないことが原因の一つにあるという研究論文などもあります。

腸内フローラが十分に整っていると、腸内で消化などに伴い産生されるガスなどを原因とした体臭の悪化や、急な中毒のような症状からくる肌荒れや臓器の疲れなどもうまく抑えてくれることも知られています。こうしたものを予め、日頃の食生活の補助として「しっかりと腸内環境を整えてくれる食品や飲み物」として意識して摂ることは大切ですね。

青汁ではコップ一杯で既にバランスのとれた構成。二日酔いではあまり多くを考えずに、さらっと飲めるところがうれしいですね。

二日酔いに即効性が期待できる青汁とはどんな青汁なのか

たとえば水分やカリウム・ナトリウムや、微量元素、糖分などは比較的即効性を感じやすいものでもありますが、それも食べたり飲んだりした際の消化器系や全身のコンディションにも寄ります。全身や血管、頭痛や便秘など、脱水症状が大きいと感じられるときには、まず速やかかつ十分な水分補給。そして少し全身がバランスよく回るようになってきてから、必要な栄養素を取ることが、無駄なく効率よく吸収させるためのカギです。

記憶がないと思わず誤認してしまうようなぼんやりとした頭や不快感も、こうした水分摂取での血流の改善や髄液の水分確保によって、脳の位置や血液の送り出しなどが普段通り正常になることで、急激に改善することもあります。気持ち悪さから朝食や食事は抜いて一日過ごすような状態は、本来なら二日酔いで酷使された全身にとっては好ましくないもの。どうしても食欲がわかないときでも、本来はコップ2杯分相当は飲みたいものですが、まず1杯だけなら何とか飲めるという方も多いところ。この中に、水分だけでなく、不足したカリウム・ナトリウムをはじめ、糖分や各種のビタミン・ミネラルや酵素、製品によってはタンパク質など、様々なものを含みながら飲みやすい形で摂取することがとても重要です。

ウコンや野菜末タブレット、シジミなど、「二日酔いに効果が高い」とされて販売されている製品も数多くみられますが、それぞれ単品ではなく、身体内で十分に成分として生かすことのできるように配合されていればこその働き。そのベース部分の各主成分を補充するには、青汁はとても心強いパートナーです。

また、こうした青汁や、それ以外の健康効果をうたった製品も実際には、飲酒に対して1回だけの摂取による効果ではなく、継続的に摂取し続けて内臓機能が向上することで、二日酔いに高い効果が期待できるという設計になっている製品が実はとても多いのです。これらの点を踏まえて、店頭でもしっかりと成分欄や原料欄を見比べて青汁を選ぶことが、二日酔いや飲酒前後対策としてはとても重要かもしれません。

まとめ:二日酔いの予防・解消には青汁がおすすめ

青汁は、二日酔いを含めて日頃の体調を整える栄養補助としても、またとても体調が悪くて何も食べたくないようなときにもたったコップ一杯で水分と植物由来の豊富なカルシウムやミネラルなど、飲酒によって失われがちな様々な成分を補ってくれます。

飲む前、飲んだ翌朝だけでなく、長期的に飲み続けることによって二日酔いで辛い思いをしづらい体を作るお手伝いもできるのです。いつも二日酔いに悩んでいるという方・・・一度青汁を生活の一部として取り入れてみてはいかがでしょうか?

青汁の通信簿が自身を持っておすすめの青汁を紹介しています。二日酔いの予防・対策に青汁を飲むにしても、やはり徹底した品質管理や安心のユーザーサポート、危険な添加物が入っていないのはもちろん、効果の実績がある青汁を飲むことをおすすめしています。

二日酔い対策として摂取したい栄養素を多く含んだ青汁を始め、目的に合った青汁が必ず見つかります。

-健康と青汁
-, , , , ,

Copyright© 青汁の通信簿 , 2017 All Rights Reserved.