ダイエットと青汁

ダイエットにヨーグルト+青汁が効果的!整腸作用で便秘解消にもおすすめ!

更新日:

健康道場_粉末青汁_青汁の通信簿_体験レビュー_ヨーグルト比較

みどりこ_解説

 

ヨーグルトダイエットとは、ヨーグルトに含まれているカルシウムの働きを生かして、脂肪細胞を盛んに分解しダイエット効果を得るというものです。

ダイエットをしようとしなくても、基礎代謝を上げる事によって太りにくい体質を作るという秘密も隠されています。

まずはそんなヨーグルトダイエットの効果や仕組みについて詳しく触れ、青汁をそこに採りいれるとどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

ヨーグルトダイエットのダイエット効果と仕組み

ヨーグルトダイエットは前述のように、カルシウムによって脂肪除去をする事の他に、乳酸菌に含まれる整腸作用によって体内の老廃物をすっきりと排出するという点で、ダイエットに効果的です。

それ以外にも精神を安定させたり、肌荒れを改善したり、生活習慣病の予防となったり、体の免疫力を向上したりと、女性に嬉しいさまざまな効果を発揮する点で、とても魅力的です。

乳酸菌のダイエット効果

乳酸菌は、腸を活発に動かす事によってお通じを良くして、老廃物を習慣的に体外に排出する働きをしています。乳酸菌には腸を活発に動かしてくれる「善玉菌」を増やす作用があり、蠕動運動、すなわち腸を活発に動かす事により、腸内に十分な水分が吸収されるのです。

水分が吸収される事で便がかたくなるのを防ぐため、便秘解消効果に繋がり、体内に老廃物のような不要な物を溜め込みにくくなります。腸が盛んに動く事は、じっとしていても腸が活動する事になるため基礎代謝を上げる事になります。これによって痩せやすい体質作りにも繋がるのです。

整腸作用によるダイエット効果

乳酸菌には、腸内に善玉菌を増やして腸内環境を酸性にする働きがあります。しかしながら腸内環境が壊れるとアルカリ性に変化し、体に悪さをする「悪玉菌」の働きが活発になってしまいます。

善玉菌は酸性の環境を好むため、乳酸菌を豊富に含むヨーグルトを摂取する事で、善玉菌が生活しやすい環境へと変えてくれるのです。このようにして善玉菌が増える事で、整腸作用が活発に働くようになり、前述のような乳酸菌のダイエット効果が相乗的に発揮されるようになるのです。

ホルモンバランスを整えることによるダイエット効果

人々が幸せだと感じるための物質の1つとして、セロトニンがあります。セロトニンは脳から分泌されるだけでなく、むしろ9割近くが腸内に分布して生成されているそうです。

セロトニンの他にも、多くの神経が分布しているのが腸です。それゆえにストレスや緊張に左右されやすく、腸内環境を整える事で全身の体調に影響を与えるとも言われるほどです。ヨーグルトは整腸作用により腸内環境を整えるので、セロトニンが盛んに働くようになり必然とダイエットにも効果的となるのです。

ヨーグルトが脂肪の代謝に効く理由

ヨーグルトを生成する過程で乳酸菌を発酵するのですが、この際に乳酸とカルシウムが結びついてより体に吸収しやすい状態になります。

カルシウムには、ダイエットの敵となる脂肪を吸収しにくくしたり分解したりする、驚くべき効果があります。つまり発酵によって作られたヨーグルトを食べる事で、通常よりも脂肪の代謝が活発になると捉える事が出来るのです。

肌荒れの改善

ヨーグルトには肌に良いとされるビタミン類が豊富に含まれています。肌荒れ・ニキビ肌を予防するビタミンB6、コラーゲンの生成を助けるビタミンC、若返りのビタミンとしてアンチエイジングが期待されているビタミンEなどです。

食べ過ぎると乳製品に対する耐性がない方は、胃腸が刺激されて肌荒れを引き起こしてしまうリスクもあるので、ご自身の体質に合わせるようにしましょう。

生活習慣病の予防

生活習慣病は、ストレスの蓄積、運動不足、食事の欧米化などによって近年上昇している病気です。加齢によるものの他に、これら原因因子によって肥満・動脈硬化が進行する事で、さまざまな病気の危険性が指摘されています。

代表的なものに高血圧、糖尿病、脳卒中、心筋梗塞、がんなどが挙げられます。ヨーグルトには、幸せホルモンであるセロトニンの働きを盛んにしたり、脂肪を積極的に代謝したりする働きがあるので、原因因子を抑制する事から、生活習慣病を予防する事にも繋がってくる訳です。

免疫力の向上

先ほど「腸には多くの神経細胞が分布している」とお話しましたが、免疫力に関する細胞も分布しています。

免疫力向上に関わる細胞はNK細胞(ナチュラルキラー細胞)と呼ばれ、薬などに頼らずに、自然治癒力・免疫力で症状を回復させるものを指します。すなわちヨーグルトを食べる事で、NK細胞の働きを活発に働かせてくれるために、風邪や病気にかかりにくい体へと変わっていくのです。

ヨーグルトダイエットに期待できるダイエット効果まとめ

ヨーグルトダイエットはただダイエットをするだけでなく、上記のように主に腸の働きを整える事で体全体の調子も向上する効果があります。

腸には、ストレス・感情をつかさどる沢山の神経細胞もあるために大切にしていかなければなりません。これらの効果のうちのいくつかは、青汁と一緒に摂る事で更に効果が高まるとされています。それについては記事の後半で詳しく御説明していきます。

ヨーグルトダイエットのやりかたや注意点

やり方や注意点

ヨーグルトダイエットと言ってもとにかく沢山のヨーグルトを食べれば良いのではなく、ヨーグルトの効果をよりしっかりと発揮させるポイントや、注意点に気を付けなければなりません。

中でも手軽に実施出来る方法として、通常の食事をヨーグルトに置き換えるプチ断食というものがあります。

置き換え時のやり方

2日間は毎食ヨーグルト100g程度、野菜ジュース300ml前後のみ摂取します。他の時間帯も1日2ℓ程度のミネラルウォーターについては飲む事が可能で、断食明けの3日目は消化の良い食事から通常の食事を再開させるのです。

この方法はプチ断食と呼ばれ、断食するのは2日である事から連休を利用してダイエットが出来る点で、人気を集めています。

普段の食事にヨーグルトをプラスする場合のおすすめの食材と食べ方

ヨーグルトに豊富に含まれているカルシウムですが、マグネシウムと合わせて摂取するとより吸収率を上げる事が出来るとされています。その比率としてはカルシウム:マグネシウムを2:1の割合で摂る事であり、他にもビタミンDによってカルシウムの吸収率が上がるという事実があります。

では具体的に、どのような食材と合わせて摂れば良いのでしょうか?

ヨーグルトと相性の良い食材

マグネシウムを多く含む食材としては、

  • 大豆製品
  • アーモンド
  • ピーナッツなどのナッツ類

ビタミンDを多く含む食材としては、

  • きのこ類
  • 魚介類

食べ過ぎてしまうとカルシウムの吸収率が低下してしまいますが、食生活に取り入れる程度ならば問題はありません。

アーモンドなどのナッツ類については、カロリーや脂肪の含有量が高めなのでこちらも食べ過ぎには注意しましょう!

ビタミンDは、外に出て太陽の光を浴びる事で合成が盛んになるという一面もあります。習慣的にダイエットメニューにウォーキングを取り入れるのもおすすめです。

その他に、ヨーグルトの効果を上げる方法としては、温めてホットヨーグルトとして摂取する事です。冷蔵庫に入った冷たいヨーグルトを食べると体を冷やしてしまうので、せっかくヨーグルトの働きで胃腸が活発に動いていても、逆に内臓の働きを低下させてしまいます。温める事でカルシウムの吸収率を上げて、脂肪の分解を促進する事に繋がるという訳です。

最後に、普段の食事にプラスする場合の食べるタイミングについては、夕食前がベストとされています。なぜならば、最も腸が活発に動くのは私達が寝ている間であるため、その時間帯に効率良く働くよう調節してあげる必要があるからです。

食前に食べる理由としては、空腹が満たされるために食べ過ぎを防止する事が出来るからです。また、果実が入ったヨーグルトではなく、無糖のプレーンタイプがおすすめです。砂糖が添付されているものは、砂糖なしで食べるようにしましょう!

ヨーグルトダイエットの注意点やデメリット

ヨーグルトは乳製品である事から、カロリー・脂質の摂り過ぎにならないように注意する必要があります。そのため、毎日食べる量をしっかり守って、過剰摂取はしないようにしましょう。

脂質の摂り過ぎが気になる場合は、脂質の量が少ない低脂質ヨーグルトを食べるのもおすすめです。

また、どの食品にしてもそうですが、人によって合う・合わないがあります。ヨーグルトによって含まれている乳酸菌の種類も異なるので、同じヨーグルトを5日から1週間食べ続けて効果がない場合は、別のヨーグルトを試してみると良いでしょう。

そもそもヨーグルトを食べる事で、お腹を壊しやすくなってしまう体質の人もいらっしゃるようなので、自分の体質と相談して食べる事が大切です。

ヨーグルトダイエットの効果を高める栄養素

青汁_ヨーグルト_栄養素

ヨーグルトにさまざまな効能がある事は既に述べましたが、それぞれの効果について更に効果を高めるにはどのような栄養素と併用したら良いのでしょうか?

整腸作用を高める栄養素

まず最も期待されるであろう「整腸作用」。こちらは食物繊維を併用して摂取する事によって最も効果が高められます。

腸の蠕動運動を活発にするという意味では、にんにくに含まれる「アリシン」、りんごに含まれる「ペクチン」が効果的なため、整腸作用を高め便秘解消の効果が期待出来るのです。ヨーグルトと一緒にと考えると、りんごヨーグルトはより効果を高めるという訳です。

ホルモンバランスを整える栄養素

ホルモンバランスを整えるために大切なセロトニンですが、食事によって補助してあげる事によってより効果が期待出来ます。栄養素としてはトリプトファンビタミンB6鉄分といった栄養素を摂る事で、ヨーグルトの効能以外でもセロトニンを増やし、心の安定を導きます。

セロトニンは太陽の光を浴びたり、軽いウォーニングをしたりしても増やす事が出来、すなわちご自身がリラックス出来るものに取り組む事でも解決出来ます。そうは言っても毎日は難しい、そんな時は食生活を考えてあげる事で緩和されるのです。

脂肪の代謝に効果的な栄養素

更にダイエットをする際に気になる、脂肪の摂取については少々注意が必要です。

と言うのは、脂肪を生成する脂質は糖質、たんぱく質と並んで、体の生成に必要不可欠な栄養分であるために、逆に不足してしまうのも問題となるからです。それゆえに、脂肪を効率よく消費出来る栄養素がポイントとなります。

脂肪を始め、糖質、たんぱく質の代謝をするのは「ビタミンB群」であり、代謝する事で活動するエネルギー源へと変換されます。エネルギーにならない余計な栄養素については、体内に蓄積してしまうので、ビタミンB群、具体的にはビタミンB1、B2、B6といった栄養素の不足に留意する必要があるのです。

免疫力向上が期待出来る栄養素

免疫向上・風邪予防には脂質の代謝同様、ビタミン類が効果的です。

しかし効果的なビタミンは上記とは若干異なるようです。体外に病原菌を入れないように強化するビタミンA、古くなった細胞・病気に感染した細胞を食してくれるビタミンC、実際にウイルスが体内に入ったものを攻撃するために抗体を作る元となるビタミンB6などが挙げられます。

その他にも実際にウイルスを攻撃するというセレンという栄養素も大切になってきます。これら栄養素と一緒にヨーグルトを摂取する事で、より免疫力が向上し、風邪が治りやすかったり、風邪を引きにくかったりする訳です。

ヨーグルトと青汁を混ぜるとより効果がUP

さて、今までに論述してきたヨーグルトダイエットですが、青汁の粉末と混ぜる事で効果が高まるという事を御存じでしょうか?

実は、青汁にはヨーグルトダイエットの効果を高める栄養素が、皆さんが思っている以上に沢山含まれているのです。

青汁に共通して含まれる成分とその効果

青汁と一言で言っても、大麦、明日葉、ケールのそれぞれを主成分としたさまざまな種類の青汁が存在します。しかしどの青汁に対しても、共通して豊富に含まれている成分としては、ビタミン群、他ミネラルや食物繊維が挙げられます。

まずはビタミン群ですが、青汁にはビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンAといった種類のビタミンが豊富に含まれています。

これらは脂肪の代謝に特に効果的に働く他、前述のように免疫力向上、ホルモンバランスの調節に効果的です。更にはヨーグルトと青汁に共通してビタミンCが豊富に含まれている事から、肌荒れの改善効果も期待出来ます。

続いては食物繊維ですが、こちらはヨーグルトにおいて最も有名な効果「整腸作用」の手助けをします。現代人に多い便秘の改善に役立ち、体内の老廃物を排出する事によって、体の内面から綺麗にする事が出来るのです。

最後にミネラルですが、カルシウム、鉄分が挙げられます。カルシウムは脂肪の代謝に効果的で、鉄分を摂取する事でセロトニン量を増やし、ホルモンバランスを整える事にも繋がります。

青汁の種類によって異なる成分と効果

先ほど挙げた大麦、明日葉、ケールの各種において、特に期待出来る成分はあるのでしょうか?

まず大麦は、比較的美味しく飲みやすい青汁として注目を集めています。特に注目すべき栄養素としては「SOD酵素」で特に強い抗酸化作用があるとして、効果を発揮します。すなわち体の酸化を防ぐ事で、生活習慣病の予防にも繋がるので、高血圧・動脈硬化・糖尿病などが気になる方におすすめなのです。

チェック
SOD酵素は青汁にも含まれているたいへん美容に効果的な成分です。SOD酵素についての詳しい解説は以下を参照することをお勧めします。
>>青汁のSOD酵素はダイエットやアンチエイジングにも効果的!

続いて不老長寿の薬としても知られる明日葉ですが、こちらも苦みをほのかに感じる程度です。明日葉の特有成分である「カルコン」は、肥満予防の効果が期待出来るためにダイエットをする際には特におすすめしたい青汁です。

最後に、苦みが多い野菜として有名なケールは、緑黄色野菜の王様という別名でも知られています。緑黄色野菜に多く含まれる「βカロテン」は、体内でビタミンAに作り替えられるために免疫力向上に役立ちます。

目の疲れを予防する「ルテイン」という栄養素も多く含まれており、夏場に特に気になる紫外線から目を守る他、デスクワークが多い方は注目したい栄養素です。

このように各青汁によって微妙におすすめな効果が異なってくるために、プラスαで何を期待するのかによって選択する事が大切だと言えるでしょう。

青汁を足すとヨーグルトダイエットのデメリットを解決できる

ヨーグルトは乳製品には変わりないために、脂質・カロリーが気になります。脂っこい食事はついつい食べ過ぎてしまう事も多いでしょう。しかしながら、青汁と一緒に食べる事で脂質の摂り過ぎを防ぐ事が出来ます。

また、青汁に豊富に含まれるビタミン、ミネラルは悪玉コレステロールの増加を防ぐ働きがあり、これが動脈硬化を防止し、更には生活習慣病の予防にも繋がるのです。青汁は脂肪の代謝にも盛んに働くために、肥満防止に効果的で一石二鳥です。

また、断食ダイエットは特に食べる量が制限されるためか便秘になりやすい方も多いようです。それを防止するのが青汁で、豊富な食物繊維によってお通じを良くする傾向にあります。しかし食物繊維には2種類あり、中には不溶性食物繊維によって逆に便秘になる方もいるそうです。というのも、腸の蠕動運動を活発にさせる不溶性食物繊維で、腸が詰まりやすくなってしまう事も稀にあるそうなのです。

もう一つの食物繊維である水溶性食物繊維は、便を柔らかくする事で便秘改善に役立ちます。

青汁はバランス良く含まれているのでほぼ心配はありませんが、こういったメカニズムも知っておくと良いでしょう。

青汁とヨーグルトを一緒に食べると、カルシウムの吸収率も上昇

ヨーグルトに含まれる乳酸菌の働きによって、カルシウムの吸収を良くしてくれるというのがあります。これは、ヨーグルトのような乳製品には、カルシウムの吸収が他の食品に比べて格段に良いというメリットがあり、青汁のみを摂るよりも効率的にカルシウムが体に吸収されるのです。

例を挙げると目安として、魚30%、野菜20%に対して、乳製品は40%も吸収するのです。 他にもオリゴ糖、ビタミンCと共に青汁を飲むのが効果的とされており、現に青汁の中にはこういった成分が含まれるものもあるようです。

それも魅力的ですが、ヨーグルトには上記の他にも体に良い効果が沢山ある上に、格段に吸収率が高いので最も効果的な方法だと言えるでしょう。

ヨーグルトダイエットと相性の良いおすすめの青汁

すごくおいしいフルーツ青汁 GOKURICH【初回780円・定期縛りなし】

780円訴求

おすすめポイント


  ✔ 無糖プレーンタイプのヨーグルトと混ぜると美味しく食べれるフルーツ味の青汁
  ✔ カルシウムの吸収を高めるマグネシウム、ビタミンD、鉄分の含有量が豊富
  ✔ ヨーグルト青汁を試してみたい、という方も気軽に買える値段

ヨーグルト+青汁でアレンジする時の青汁選びは、

  • 互いを補い合う栄養素が含まれている青汁
  • 無糖のプレーンヨーグルトを美味しく食べれる青汁
  • 粉末で溶けやすく、間食としても使える甘味がある青汁

です。

ヨーグルト+青汁によるダイエットをするのにフルーツ青汁という甘味のある青汁を使うのに抵抗があるという人が誤解しているのがフルーツ青汁=糖質が多い、という点ですが、実は普通の青汁と変わりのない低カロリーです。

ですので、置き換えダイエットとしてヨーグルト+青汁は相性の良い置き換え食なのです。もちろん、置き換えだけじゃなく間食として食すのも低カロリーで満腹感を得られるためおすすめです。

まとめ:ヨーグルトダイエットをしている人は青汁と混ぜないと損をする

ヨーグルトだけでダイエットをするよりも、青汁と混ぜて摂取する事で、ダイエットで気になる脂肪燃焼に効果がある事が分かりました。

ダイエットで気になる便秘も、青汁に含まれる食物繊維で緩和出来るのも心強いです。栄養不足によって引き起こされる肌荒れも、青汁に豊富に含まれるビタミン類によってカバー出来る事が多いでしょう。

このように一緒に摂る事によってメリットが沢山ある、青汁とヨーグルト!ご自身の健康のためにも、是非試してみてはいかがでしょうか?

-ダイエットと青汁
-, , , ,

Copyright© 青汁の通信簿 , 2017 All Rights Reserved.