美容と青汁

青汁のニキビ予防・改善効果を解説!青汁がニキビに効く3つの理由とは!?

更新日:

朝目が覚めて顔を洗いに行った洗面台で驚く。
昨日までなかったはずのニキビがそこにはあり、最近の不摂生や睡眠不足など、思い当たることに考えを巡らせる。

「ビタミンCを摂ろう」

「お酒は控えよう」

「よく睡眠をとろう」

などと決意を固める。
しかし、そんな決意もむなしく、数週間後には新しいニキビが顔にできている。

このような経験ありませんか?

なんとなくニキビの原因や対策は世に伝わっています。
ですが、毎食気を付けたり、サプリメントを大金で買い込んだり、薬品を塗ったりと、多くの対策をずっと続けるのは難しいですよね。

ニキビ予防には継続的な対策が重要ですので、継続しやすい対策をすることが最も重要です。
もちろん、ニキビが出来てしまった状態でも、ニキビの治療とその後の予防対策が一緒の方法であれば、続けるのも楽ですし、合理的なはずです。

そして、ニキビに対して続けやすく合理的な対策の1つが青汁を飲み続けることであると私は考えています。

そのような青汁の効果を納得して頂くためにも、ここでは、誤解しがちなニキビの原因や理解を深めつつ、なぜ青汁がオールインワンな対策なのかを詳しく解説していきます。

【重要】

  • ニキビ対策は継続が大事だからこそ、続けやすい対策をしましょう。
  • 青汁はオールインワンなニキビ対策の1つ。積極的に利用しましょう。

ニキビを正しく理解することが対策の第一歩

青汁の効果に納得頂くためにも、ニキビについての本質的な理解を深めることは重要です。
既にある程度知っている方でも、体系的に理解を深めるため、一読されることをお勧めします。

ここでは、原因を整理し、そもそもその原因自体がなぜ起こるのか、注意すべきことは何で、対策としてどのようなことが有効なのかを細かく説明していきます。

ニキビの種類と本質的な原因

大前提として、ニキビには大きく分けて2通りありますが、本質的には毛穴が塞がれることによって発生するという点で同じです。
(大人の女性だけは別ですが、これに関しては後述します)

  • 青春ニキビ:13~18歳頃までの第二次成長期に男性ホルモンの分泌量の増加に伴う皮脂分泌量の大量増加が毛穴からの排出量を上回った結果、排出できずに余った皮脂が毛穴を塞いでしまうことによってできるニキビのことを俗に青春ニキビと言う
  • 大人ニキビ:青春ニキビ同様、皮脂が排出されずに余ってできることに加え、皮膚細胞の生まれ変わり(新陳代謝。以後ターンオーバーと言う)の活性が衰え、バリア機能が低下することに伴う過角化や外部刺激への脆弱化、および化粧品使用による毛穴詰まり、女性の場合は黄体ホルモンの影響などが原因でできるニキビを俗に大人ニキビと言う

つまり、「毛穴が何らかの理由によって塞がれることによってニキビができる」
これがニキビの本質的な原因です。

ここから導けることはいたって以下のようにシンプルですが、対策が難しいものでもあります。

【重要】

  • ニキビ対策とは、毛穴の詰まり対策(毛穴からの排出量を上回らず、毛穴を塞がせない)をすること

以降はここで説明したニキビの原因がなぜ起こるのか。その理由と対策を深く解説していきます。

ターンオーバー不全の原因と対策

皮脂の多量分泌が毛穴からの排出量を上回ることで皮脂が角栓となり毛穴詰まりが起きます。
そこから炎症が起き、ニキビとなりますが、角栓が厚くなる過角化や硬化は往々にして肌のバリア機能の低下によって引き起こされます。
また、肌のバリア機能の低下は主にターンオーバー不全によって表皮の新陳代謝が上手く機能せず、保湿力が低下することからもたらされます。

肌のバリア機能が低下することによって肌は乾燥し、ばい菌の侵入をゆるし、肌荒れに繋がるばかりか紫外線にも弱くなります。紫外線はさらにバリア機能を弱めますから、悪循環へと陥ります。

つまり、ターンオーバー不全のままではいつまで経ってもニキビを予防することはできません。

以下、ターンオーバー不全の原因と解消法について解説していきます。

栄養不足が最大の敵

表皮の約9割はケラチノサイト(角化細胞)という細胞によって構成されています。このケラチノサイトはターンオーバーによって形・成分を変え、表皮を構成していきます。
また、ケラチノサイトは体内から栄養を補給して細胞分裂を行います。

つまり、必要な栄養素が欠けている状態だと、充分なケラチノサイトの生成ができませんし、肌荒れも治りません。

有効な栄養素と効率的な摂取手段

ここでは、肌荒れ、ひいてはターンオーバー不全を治すのに有効な栄養素と、その栄養素を効率よく摂取する方法を解説していきます。

脂質や糖質過多に注意

大前提として、動物性脂肪や糖質は皮脂腺を刺激し、皮脂分泌を増加させてしまいますので、注意しましょう。

各種栄養素の効果と摂取推奨量

【ビタミンA】
にんじん、カボチャ、レバーなどに多く含まれている栄養素です。
ビタミンAは皮膚や消化器官などと接している上皮細胞(皮膚や粘膜の細胞)の代謝を助けてくれます。
この代謝が正常に行われなくなると、肌の乾燥や消化器官の機能低下をもたらします。
加えて、鼻などの粘膜が弱くなることで空気中の病原体の侵入をゆるし、感染症を引き起こすなど免疫能力の低下にもつながります。
1日の推奨摂取量は成人男性で850μgRAE前後、成人女性は650μgRAE前後です。

【ビタミンB₂】
卵、乳製品、うなぎや藻類、納豆などに多く含まれている栄養素です。
ビタミンB₂に期待する主な役割は、皮脂分泌の抑制効果と細胞の新陳代謝、脂質の抗酸化採用(老化防止)の3つです。
摂取された脂質はエネルギーとして使われ、残った余りが脂肪細胞に蓄積されますが、エネルギー変換をする役割をビタミンB₂が担っているのです。つまり、ビタミンB₂の不足によってエネルギー変換が充分に機能しなければ、余った脂質は脂肪細胞に蓄積され、皮脂分泌量も多くなります。
加えて、細胞の再生もうまくいきませんから、過角化を促進させてしまいます。
また、このビタミンB₂は熱に弱いビタミンで、水に溶けだしやすい水溶性ビタミンと言われているものです。
つまり、炒めすぎたり茹ですぎると摂取しづらく、食材を洗いすぎると水に溶けだし、同じく摂取しづらいビタミンですので、注意しましょう。
1日の摂取推奨量は成人男性で1.6g前後、成人女性は1.3g前後です。

【ビタミンB₆】
まぐろや鶏ささみ、にんにくなどに多く含まれる栄養素です。
ビタミンB₆は体内での酵素の働きを助け、細胞の新陳代謝を助けてくれます。
つまり、ターンオーバーの正常化の助けとなります。
1日の摂取推奨量は成人男性で1.6mg前後、成人女性は1.2mg前後です。

【ビタミンC】
野菜や果物、イモ類に多く含まれる栄養素です。
抗酸化作用、コラーゲンの生成、免疫力の向上、ステロイドホルモンの生成(ストレスに強くなる)、メラニン色素の抑制(シミ、ソバカスの抑制)の効果があります。
抗酸化作用が弱まると活性酸素が増加し、毛穴の炎症を引き起こしてしまいます。メラニン色素の抑制効果は、ニキビ跡の色素沈着対策に有効です。
1日の摂取推奨量は成人男性で100mg前後、成人女性も100mgです。

【ビタミンE】
レバー、野菜、カツオなどに多く含まれる栄養素です。
高い抗酸化作用が期待できます。
1日の摂取推奨量は成人男性で10μg前後、成人女性で8μg前後です。

【ミネラル】
・カルシウム:免疫機能の強化、ストレスの軽減に効果があります。1日の摂取推奨量は成人男性で800mg前後、成人女性は650mg前後です。
・マグネシウム:糖質や脂質の代謝促進、肌のバリア機能の向上、肌の湿潤化、酵素の働きを助けてくれます。1日の摂取推奨量は成人男性で350mg前後、成人女性で290mg前後です。
・鉄分(亜鉛):免疫力の向上、カルシウムの働きを助ける効果があります。1日の摂取推奨量は成人男性で10mg前後、成人女性で8mg前後です。

【食物繊維】
根菜類、豆腐、藻類などに多く含まれている栄養素です。
便秘解消効果、脂質代謝の促進が期待できます。便秘によって有害物質が便ではなく汗や皮脂として毛穴から出ようとし、肌荒れに繋がりますので、積極的に食物繊維を摂取するのがおすすめです。また、脂質代謝の促進は皮脂分泌量の適正化に役立ちます。
1日の摂取推奨量は成人男性で19g以上、成人女性で17g以上です。

【オメガ3などの必須脂肪酸】
サバやイワシなどの青魚などに多く含まれている栄養素です。
ニキビ対策に効く栄養素としては意外だと思われますが、この必須脂肪酸は肌の再生作用を促す効果があります。また、そもそも必須脂肪酸によって角質層の保湿因子である細胞間脂質は形成されています。つまり、必須脂肪酸が不足することで角質層の保湿力が低下し、毛穴周辺の過角化が引き起こされます。
1日の摂取推奨量は成人男性で2.5g前後、成人女性で2.1g前後です。

【タンパク質】
肉類、大豆などに多く含まれている栄養素です。
皮膚などの生成、角質の剥離、免疫力の向上効果が期待できます。皮膚生成はターンオーバーの改善、角質の剥離は毛穴詰まりの改善に大いに役立ちます。
1日の摂取推奨量は成人男性で60g前後、成人女性で50g前後です。

他にもビタミンK、ナイアシンなど人間にとって必要な栄養素は多くありますが、ニキビ対策をする上で優先度が高い栄養素をピックアップしました。

便秘はニキビの大敵

便秘によって腸内環境が悪化します。そして、腸内環境が悪化すると老廃物や毒素等の有害物質を対外に排出する機能が低下し、有害物質は血中に溶け、全身へ巡っていきます。

毒素によって血中の栄養素が減ることで血行が悪くなり、ターンオーバーの周期が乱れます。

この毒素は対外排出しなければなりませんから、結果的に汗や皮脂と一緒に毛穴から排出されることになります。この排出をすることにエネルギーを使い、肌はバリア機能などにエネルギーを割けず結果的にターンオーバー機能も低下します。

よって、便秘はニキビの大敵であると言えます。

  1. 便秘になる
  2. 毒素が滞ってる便から排出される
  3. 腸内環境が悪化する
  4. 毒素排出機能の低下
  5. 血中に毒素が溶け出し、血行が悪くなる
  6. ターンオーバーの周期が乱れ、肌のバリア機能・ターンオーバー機能の低下
  7. ニキビが発生しやすくなる

以降では便秘対策を解説していきますが、前提として、便秘は主に2種類あり、腸内に何かしらの理由によって通過障害が発生することで起こる「器質性便秘」と、排便機能の低下や自律神経に原因がある「機能性便秘」があります。

器質性便秘は先天的に腸のぜん動運動が起きにくく腸内に便やガスが滞留しやすくなっていることから疾患となることや、後天的なポリープによるものなど、物理的な障害が原因で起こります。
これに関しては本論と外れた話になってしまうため、これ以上の説明はしませんが、ガンなどの重大な病気に繋がるため、より一層の注意が必要です。

機能性便秘とは、食生活の偏りによる栄養不足やストレスなどの精神的なもの、女性の場合は妊娠時などに発生したりするものです。
ニキビにとってはどちらの便秘も悪影響を及ぼします。本論ではこちらの便秘に関して解説を加えていきます。

【重要】

  • 便秘による腸内環境の悪化がターンオーバーの周期の乱れや機能不全へとつながり、結果的にニキビの発生につながる
  • 便秘は腸内に物理的な通過障害の発生によってなる器質性便秘と、栄養不足やストレス、妊娠などが腸内に影響を与えた結果なる機能性便秘の2種類がある
  • 以降では機能性便秘のメカニズムと対策について解説していく

便秘対策として優れている青汁の効果

まず、便秘になる原因を見ていきましょう。主に以下の図で示す6つの原因が考えられます。
※これらは機能性便秘に関する図です。

便秘になる原因と、その原因の原因を現した図

便秘になる6つの原因と、その理由

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

【食生活の乱れ】
栄養不足と栄養過多、どちらも便秘を引き起こす原因となります。
2.1栄養不足が最大の敵 で示したように、ニキビの原因となるのはもちろんのこと、水溶性食物繊維の不足は便秘につながります。
ゴボウやポテト、きのこ類などをよく食べる人は不溶性食物繊維の過剰摂取にも気を付けましょう。
不溶性食物繊維は便のかさを増し、便をまとめる役目を果たしますが、大きくなればなるほど水分も必要になり、水分が不足していると硬くなって便として排出されづらくなります。これが腸内を塞いでしまい、便秘の原因にもなります。水分を多く摂りながら、不溶性:水溶性=2:1の割合でバランス良く摂取しましょう。

【運動不足】
腹筋力の低下をはじめ、筋力の低下によって腸のぜん動運動が弱まり、便秘につながります。ぜん動運動とは、腸内で収縮・弛緩を繰り返すことで便を肛門まで運ぶ動きのことです。
運動は血行促進にも役立ちますので、定期的に運動することをおすすめします。

【冷え性】
クーラーなどで身体を冷やすことで腸の血行も悪くなることは腸内機能の低下をもたらします。また、血行が悪くなることで腸内の毒素が排出されにくくもなりますから、ターンオーバー不全や乱れにもつながります。

【ホルモン変動】
女性の場合は黄体ホルモンが生理前に多く分泌されます。このホルモンは妊娠に備え、体内に水分をためる働きがあります。腸内の水分も吸収され、便から水分がなくなりがちになります。よって、便が硬くなり、便秘につながります。

これら身体的な原因が元でなる便秘を弛緩性便秘と言います。

【ストレス】
睡眠不足や生活する上での過度なストレスは交感神経と副交感神経のバランスを崩します。つまり、自律神経が乱れてしまうのです。
自律神経は体内の代謝や消化をコントロールする神経であり、このコントロールが乱れることで、腸内のぜん動運動が正常に機能しなくなります。具体的には、ぜん動運動である収縮・弛緩が過剰に行われ、痙攣を起こすのです。
ぜん動運動は便を肛門まで運ぶ運動ですから、この運動が過剰に行われることで、しっかりと固まっていない状態で排泄される下痢を引き起こしたり、強い腹痛に原因にもなります。

このストレスの原因は人によって様々ですが、食事によって原因を解消することもできるのです。

意外なことに、血糖値の乱高下がストレスに強い影響を与えているということはあまり知られていません。
他人との関わりや、嫌なことなど、意識しやすいストレス要因に隠れて、非常に意識しづらいものでもあります。

血糖値がいきなり下がると、脳はエネルギーが不足することに備え、アドレナリンを分泌させ、体内に蓄えられている糖質を血中に流すように細胞に命令を下します。ちなみに、このアドレナリンは攻撃ホルモンとも呼ばれており、お腹が減った(食事をしておらず、血糖値が下がっている状態)らイライラするのはこれが原因です。

血糖値が一気に下がることが問題ですから、血糖値を高めすぎず、緩やかに減少させれば良いことになります。
つまり、高低差を緩やかにしてやれば良いのです。

【チェック】
血糖値と青汁の関係は下記の記事を参照されることをお勧めします。
>>なぜ青汁で血糖値の上昇を抑えられるのか

【便意抑制】
「会議中だから我慢しよう」とか、「恥ずかしいからトイレに行きたくない」とかいう経験はありませんか?
そもそも、便意というのは直腸内で排便反射という反応が起きた時のことで、この便意があるにも関わらず排便を我慢し過ぎると直腸が排便反射に対して鈍感になってしまい、排便すべき時でも便意が起きづらくなります。
これにより、腸内に便が溜まり、硬化することで便秘の原因になってしまいます。

【重要】

  • 便秘の原因には主に身体的要因と精神的要因の2つがある
  • 弛緩性便秘は便秘の1つの種類。食生活の乱れ、運動不足、冷え性、ホルモン変動によって引き起こされる便秘
  • 痙攣性便秘はストレスによって自律神経が乱れることにより、腸内の収縮・弛緩が過剰すぎて痙攣を起こし、ぜん動運動が正常に働かないことによって引き起こされる便秘
  • 習慣性便秘は便意の抑制などによって直腸が排便反射に対して鈍感になることから、排便すべき時でも便意が起きづらくなり、結果として排出されない便が溜まり、硬化することで引き起こされる便秘
  • これら様々な原因によって引き起こされる便秘にとって、青汁は効果的な飲み物である

ニキビに対する青汁の効果まとめ

ここまで詳しく見てきたニキビと、その原因、そしてそのオールインワンな対策であるのが青汁だということを解説していきますが、その前にこれまでのことをまとめましたので、確認されることをお勧めします。

【主なニキビの原因と引きこされる症状、対策まとめ】

原因 起こる症状 対策
栄養不足 ターンオーバー不全と周期の乱れなど ビタミンA,B群,C,Eとミネラル、必須脂肪酸、タンパク質を食物繊維をバランスよく摂取
栄養過多 皮脂の過剰分泌や毛穴詰まり、便秘など 脂質・糖質の摂取を抑える
腸内環境の乱れ 便秘、毛穴詰まりなど 便秘予防、腸内フローラを整える
便秘 肌のバリア機能の低下、毛穴の過角化など 食生活のバランスを整えたり、運動不足の解消など
ストレス 自律神経の乱れ、便秘 血糖値を乱高下させず上昇を緩やかにする
生活習慣の乱れ ストレスの蓄積、ターンオーバー不全と周期の乱れなど 各種、生活習慣病対策を参照
喫煙・飲酒 血中毒素の増加、ターンオーバー不全など 禁煙、暴飲暴食を控える
紫外線などの外部刺激 色素沈着、肌のバリア機能の低下など 肌に合った化粧品の選択など各種の肌ケア
洗顔料などの洗い残し 刺激過多による肌のバリア機能の低下など すすぎの徹底

こちら、結論から書くと、色を付けた部分は青汁を飲むことが効果的な対策です。

ニキビの原因に対する青汁の効果まとめ

  • 【栄養不足の解消&栄養過多の抑制効果】
    まず、青汁には、ここで言うビタミンA、B群,C,E、ミネラル、食物繊維などが全てバランスよく含まれています。
    これらを普通の食事から摂ろうとすると、山盛りのサラダをドレッシングなしで食べる必要があり、よほどのことがない限りはコップ1杯の青汁で済ますべきでしょう。
    また、脂質や糖質はほぼ0に近い量で栄養を摂取できますから、栄養過多に陥る心配もありません。
  • 【腸内環境改善と便秘改善の効果】
    腸内環境でビフィズス菌などの善玉菌を増やすにはビタミンCと食物繊維が必要で、青汁はそのどちらも充分な量を摂取できます。
    また、便秘の改善も期待できますから、悪玉菌の抑制にも効果的です。
  • 【血糖値の乱高下抑制によるストレス軽減効果】
    血糖値の上昇を緩やかにし、インスリンの過剰分泌を抑えて肥満防止に効果的なことはもちろん、血糖値の乱高下によるアドレナリン分泌も抑えてくれ、ストレスの蓄積を予防します。

以上がまとめですが、それぞれ、ニキビ予防に対する悩みや、解決したいポイントは異なると思います。
例えば、便秘はないけども、栄養不足が気になるとか、最近は暴飲暴食が続き、腸内環境の悪化が不安だ、とか。

それぞれのタイプ別におすすめの青汁を記載しておきますので、参考になさってください。

栄養は一気に摂るよりも、数回(3回の食事など)に分けて摂るのがベストです。なぜなら、一度に吸収できる栄養素の量には限界があるためです。

この記事が、皆様のニキビ予防に役立てば幸いです。

青汁の通信簿では効果が期待できる本当におすすめの青汁だけを紹介しています。最高の青汁を選ぶための厳格な基準を理解し、目的に合った最適な青汁を選びましょう。

ニキビ対策の青汁はもちろん、普段の生活にとって欠かせない青汁を賢く選ぶ参考にしてみてください。

-美容と青汁
-, , , , , , , , , ,

Copyright© 青汁の通信簿 , 2017 All Rights Reserved.