美容と青汁

むくみ解消に青汁が効果的!?重病になる前に青汁でむくみ解消を!

更新日:

青汁_むくみ

  • 「なんだか、むくみが全然治らない・・・もしかして病気!?」
  • 「全然立ち仕事してないのに、最近むくみやすくなってる気がする・・・」

日頃、立ち仕事をされる方はよく「一時的なむくみ」に悩まされることが多いと思いますが、そのむくみは放っておくと慢性化し、怖い病気の温床となる可能性が高いです。早めに解消しておきたいし、出来ることなら予防したいですよね。

  • そもそも「むくみ」って何?
  • どうすれば「むくみ」とサヨナラできるの?
  • 「むくみ」に隠された怖い病気や疾患
  • 青汁の何がむくみに効くの?
  • むくみに対して青汁の効果を引き出す飲み方やタイミング

そんな方のために、この記事では上記のように、むくみの詳細なメカニズムと青汁を使った解消法・対策を解説していきます。

むくみのメカニズム

結論として、むくみは体を巡る水分の循環が滞った箇所=水分が溜まった箇所で起こります。このことから、主に下記の2つがむくみを引き起こしていると言えます。

  • 動脈・静脈・リンパなどの水分の循環に関する機能が何かしらの理由で悪くなっている
  • 水分を送り出す筋肉や神経の機能が弱い・悪いため、水分が充分に循環できていない
  • 水分の調整を担うナトリウムが多すぎ、薄めるために水分が多く溜まる

夕方になると靴がきつくなったり、足がしびれたように重くなるのを感じている人はいませんか?手先や足先などの末端部分はどうしても血液循環が悪くなりがちなのですが、さらに長時間足を下におろした状態でいると下部にたまった水分や老廃物が心臓まで戻りきらず、そのまま残ってしまいむくみとなります。

このむくみは血液の循環と大きな関係があります。水分や栄養素を含んだ血液が心臓のポンプ作用により動脈を通って全身へ送り出されます。本来この送り出された血液は、余分な水分や老廃物を抱え静脈やリンパを通って戻り、再び循環しなければならないのですが、この時に静脈やリンパの流れが悪くなることで、本来戻るべき水分が戻り切れず、むくみとして現れるのです。そしてこのむくみは、一過性のものから、悪化すると怖い内臓疾患まで様々な原因が考えられます。

むくみの原因はひとそれぞれ?隠された危険

一言でむくみと言っても原因やタイプは人それぞれです。ただの一過性のむくみだと思っていたら、実は心機能の低下であったり、高脂血症になっていたり。

ここでは、それぞれのむくみの種類と各々のむくみに隠された危険な症状・病気の可能性について解説していきます。

【むくみの原因①】重力の影響による一過性・一時的なむくみ

足に合わない靴で締め付けてしまったときや、長時間椅子に座っていたり、立っていたりすると、重力の影響で長時間圧迫された足先の毛細血管の血液が静脈内を戻りきれなくなるために、余分な水分が取り残されむくみとなって表れるむくみです。

ずっとむくみが戻らないということがない限り、睡眠で横になって位置が変わったり、お風呂に入って血液の循環を高めると自然と解消されます。ただ、ずっと治らない、という場合は注意が必要で、後述する生活習慣の乱れからくる生活習慣病から来ているむくみの可能性があります。

【むくみの原因②】生活習慣

水分や塩分の過剰摂取が原因のむくみ

水分を摂りすぎると過剰に摂取し余った水分が静脈内に溜まってしまいむくみとなります。また、塩分を摂りすぎると体内では塩分の持つナトリウム濃度を一定に保つ機能が働きます。この機能が血液内の塩分濃度を薄めようとし、体内に水分を多く取り込もうとします。

結果的に本来は尿などで排出されるべき水分が塩分濃度を下げるために排出されずに残り、むくみとなって表れます。そのため塩分や水分の過剰摂取はむくみの原因となるのです。

睡眠不足やストレスが原因のむくみ

睡眠不足やストレスがたまると、体内に二酸化炭素や疲労物質が溜まり酸欠状態になります。酸素が足りなくなると十分な栄養を体内に送ることができなくなります。そのため、脳は血管を広げ、より多くの酸素を取り込もうとします。

これにより太くなった血管内を酸素だけでなく水分も普段より多めに流れることになります。結果的に静脈に戻り切れない水分も多くなり、取り残された水分がそのままむくみの原因になります。

【むくみの原因③】女性ホルモンの乱れ

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあり、生理周期に合わせて分泌されるホルモンの量がかわります。エストロゲンには情緒を安定させたり、血流を促進し肌の調子を整える作用があります。一方、プロゲステロンには乳腺の発達を促進したり、血糖値を正常化するなどの働きに加え、ホルモンバランスを調整する役割があります。

これらのホルモンバランスが乱れると血液中の酸素が減ったり、血流が悪くなったりし、むくみだけでなく、情緒不安定や便秘、肌トラブルなど様々な症状に悩まされます。

特にホルモンのバランスが大きく変わる妊娠中は、赤ちゃんに血液を送るために体内の水分量がいつもより増えてしまうので、自然とむくみやすくなります。また妊娠後期に入ると、重たいお腹が太ももの付け根を圧迫し、血流を滞らせてしまうため、より一層むくみやすくなります。

妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)

妊娠中のホルモンバランスの乱れと血流が滞ることによりむくみが重症化したものが、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)です。多くの妊婦さんが悩まされるむくみですが、そのむくみの中にもごく稀に妊娠高血圧症を引き起こしている場合があります。

妊娠中に高血圧になり、血管障害や腎臓障害を引き起こす妊娠高血圧症候群は、重症化すると母子ともに命の危険にさらされます。原因はまだ明らかになっていませんが、できることならば予防し健康的なマタニティーライフを送りたいものです。

【むくみの原因④】内蔵機能の危険信号

むくみの原因にはいろいろな内臓疾患が隠れている恐れがあります。

心臓の機能低下:虚血性心疾患など血管の病気

心臓は全身に血液を流し循環させるためのポンプとしての機能を担っています。その機能が低下すると血液が循環せず、各臓器に必要な血液が行き届かなくなり、肝臓や腎臓の持つ機能(ろ過や解毒作用)が低下し、体内に水分とナトリウムが残ってしまいむくみとなります。

また、心臓機能の低下に伴う疾患として虚血性心疾患が疑われます。これは心臓に栄養を送るための動脈がドロドロとした血液の付着などにより細くなり、血液の流れが悪くなるために発症するものです。細くなった血管内が詰まることで心筋梗塞をおこし、ポンプ機能が中断され、全身に酸素が運ばれなくなります。そのまま心停止を起こしたり意識がなくなることもあります。

また、どろどろとした血液は血管の壁を傷つけ、細くしたり硬くすることで、動脈硬化を引き起こします。高脂血症や糖尿病といった病気もこの血液の状態の悪化によるものです。これらの血管の病気は、がんに次ぐ死亡率の高さとなっています。血管内を正常に保ち、サラサラの血液を流してあげるために、リノール酸やオレイン酸などで酸化を防ぎ、血行を良くする必要があります。また、タンパク質の作用により、血管の壁が硬くならないように柔らかくしておくことも大切です。

肝臓の機能低下:むくみの裏にある肝硬変の危険性

肝臓には血液中の余分な老廃物を分解し除去する働きがあり、肝臓で作られるアルブミン(タンパク質)という成分は、血管内の水分を保有しようとする機能を備えています。しかし肝臓機能が低下するとアルブミン濃度が低下し、血管内の水分を保有できなくなり、血管の外にあふれだすため、皮下組織に水分がたまり、むくみとなります。

慢性化すると肝細胞が破壊され、肝機能が低下する肝硬変(肝臓全体が硬くなる)になります。肝機能の低下により、たんぱく質の産生ができなくなるため、血液中の水分を保有しようとする働きが薄れ、水分が血管の外に出るため、手足のむくみだけでなく腹水など、全身にむくみの症状が現れます。

腎臓の機能低下:水分の排出機能の低下によるむくみ

腎臓は体内の水分や老廃物のろ過機能を担っており、余分な水分を除去し尿として排出する機能を持っています。そのため腎臓機能が低下すると、水分の排出がうまくいかず、体内に余分な水分が残りむくみとなります。腎臓の働きが正常の3割を切った状態を腎不全といい、慢性腎不全になると腎機能の回復は不可能となります。

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)

ふくらはぎや太ももの裏側を流れる静脈は、本来老廃物などが混ざった血液を心臓に送り返す働きをしなければなりません。しかし、静脈内にある血液の逆流を防ぐための静脈弁が異常をきたすことで、循環するはずの血液が逆流してしまい足に溜まり、むくみとなるのです。悪化すると足全体に、みみず腫れのように血管が浮き出て、黒ずみ、痛痒くなります。

青汁の通信簿_青汁ランキング
効果が期待できる人気のおすすめ青汁ランキング【2017年版】

1000 件以上の体験レビュー・口コミ情報をもとに人気の 青汁を徹底比較! はじめに 青汁選びで 1 番重要なのは、自分の目的に合わせて選ぶこと。味はもちろん、効果・効能や原料、成分もメーカー ...

続きを見る

青汁を使わない一般的なむくみの解消方法と摂取するべき栄養素

一過性のむくみの解消

足を高い位置にあげる(重力からの開放)、温める、マッサージをするなどして、血流を促しましょう。軽くウォーキングをしたり、体を締め付けるものはなるべく避け、リンパの流れや血液循環を妨げないようにしましょう。

カリウムを摂取して過剰なナトリウムを排出

塩分を控え、カリウムの摂取を心掛けましょう。カリウムは塩分に含まれる余分なナトリウムを体外に排出する機能を持ちます。つまり、高くなった塩分濃度を薄めるために、水分を多く取り込もうと体が働く前に、その原因であるナトリウムを体外に排出してくれるのです。果物だけでなく納豆やパセリにも多くのカリウムが含まれています。

睡眠不足はメラトニンで解消

朝スッキリと起きられなかったり、夜中に何度か目が覚めたりする場合は、質のいい睡眠がとれていない可能性があります。質のいい睡眠をとるために必要なのがメラトニンという成分です。人間は脳内でメラトニンという成分を生成しています。このメラトニンは昼と夜で分泌量が変わり、夜に増えたメラトニンは心拍や体温を低下させ、体をリラックスした状態に導いてくれます。

  • 不眠症で悩んでいる
  • 眠れって簡単に言うけど、よく眠れない

という方は下記の記事を参考に、本質的に不眠症を改善してみてはいかがでしょうか?

青汁_睡眠
青汁は不眠症に効果あり!?快適な睡眠を得るために青汁に期待できる効果とは

「疲れているのに眠れない・・・」 「仕事が不規則で生活リズムが乱れやすい」 「何で眠れないのかわからない」 このような方は、睡眠自体への知識不足から、効率的に眠る方法や体質の整え方を知らないため、損を ...

続きを見る

ストレスやホルモンバランスの乱れにはリラックス効果が必要

ホルモンバランスを整えるには情緒を安定させてくれるビタミンB群を摂取し、リラックス効果をもたらしてくれるメラトニンをとり、ストレスのないリラックスした状態で過ごす事や、食事に気を付けることが大切です。またビタミンB群は疲労回復に必要な糖質をエネルギーに変える働きもしてくれます。

エネルギーに変えられなければ疲労回復につながらないばかりか、余分な糖質として体に蓄積され、肥満の原因となってしまいます。疲れて甘いものを多くとったときは、このビタミンB群もあわせて取りましょう。精神的にも肉体的にもストレスを溜めないことが、ホルモンバランスを正常に保つ秘訣です。

むくみの原因が内臓機能低下・血管に異常がある場合

動脈硬化や脳梗塞、心筋梗塞などの血管の病気の場合は、まず血液の状態を改善する必要があります。

血液は赤血球や白血球、血小板などの成分がバランスよく保たれていることでサラサラと流れるのですが、このバランスが崩れるとドロドロとした状態の悪い血液になってしまいます。これは血液中のコレストロールや中性脂肪などの脂質が増えすぎるために起こります。これらは赤血球の柔軟性を奪い、血管内をスムーズに流れるのを妨げます。これが高脂血症であり、動脈硬化を促進させる危険要因です。

また、糖尿患者さんの場合は、血液中のブドウ糖が増えすぎることで、赤血球の柔軟性が失われ、糖によるベタベタで赤血球同士やタンパク質と糖がくっつき、血管が詰まりやすくなります。

内臓機能低下によるむくみの場合は、重症化すると大変なことになりますので、医師指導のもと、薬や治療を行うとともに、生活習慣の見直しが必要です。

抗酸化作用を高め、血管を活性酸素から守る

さらに血管を傷つける要因として活性酸素があげられます。この活性酸素は体内に取り入れた酸素をエネルギー変換する際に作り出されるもので、酸化力が強いため血管や細胞を傷つけてしまうのです。この活性酸素の働きを抑えるための抗酸化酵素も体内で作られますが、加齢とともに減少していきます。そのため活性酸素を増やさないよう、抗酸化作用のあるアスタキサンチンなどを摂取する必要があります。

また、このような状態を防ぎ血液をサラサラとした状態に保つため、血液の凝固を抑える成分の生成を促進する働きを持つビタミンCを摂取するのが有効的です。

タウリン(アミノ酸)の摂取

心臓においては、余分なコレステロールを排出する働きのある胆汁酸の分泌を促進するタウリン(アミノ酸)を作ることができないため、タウリンを補う必要もあります。

膵臓では、血液中のブドウ糖を減少させる働きを持つインスリン(ホルモン)が生成されるのですが、糖尿病の患者さんはこの働きが困難です。このインスリンの分泌を促進するタウリンを摂取することで、血糖値をさげ、血液や血管の状態を改善できるため、糖尿病にも効果的です。

オルニチンを摂取して肝臓・腎臓の働きを助ける

肝臓は体内に取り入れたものを各臓器で使用するエネルギーに変え、アンモニア(不要なもの)を解毒する働きを持ちます。アンモニアは各臓器へ運ぶためのエネルギーの効率的な産生を妨げます。そのため、アンモニアの解毒を助ける成分としてオルニチン(遊離アミノ酸の一種)を摂取することで肝臓の働きを助け、効率の良いエネルギー転換がおこなわれます。また肝機能改善にはタウリン、アラニン、ビタミンBなども必要です。

腎臓には老廃物や塩分のような不要なものを尿として体外に排出したり、ビタミンDを生成し、活性化させる働きがあります。ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける働きがあるのですが、腎機能が低下するとビタミンDの作用が減り、カルシウムの吸収が低下してしまいます。腎機能改善にはビタミンDや、肝臓だけでなく腎臓のろ過機能も助けてくれるオルニチンが必要です。

むくみ解消には様々な栄養を効率よく吸収するのが効果的

むくみの原因やそれにともなう内臓機能の低下など、理由や症状は様々ありました。体内の臓器の働きが低下したり、必要な成分の分泌が滞ることにより、様々な症状が体に現れることがわかりました。体内に取り込む栄養がいかに臓器の働きを助け、それらの機能を正常に保つために大切であるかお分かりいただけたかと思います。

病院でも食事や運動の指導を受けることがあります。重度の腎臓病など、食事制限のある方はどのようなものを摂取し、どのようなものを控えれば良いのか、ご存知の方も多いかもしれませんが、一般の人の場合、様々な成分の効果や摂取量などを考えて、毎日バランスよく食事をとることは困難です。

そこで、必要とされる栄養成分を多く含むだけでなく、それぞれの吸収効率を上げるよう配慮され、成分構成されている青汁の効果に注目してみました。栄養があるからと大量に摂取しても、吸収されなければ意味がありません。必要な栄養分をより多く吸収するためには、それを助けてくれる働きをする栄養素を合わせて摂ることが大切です。例えばビタミンB群の吸収率を高めるために、ビタミンCを同時に摂るといった形です。

このように互いの栄養素が相乗効果を出すよう配合を工夫されている青汁が、本当にむくみの解消を促し、内臓機能を助ける働きがあり、妊婦さんにも安心安全に摂取することができるのか、青汁の成分やその作用を見ていきましょう。

妊婦さんは特に摂取するものには気を付けるべきです。青汁は妊婦さんでも安心して飲める健康食であるばかりか、妊娠中に必要な栄養分を効率よく吸収する手助けをしてくれます。妊娠中の方で青汁を検討されている方は下記の記事をぜひ参考にしてください。

青汁_妊娠
大丈夫!!実は妊娠中の妊婦さんにこそ青汁を飲んでほしい

妊娠中に大切な栄養管理。特に妊婦さんにとって最も大切な栄養素のひとつである葉酸は含まれている食品も限られ、食事のみで摂取するのは大変です。 また、葉酸のほかにも鉄分、カルシウム、食物繊維など、母体の健 ...

続きを見る

青汁に含まれる成分とその作用(むくみ解消効果の理由)

近年はその効果を実感するユーザーが増え、さまざまな種類の青汁が販売されています。それぞれに形状や成分などの違いや特徴がありますが、ここでは、付加価値として入っている栄養素ではなく、どの青汁にも入っている基本的な栄養素を基に効果や作用をみていきます。

主原料として含まれるケールや大麦若葉、あしたばにはβカロチン、ルティン、ビタミン、ミネラル、カリウム、鉄分、カルシウム、食物繊維、メラトニンなどが多く含まれています。また、近年優れた栄養素としてその効果が解明されつつあるスルフォラファンも青汁には含まれているのでこちらも詳しく見ていきます。

メラトニン

メラトニンはもともと人体の中に存在するホルモンで、朝日を浴び活発に行動する昼間に分泌が減少し、夜になると分泌量が増え、睡眠と深く関わっているといわれています。メラトニンの作用により脈拍や体温、血圧などが低下し、体がリラックスした状態に誘導され、睡眠状態へ入っていくのです。そのためこのメラトニンを補うことは不眠症の改善につながります。

またメラトニンのもたらすリラックス効果によりホルモンバランスの改善効果も期待できるため、更年期の方や妊産婦さん、ストレスを抱える人たちに欠かせない栄養素です。

ビタミンB群

ビタミンB群は「元気の源」といわれるほど、人の身体には欠かせない栄養素で、細胞の再生を助け、免疫力を高めてくれます。また、神経の働きを正常に保ち、情緒を安定させるとともに、代謝を上げる働きがあるため体内の血流が循環し、むくみを予防してくれます。加えて、糖質をエネルギーに変える働きも持つため、血糖値の高い方の血管の状態を改善してくれます。

カルシウム・カリウム

カルシウムとカリウムは余分な塩分を排出する働きがあります。特にカリウムは不足しがちな栄養素で、夏場は頻繁に汗として水分と一緒に排出されます。これにより脱力感や不整脈、イライラなどの神経過敏がおこります。一日の目安摂取量は成人男性で2500mg、成人女性で2000mgと言われています。

野菜や果物などに多く含まれるカリウムですが、これはクエン酸やアミノ酸と一緒に摂取することで吸収力が高まります。吸収が悪く排出されやすい栄養素なので、日ごろから多めに摂るように心がけましょう。

食物繊維

第6の栄養素と言われる食物繊維は便秘の解消だけでなく様々な事が期待される栄養素です。食物繊維を摂ると血糖値の急上昇を防ぐと耳にしますがこれは一体どういう意味なのでしょうか。

糖尿病ように病により血糖値が高く、血糖コントロールをしている人や低糖質ダイエットなどをしている人に食物繊維は有効な働きをもたらしてくれます。血糖値が急激に上昇すると体は栄養分をがんばって体内に取り込もうと働きます。その働きが過剰となり取り込みきれなかった余分な栄養素が血液外に流出することによりむくみや脂肪として体に蓄積されます。そのため食事の際、血糖値が緩やかに上がるようになれば、体は自然と必要に見合った分だけの栄養を吸収しコントロールするのです。

食物繊維と糖質、及び血糖値との関係性については下記で詳しく解説しています。ダイエットをしても痩せられない・どうすればいいかわからない、という方も必見です。

糖質制限ダイエットと青汁の関係性
糖質制限ダイエットと青汁が最高に相性が良い4つの理由

某パーソナルトレーニングジムでのダイエット方法から、一気に広まった糖質制限ダイエットですが、糖質制限ダイエットと青汁ダイエットは最高に相性が良いといっても過言ではありません。 ただ、よくあるように、 ...

続きを見る

スルフォラファン

スルフォラファンとは、キャベツや小松菜などの発芽野菜に多く含まれる成分で、炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維といった6大栄養成分の、次なる成分として注目を集めています。老化の原因となる活性酸素や有害な化学物質を解毒するための酵素を保護する働きを持ちます。この解毒作用と抗酸化作用は、腎機能や肝機能の働きを助け、がんの予防にも効果があることがわかっています。乳がんなどのがんそのものだけでなく、胃がんや胃潰瘍の原因であるヘリコバクター・ピロリ菌の除去も行います。

また、この解毒酵素を活性化するスルフォラファンは、体内で解毒作用行う肝臓の機能を助けてくれるため、肝機能低下によるむくみや疾患に有効的です。ウイルスや病原菌から体を守ってくれる役割を持つ活性酸素ですが、増えすぎると酸化により細胞を傷つけてしまいます。そのため抗酸化作用をもつスルフォラファンなどの摂取が必要となります。

まとめ:青汁はむくみの予防・解消にとって効果的な対処法

今回は、日常よく経験する【むくみ】をテーマに、さまざまな疾患や、その予防や対処法をみてきました。その対象となるのは、忙しい毎日の中で一過性のむくみに悩む方や、遺伝的要因や加齢、生活習慣などから発症するむくみをサインとした様々な疾患を抱える人、またはその予備軍、妊娠によるホルモンバランスの乱れからくる疾患の予防やお腹の赤ちゃんにより栄養を取り入れたいと考える妊婦さんなど、様々でした。

その対処法もいくつかありましたが、性別や年齢を問わず、最終的に皆さんに共通していえることは、「適度な運動とバランスの良い食事」が大切であるということです。毎日の食事は自身の身体を作っているということを再認識し、体の機能へ直接働きかけてくれるさまざまな栄養素をバランスよく含む青汁を、その手助けに利用することをおすすめします。

青汁は運動不足や血流障害によるむくみに悩む方や血管疾患や腎機能低下、肝機能低下に悩む方に足りない栄養素を補給するだけでなく、妊婦さんにも安心してご利用いただける天然素材です。食事のたびにバランスを気にするのではなく、好きなものを食べ、そこに青汁をプラスすることで、食事で不足した栄養を補うのが最も簡単で効果的な方法といえます。

青汁の通信簿が自身を持っておすすめの青汁を紹介しています。むくみの予防・対策に青汁を飲むにしても、やはり徹底した品質管理や安心のユーザーサポートがあり、危険な添加物が入っていないのはもちろん、効果の実績がある青汁を飲むことをおすすめしています。

むくみ対策として摂取したい栄養素を多く含んだ青汁を始め、目的に合った青汁が必ず見つかります。

-美容と青汁
-, , ,

Copyright© 青汁の通信簿 , 2017 All Rights Reserved.